銀座ニコンサロン(ニコンプラザ内)の過去イベントのリスト

以下は銀座ニコンサロン(ニコンプラザ内)で行われた過去のイベントのリストです。 現在のイベント、もうすぐ始まるイベントに関しては、 このスペースのページに掲載しております。

  • poster for 兼子裕代 「APPEARANCE - 歌う人」

    兼子裕代 「APPEARANCE - 歌う人」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真 ・ パーティー
    • 2017年08月09日 〜 2017年08月15日

    「APPEARANCE」は2010年に子供が歌うポートレートシリーズとして、サンフランシスコではじまりました。その後、大人を撮影するようになり、正方形から長方形へとフォーマットが変化しました。歌を歌い…詳細 »

  • poster for 越沼玲子 「灯る」

    越沼玲子 「灯る」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2017年08月03日 〜 2017年08月08日
  • poster for 井上美千子 「木隠の聲をひろう」

    井上美千子 「木隠の聲をひろう」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2017年07月26日 〜 2017年08月01日
  • poster for 百々俊二 「日本海」

    百々俊二 「日本海」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2017年05月24日 〜 2017年06月06日

    『楽土紀伊半島』を一部とし、『大阪』を二部、そして三部は、『日本海』を撮ると決めていた。8×10の大型カメラ、モノクロームの表現方法を選択した理由は、三脚を据えて、カメラを真ん中に被写体と相対する。ど…詳細 »

  • poster for 上瀧 由布子 「糸遊(いとゆふ)」

    上瀧 由布子 「糸遊(いとゆふ)」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2017年03月01日 〜 2017年03月14日
  • poster for 阿部祐己 「霧のあと」

    阿部祐己 「霧のあと」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真 ・ トーク
    • 2016年10月26日 〜 2016年11月08日

    幼少の頃から足繁く通った霧ヶ峰は、名前の由来どおり、しばしば濃い霧に包まれる。 草原の中で視界が霧に覆われると境目が消え、どこまでも先へ続いているかのような錯覚を覚えた。 春になると、山には火が放…詳細 »

  • poster for 地現葉子 「White Out II - 出発 - 」

    地現葉子 「White Out II - 出発 - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2016年08月17日 〜 2016年08月30日

    季節が移り変わるころ、渡り鳥はおのおのが旅立ちの時を感じ取り、向かうべき方角へと渡り始める。彼らは何をもとに判断しているのだろうか。自然の中で生きる者たちには、それほど特別なことではないのかもしれない…詳細 »

  • poster for Wonzu Au 「透明な花」

    Wonzu Au 「透明な花」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2016年08月03日 〜 2016年08月16日

    モノクロ79点。詳細 »

  • poster for 小松透「遠い渚 - a distant shore - 」

    小松透「遠い渚 - a distant shore - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2016年07月20日 〜 2016年08月02日

    山育ちの作者にとって海は子どものころの憧れだった。初めて海を見たのはいつだったか? 野蒜に海水浴に連れて行ってもらった時か、遠足で松島に行った時か? 大きくなったら海の近くに住もうと心に思った。今は山…詳細 »

  • poster for 藤岡亜弥 「川はゆく」

    藤岡亜弥 「川はゆく」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2016年06月22日 〜 2016年07月05日

    3年前に作者は広島に引っ越し、日常を通してヒロシマを考えるという作業が始まった。広島を歩くと、いやがおうでもヒロシマの表象に出会う。広島で平和を考えるのは当たり前のことのようでもあるが、日常という厚い…詳細 »

  • poster for 竹田義之 「山を蝕む」

    竹田義之 「山を蝕む」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2016年06月08日 〜 2016年06月21日

    つい最近まで、人びとは神仏や自然を恐れこれらに従順に服従していたが、今では人間が自らの力を信じる時代になった。人間は、自己の欲求を満たすため、資源採掘、治山、道路建設などを行い、生活の利便性のため一方…詳細 »

  • poster for 小林紀晴 「伝来/消滅」

    小林紀晴 「伝来/消滅」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2016年05月25日 〜 2016年06月07日

    本展では、古代からの宗教の伝来を切り口とした、風景や建築を主とした作品を展示する。撮影地はインドやタイ、インドネシア、香港、東ティモールなどである。インドで生まれた仏教は5世紀頃から衰退し、その後イス…詳細 »

  • poster for 小島康敬 「Tokyo」

    小島康敬 「Tokyo」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2016年05月11日 〜 2016年05月24日

    作者が発表している都市三部作の中の一都市、東京。2008年から13年までの6年間、拠点にしていたアメリカ、NYと家族のいる日本を行ったり来たりしながら作者は撮影を続けた。通常2週間ほどで消えてなくなる…詳細 »

  • poster for 鈴木賢武 「観山十字路に末枯れていくこと」

    鈴木賢武 「観山十字路に末枯れていくこと」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2016年02月17日 〜 2016年03月01日
  • poster for 中筋純 「The Street View.  - Chernobyl to Fukushima - 」

    中筋純 「The Street View. - Chernobyl to Fukushima - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2016年02月03日 〜 2016年02月16日

    「二年経て 浪江の町を散歩する Googleストリートビューを駆使して」(三原由起子)これは、福島県浜通り、浪江町出身の女流歌人が詠んだ短歌の一首である。原発事故でふるさとが無機質なバリケードで囲われ…詳細 »

  • poster for 神田開主 「壁」

    神田開主 「壁」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2016年01月20日 〜 2016年02月02日

    心細いまでの人の気配を辿っていった先に現れる白い壁の姿は偉容であり、例えようのないくらい異質である。その壁の上に立ち境界のみをじっと見つめていくと、ダムという場所が出来たことで生まれる特異な光景が立ち…詳細 »

  • poster for 石井陽子 「境界線を越えて」

    石井陽子 「境界線を越えて」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2016年01月05日 〜 2016年01月19日

    鹿は、自然界のあらゆる動物と同じように、腹を満たし、糞をし、子供を産み育てる。しかし、多くの野生動物と異なるのