弥生美術館の過去イベントのリスト

以下は弥生美術館で行われた過去のイベントのリストです。 現在のイベント、もうすぐ始まるイベントに関しては、 このスペースのページに掲載しております。

  • poster for 「命短し恋せよ乙女 - マツオヒロミ×大正恋愛事件簿 - 」展

    「命短し恋せよ乙女 - マツオヒロミ×大正恋愛事件簿 - 」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ 版画
    • 2017年07月01日 〜 2017年09月24日

    大正時代は、世の中を賑わせた恋愛事件が頻発しました。カリスマ女優・松井須磨子の後追い自殺、世界的な物理学者・石原純を誘惑、失墜させたと非難された原阿佐緒……。衝撃的な恋のいきさつを写真と新聞記事から紹…詳細 »

  • poster for 「生誕100年 長沢節 展 - デッサンの名手、セツ・モードセミナーのカリスマ校長 -」

    「生誕100年 長沢節 展 - デッサンの名手、セツ・モードセミナーのカリスマ校長 -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ ドローイング ・ ファッション ・ トーク
    • 2017年04月01日 〜 2017年06月25日

    独特の美意識で流麗なイラストを描き、日本のファッション・イラストレーション界をけん引した長沢節(1917-1999)。固定観念にとらわれないユニークな「セツ美学」は、ものの考え方、暮らし方全般にもおよ…詳細 »

  • poster for 「超絶入魂!時代劇画の神 平田弘史に刮目せよ!」展

    「超絶入魂!時代劇画の神 平田弘史に刮目せよ!」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • 2017年01月03日 〜 2017年03月26日

    武家社会の底辺で蠢く、虐げられた人間の悲哀と魂のあえぎ、武士道精神を貫いた孤高の男たちの凄絶な生き様……。徹底した時代考証を重ね、自身の体験を血肉化した劇画家・平田弘史(ひらたひろし)(1937~)は…詳細 »

  • poster for 「山岸凉子 『光 -てらす-』 - メタモルフォーゼの世界 -」

    「山岸凉子 『光 -てらす-』 - メタモルフォーゼの世界 -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア イラスト ・ マンガ
    • 2016年09月30日 〜 2016年12月25日

    1969年にデビューした漫画家・山岸凉子は「アラベスク」や「日出処の天子」などの大ヒット作を生み出し、巧みな心理描写と画面構成で読者を魅了し続けています。2007年に「テレプシコーラ -舞姫-」が手塚…詳細 »

  • poster for 「オサムグッズの原田治展 Osamu Goods(R) 40th Anniversary !」

    「オサムグッズの原田治展 Osamu Goods(R) 40th Anniversary !」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ トーク
    • 2016年07月01日 〜 2016年09月25日

    2016年はオサムグッズ誕生40周年にあたります。この節目の年に、弥生美術館では7月1日~9月25日「オサムグッズの原田治展」を開催いたします。イラストレーター原田治が創り出したオサムグッズは、198…詳細 »

  • poster for 「耽美・華麗・悪魔主義 谷崎潤一郎文学の着物を見る - アンティーク着物と挿絵の饗宴 -」展

    「耽美・華麗・悪魔主義 谷崎潤一郎文学の着物を見る - アンティーク着物と挿絵の饗宴 -」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア グラフィックデザイン ・ ファッション ・ プロダクト
    • 2016年03月31日 〜 2016年06月26日

    谷崎潤一郎(1886~1965)作の「細雪(ささめゆき)」はアンティーク着物を愛する女性の間ではバイブルのように読まれる作品です。映画や舞台に登場する女優たちの華やかな着物姿に惹かれる人が多いようです…詳細 »

  • poster for わが青春の「同棲時代」 上村一夫×美女解体新書 展

    わが青春の「同棲時代」 上村一夫×美女解体新書 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア イラスト ・ 絵画 ・ トーク
    • 2016年01月03日 〜 2016年03月27日

    1970年代初頭、漫画「同棲時代」によってセンセーションを巻き起こした漫画家・上村一夫。背筋が凍るように美しい女性の哀しい業や情念、静かな狂気、底知れぬ心の闇を描き、45歳で急逝しました。月に400枚…詳細 »

  • poster for 「陸奥A子×少女ふろく - DOKIDOKI『りぼん』おとめチックワールド! - 」展

    「陸奥A子×少女ふろく - DOKIDOKI『りぼん』おとめチックワールド! - 」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア イラスト ・ トーク
    • 2015年10月01日 〜 2015年12月25日

    1970年代半ばから80年代にかけて、少女漫画雑誌『りぼん』で活躍した漫画家・陸奥A子(むつ えいこ)は、恋や友情に悩む読者と等身大の少女像を描いて人気を博しました。陸奥の作風は「おとめチック」マンガ…詳細 »

  • poster for 森本美由紀 展

    森本美由紀 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ ドローイング ・ ファッション
    • 2015年07月03日 〜 2015年09月23日

    森本美由紀(1959-2013)は、ファッション・センスと高いデッサン力を備え、スタイリッシュなイラストレーションを描き、90年代には“渋谷系”ブームのアイコンになりました。本展覧会ではアトリエに残さ…詳細 »

  • poster for 橘小夢「日本の妖美」

    橘小夢「日本の妖美」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画 ・ 版画 ・ トーク
    • 2015年04月03日 〜 2015年06月28日

    橘小夢の作品のうち、初期の肉筆画は、あまり公開されたことがありません。なぜなら大正12年、31歳の時に小夢は関東大震災に遭遇し、作品の多くを焼失したからです。しかし、郷里の秋田県で数点確認され、ご紹介…詳細 »

  • poster for 小田富弥 「怪剣士・丹下左膳あらわる!」

    小田富弥 「怪剣士・丹下左膳あらわる!」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ ドローイング
    • 2015年01月03日 〜 2015年03月29日

    大正末から昭和初期にかけ大衆文学の開花とともに、時代小説の挿絵に新境地を拓いた小田富弥(1895~1990)。林不忘「新版大岡政談」では、隻眼隻手のニヒルなヒーロー・丹下左膳を描き出し、また、時代小説…詳細 »

  • poster for 髙荷義之 「タカニ・アートワークス - 鋼(はがね)の超絶技巧画報 - 」

    髙荷義之 「タカニ・アートワークス - 鋼(はがね)の超絶技巧画報 - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア イラスト
    • 2014年10月03日 〜 2014年12月25日

    プラモデル・ボックスアートの第一人者であり、「戦車画」の最高峰として国内外に高く評価されている絵師・髙荷義之(1935~)。彼の類まれな才能は、雑誌の表紙・挿絵だけにとどまらず、プラモデルのボックスア…詳細 »

  • poster for 「村岡花子と『赤毛のアン』の世界展 - 本を道しるべに、少女たちのために - 」

    「村岡花子と『赤毛のアン』の世界展 - 本を道しるべに、少女たちのために - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ 絵画
    • 2014年07月04日 〜 2014年09月28日

    『赤毛のアン』の翻訳者として広く知られる村岡花子(1893-1968)。花子をモデルとしたNHK連続テレビ小説『花子とアン』放送により、その波乱万丈の生涯に注目が集まっています。村岡花子はミッション系…詳細 »

  • poster for 「さし絵のお宝大公開!展 - 弥生美術館 開館30周年記念 -」

    「さし絵のお宝大公開!展 - 弥生美術館 開館30周年記念 -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト
    • 2014年04月04日 〜 2014年06月29日

    明治・大正から昭和初期の挿絵、出版美術を中心に展覧会を開催してきた弥生美術館は、今年開館30年を迎えます。創設者・鹿野琢見は挿絵を日本文化のひとつとして捉え、その素晴らしさを伝えるために、長年にわたり…詳細 »

  • poster for 「生誕110年 降臨!神業絵師 伊藤彦造という男 - ペン一本で極めた挿絵道 - 」

    「生誕110年 降臨!神業絵師 伊藤彦造という男 - ペン一本で極めた挿絵道 - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ ドローイング
    • 2014年01月03日 〜 2014年03月30日

    「少年倶楽部」などの少年雑誌で、時代ものの挿絵画家として活躍した伊藤彦造。自らが剣豪・伊藤一刀斎の末裔でもある伊藤は、すぐれた作品とともに、真剣で剣の修業をし自らの鮮血で絵を描いたなど、エキセントリッ…詳細 »

  • poster for 「ニッポンの少女まんがの元祖だヨ!松本かつぢ 展」

    「ニッポンの少女まんがの元祖だヨ!松本かつぢ 展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト
    • 2013年10月03日 〜 2013年12月24日

    抒情画家、童画家、グッズ・デザイナーとして昭和の可愛い!をつくった松本かつぢ。昭和初期の少女雑誌界において、中原淳一と人気を二分した売れっ子画家ですが、同時にまんが家としても業績を残しています。最近の…詳細 »

  • poster for 「三島由紀夫の最後の装幀画家 村上芳正展 - 「家畜人ヤプー」原画を中心に・・・・幻想耽美の世界 -」

    「三島由紀夫の最後の装幀画家 村上芳正展 - 「家畜人ヤプー」原画を中心に・・・・幻想耽美の世界 -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ ドローイング ・ 写真 ・ トーク
    • 2013年07月05日 〜 2013年09月29日

    三島由紀夫「豊饒の海」、沼正三「家畜人ヤプー」、澁澤龍彦/編「暗黒のメルヘン」、連城三紀彦「戻り川心中」、多田智満子「四面道」、ジャン・ジュネ全集。 これらは、画家・村上芳正(1922~)が装幀・装画…詳細 »

  • poster for  「魔性の女 -大正~昭和初期の文学に登場した妖艶な悪女たち-」展

    「魔性の女 -大正~昭和初期の文学に登場した妖艶な悪女たち-」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア イラスト
    • 2013年04月04日 〜 2013年06月30日

    明治末から、大正、昭和初期にかけて日本の文学に登場した「魔性(ましょう)の女」を、当時のイラストレーションによって紹介します。泉鏡花「高野聖」の女、谷崎潤一郎「痴人の愛」のナオミ、江戸川乱歩「黒蜥蜴」…詳細 »

  • poster for 濱野彰親 「 - モノクロームへの眼差し - 人間の本性を暴く」

    濱野彰親 「 - モノクロームへの眼差し - 人間の本性を暴く」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ ドローイング
    • 2013年01月08日 〜 2013年03月31日

    昭和21年(1946)にデビューした濱野彰親(はまの あきちか 1926-)は、新進気鋭の挿絵画家として、戦後の挿絵黄金時代を駆け抜けました。昭和23年に創設された「日本出版美術家連盟」に最年少で参加…詳細 »

  • poster for 田村セツコ 「HAPPYをつむぐイラストレーター」

    田村セツコ 「HAPPYをつむぐイラストレーター」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ プロダクト
    • 2012年10月05日 〜 2012年12月24日

    1950年代後半にデビューし、女性イラストレーターの草分け的存在である田村セツコ。おしゃれでおちゃめ、おてんばなのに品の良いセツコのイラストは、時代時代の女性を魅了し続けています。半世紀に及ぶセツコの…詳細 »

  • poster for 「奇っ怪紳士!怪獣博士!大伴昌司の大図解 -一枚の絵は一万字にまさる-」展

    「奇っ怪紳士!怪獣博士!大伴昌司の大図解 -一枚の絵は一万字にまさる-」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア イラスト ・ 絵画 ・ ドローイング
    • 2012年07月06日 〜 2012年09月30日

     大伴昌司(1936~1973)は、1960年代後半から70年代前半にかけて、少年雑誌の巻頭グラビアや図解記事の企画・構成・レイアウトを手がけたほか、ミステリ雑誌・SF雑誌のライター、テレビ脚本、映画…詳細 »

  • poster for 「大正から始まった日本のkawaii(カワイイ)」展

    「大正から始まった日本のkawaii(カワイイ)」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア ドローイング ・ プロダクト
    • 2012年04月05日 〜 2012年07月01日

    ファンシー・グッズの元祖は、大正ロマンの画家・竹久夢二の店から登場しました。大正3年、夢二が東京日本橋に開店した「港屋絵草紙店」では、アール・ヌーヴォー調の草花図案をほどこした千代紙や半襟などが販売さ…詳細 »

  • poster for 「伝説の劇画師 植木金矢展」

    「伝説の劇画師 植木金矢展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア イラスト ・ 絵画 ・ トーク
    • 2012年01月03日 〜 2012年04月01日

    昭和28年12月号の『痛快ブック』に初登場以来大ヒット連載したチャンバラ時代活劇「風雲鞍馬秘帖」は、新鮮な驚きをもって少年読者を夢中にさせました。  その作者こそ、当時絶大な人気を誇った劇画師・植木金…詳細 »

  • poster for 中原淳一 展

    中原淳一 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト
    • 2011年09月30日 〜 2011年12月25日

    昭和22年、まだ敗戦の爪痕の残る日本に一冊の少女雑誌が誕生しました。その名は『ひまわり』。「よき女性の人生は、よき少女時代を送った人に与えられる」との信念から、画家中原淳一が自ら刊行した雑誌です。物資…詳細 »

  • poster for 「永遠の華宵展 - 麗し乙女のロマンチック・イラストレーション」展

    「永遠の華宵展 - 麗し乙女のロマンチック・イラストレーション」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト
    • 2011年07月02日 〜 2011年09月25日

    高畠華宵(1888-1966)は、大正末より昭和初期にかけて一世を風靡した挿絵画家です。 『少女画報』『少女の友』『婦人世界』といった少女雑誌・婦人雑誌の表紙・口絵・挿絵や、便箋表紙を舞台に、「抒情画…詳細 »

  • poster for 藤田ミラノ 「ヨーロッパに花開いた日本の抒情」

    藤田ミラノ 「ヨーロッパに花開いた日本の抒情」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア イラスト ・ トーク
    • 2011年04月01日 〜 2011年06月26日

    藤田ミラノは、1950~60年代の『女学生の友』『ジュニア文芸』『コバルト・ブックス』の表紙・口絵に抒情画を描いて人気を博しました。「ミラノの少女には、独特の香気があった」とファンが語るように、彼女が…詳細 »

  • poster for 「百花繚乱!挿絵の黄金時代」展

    「百花繚乱!挿絵の黄金時代」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア イラスト ・ 版画
    • 2011年01月04日 〜 2011年03月27日

    人気を集めた大衆娯楽雑誌、少年雑誌の絵物語、夢と憧れの少女雑誌やふろく、週刊誌ブーム……敗戦後の昭和20年代から30年代、新聞・雑誌の種類や部数は急激に増加し、多くの小説家や挿絵画家が活躍する舞台とな…詳細 »

  • poster for 水森亜土 「どうしてずっとアドちゃんが好きなの?」

    水森亜土 「どうしてずっとアドちゃんが好きなの?」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア イラスト
    • 2010年10月01日 〜 2010年12月26日

    本展は水森亜土の全貌に迫る初の本格的展覧会です。亜土の元に秘蔵されていた初期の"お宝"グッズ、イラスト原画、油彩画、お気に入りの品々など、多数の作品・資料を一挙公開。またエッセイやインタビュー記事等も…詳細 »

  • poster for 栗本薫/中島梓 展

    栗本薫/中島梓 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ 写真
    • 2010年07月02日 〜 2010年09月26日

    本展は、昨年5月26日にこの世を去った作家・栗本薫/中島梓の初の企画展覧会です。 “栗本薫”の名義でSF・ミステリ・ファンタジー・ホラー・伝奇・時代小説・耽美小説等を発表し、“中島梓”の名義でエ…詳細 »

  • poster for 「谷根千界隈の文学と挿絵 弥生美術館周辺を舞台にしたものがたり」展

    「谷根千界隈の文学と挿絵 弥生美術館周辺を舞台にしたものがたり」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ 版画 ・ トーク
    • 2010年04月02日 〜 2010年06月27日

    東京・文京区にある弥生美術館の周辺には、近代文学の舞台となった街が多くあります。三遊亭円朝の「牡丹燈籠」は根津を舞台に、夏目漱石の「三四郎」は本郷を、同じく漱石の「吾輩は猫である」や江戸川乱歩の「D坂…詳細 »

  • poster for 鰭崎英朋 展

    鰭崎英朋 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト
    • 2010年01月03日 〜 2010年03月28日

    明治13年、東京に生まれた鰭崎英朋は、17歳の時、浮世絵師・月岡芳年門下の右田年英に入門しました。新進の日本画家として活動しつつ、同時に挿絵画家としても活躍した英朋は、後に挿絵に専念、生涯挿絵一筋に生…詳細 »

  • poster for 「少女の友」展

    「少女の友」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • 2009年10月01日 〜 2009年12月23日

    「少女にこそ一流の作品を」をモットーに、古くは竹久夢二、川端龍子、与謝野晶子、昭和に入ってからは川端康成、吉屋信子、西條八十、抒情画家の高畠華宵、松本かつぢ、藤井千秋らが筆をふるい、若き中原淳一が表紙…詳細 »

  • poster for 安野モヨコ 展

    安野モヨコ 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア イラスト
    • 2009年10月01日 〜 2009年12月23日

    本展は、これまで安野モヨコが描いてきた漫画ではなく、ポショワールで描いたレトロモダンなイラストを中心とした展覧会です。 ポショワールとはフランス語で、主に薄い金属版を型抜きし、その孔に合わせて上…詳細 »

  • poster for 「昭和少年SF大図鑑 展 -S20~40'ぼくたちの未来予想図」

    「昭和少年SF大図鑑 展 -S20~40'ぼくたちの未来予想図」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア イラスト ・ ドローイング ・ プロダクト
    • 2009年07月03日 〜 2009年09月27日

    戦後の復興期から高度経済成長期にかけて、沢山の少年少女雑誌が発行されました。その中で子どもたちを魅了したのが、近未来を予見したような未来予想図です。 誰もが自由に宇宙に行ける未来、自在に空を飛ぶ…詳細 »

  • poster for 「メルヘンの王様 やなせたかし」展

    「メルヘンの王様 やなせたかし」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ 絵画
    • 2009年04月03日 〜 2009年06月28日

    「アンパンマン」の漫画家・やなせたかしは、同時に作詞家・詩人・作家・画家・編集者でもあります。作詞では「手のひらを太陽に」、編集者としては『詩とメルヘン』の責任編集の仕事がよく知られています。また、自…詳細 »

  • poster for 小林秀恒 展

    小林秀恒 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア イラスト ・ 絵画 ・ ドローイング ・ 写真 ・ トーク
    • 2009年01月03日 〜 2009年03月29日

    彗星の如く現われて、挿絵界に旋風を巻き起こした新進気鋭の挿絵画家-それが小林秀恒(1908~42)です。 昭和9年、菊池寛の新聞小説「貞操問答」の挿絵で一躍注目を浴びた秀恒は、明るくフレッシュな…詳細 »

  • poster for 樺島勝一 展

    樺島勝一 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ ドローイング ・ トーク
    • 2008年10月02日 〜 2008年12月23日

    1920~30年代を中心に活躍した挿絵画家、樺島勝一(1888~1965)は、当時人気のあった少年雑誌『少年倶楽部』に迫力のある挿絵を描き、少年たちを熱狂させました。その卓越した描写力は「写真よりリア…詳細 »

  • 「乙女のイコン」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア イラスト ・ 絵画 ・ トーク
    • 2008年07月04日 〜 2008年09月28日

    当館は、高畠華宵や蕗谷虹児、加藤まさを、中原淳一などが描く、抒情画と呼ばれる少女画を多数所蔵しております。大正〜昭和期の少女雑誌の表紙・口絵・挿絵などに描かれたその少女画は、当時の乙女達を魅了し、イコ…詳細 »

  • poster for 山川惣治展

    山川惣治展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア イラスト ・ 絵画
    • 2008年04月03日 〜 2008年06月29日

    「少年王者」や「少年ケニヤ」で知られる山川惣治は昭和20~30年代を中心に活躍した絵物語作家です。密林の中で孤児となった日本の少年が、仲間に助けられ、共に闘いながら強くたくましく成長し、ついには王者と…詳細 »

  • poster for 高畠華宵 展

    高畠華宵 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 版画
    • 2008年01月03日 〜 2008年03月30日

    2008年、高畠華宵は生誕120年を迎えます。大正末から昭和初期にかけて一世を風靡した挿絵画家・高畠華宵-。華宵は、新聞や雑誌の表紙・口絵・挿絵、そして便箋表紙絵を舞台に活躍、作品はもちろんのこと彼の…詳細 »

  • poster for 「『少年倶楽部』から『りぼん』までふろくのミリョク」展

    「『少年倶楽部』から『りぼん』までふろくのミリョク」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア プロダクト
    • 2007年10月04日 〜 2007年12月24日

    子供の頃、宝物のようだった「ふろく」。次号の予告を見ては一喜一憂し、おめあての「ふろく」を手にした時には、何とも言えない嬉しさが込み上げる。愛しい「ふろく」と過ごした日々は、きっと皆さんの思い出の宝箱…詳細 »

  • poster for 武部本一郎 「永遠のヒーロー・ヒロインの世界 ~紙芝居からSFアートまで~」

    武部本一郎 「永遠のヒーロー・ヒロインの世界 ~紙芝居からSFアートまで~」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ トーク ・ パフォーマンス
    • 2007年07月07日 〜 2007年09月30日

    1960~70年代、SFアート界に彗星のごとく現れ、エキゾチックで繊細な抒情性をもったヒロインを描き、熱狂的な支持を得た画家の、没後初の回顧展です。1950年代より児童書の表紙・挿絵を手がけて高い評価…詳細 »

  • poster for 蕗谷虹児 「理知と官能の女性美: 1920年代パリの香りと日本の抒情」

    蕗谷虹児 「理知と官能の女性美: 1920年代パリの香りと日本の抒情」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ 絵画 ・ トーク
    • 2007年04月05日 〜 2007年07月01日

    大正ロマンの旗手としてデビュー、昭和に入って一世を風靡した挿絵画家・蕗谷虹児(ふきやこうじ)(1898~1979)は、童謡「花嫁人形」の詩人(25歳の作)でもありました。日本画を修行した後、エコール・…詳細 »

  • poster for 志村立美 「'丹下左膳'から艶麗なる立美美人まで - 女性美を追い求めた55年」

    志村立美 「'丹下左膳'から艶麗なる立美美人まで - 女性美を追い求めた55年」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア イラスト ・ 絵画
    • 2007年01月03日 〜 2007年04月01日

    本展は、志村立美(しむら たつみ)(1907~1980)の生誕100年を記念して開催する、初めての回顧展です。立美は、日本画家の山川秀峰に師事し修行をした後、挿絵画家としてデビュー。そして、林不忘の …詳細 »

  • poster for 「生誕百年記念 竹中英太郎と妖しの挿し絵」展

    「生誕百年記念 竹中英太郎と妖しの挿し絵」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト
    • 2006年09月30日 〜 2006年12月24日

    “あなたの挿し絵は妖気に充ち充ちている。” 竹中英太郎が、出版社へ持ち込んだ挿し絵はそう評されました。幼少時より活動館や芝居小屋の絵看板を師に独学で修得した英太郎の絵は、エロティシズムとグロテスク…詳細 »

  • poster for 伊藤彦造 追悼展

    伊藤彦造 追悼展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア イラスト ・ トーク
    • 2006年07月01日 〜 2006年09月24日

    伊藤彦造は、大正末、若干21歳にして日本の挿絵界にデビューし、その際立った才能で人々を驚かせ、熱狂させました。 意表をつく構図の取りかた、魔的な魅力をたたえた美貌の男女、臨場感あふれる殺陣シーンなど…詳細 »

  • poster for ニッポンのかわいいもの文化の元祖! 没後20年 松本かつぢ 展

    ニッポンのかわいいもの文化の元祖! 没後20年 松本かつぢ 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア イラスト
    • 2006年04月01日 〜 2006年06月27日

    松本かつぢ(1904~1986)は昭和初頭に少女雑誌でデビューした挿絵画家です。エキゾチックで華麗な抒情画で中原淳一と人気を二分した一方で、コミカルな漫画にもいち早く挑戦。対照的な画風を自在に操りユニ…詳細 »

  • poster for こどもパラダイス★1920-30's絵雑誌に見るモダン・キッズらいふ

    こどもパラダイス★1920-30's絵雑誌に見るモダン・キッズらいふ

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア イラスト
    • 2005年10月01日 〜 2005年12月25日

    1920〜30年代、大正デモクラシーの自由な空気の中で、生活のさまざまなシーンで西洋化が進み、子ども達をとりまく環境も生活も劇的に変化しました。その中で、西欧の文化や芸術運動から刺激を受けて、のちに〈…詳細 »

  • poster for 内藤ルネ 初公開コレクション展

    内藤ルネ 初公開コレクション展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア イラスト
    • 2005年07月01日 〜 2005年09月27日

    2002年夏、第一回目の内藤ルネ展では1950〜70年代の少女文化に与えたルネの仕事を中心に紹介しましたが、その後、内藤ルネが戦後の日本の文化に及ぼした力は少女文化の範囲にとどまらず、もっと広範囲で、…詳細 »

  • poster for 大正・昭和 女學生らいふ 展  華宵、淳一の挿絵と吉屋信子の少女小説

    大正・昭和 女學生らいふ 展  華宵、淳一の挿絵と吉屋信子の少女小説

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト
    • 2005年04月02日 〜 2005年06月26日

    いつの時代も乙女は美しいもの、愛らしいものに心ひかれますが、可憐で優美な少女文化が最も花開いたのは、大正~昭和初期の女学生たちの間であるといえましょう。乙女のバイブルとして今なお名高い吉屋信子の「花物…詳細 »

  • poster for 波瀾万丈! 明治・大正の家庭小説展 ~尾崎紅葉門下の四天王・柳川春葉を中心に~

    波瀾万丈! 明治・大正の家庭小説展 ~尾崎紅葉門下の四天王・柳川春葉を中心に~

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ ドローイング
    • 2005年01月04日 〜 2005年03月29日

      明治30年頃から、封建的家庭における女性の悲劇や夫婦・親子の愛憎などをテーマとしたいわゆる「家庭小説」が流行しました。幅広い読者層、特に女性の読者を対象に各新聞に連載され、熱狂的に迎えられました。…詳細 »

  • poster for 南洋一郎と挿し絵画家展

    南洋一郎と挿し絵画家展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ ドローイング
    • 2004年09月30日 〜 2004年12月25日

    南洋一郎(1893~1980)は、大正末から昭和50年代にかけて、少年少女雑誌を中心に活躍した小説家です。彼は、南洋一郎名で冒険小説を、池田宣政名で偉人伝・感動物語を、荻江信正名で学園小説を、と三つの…詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use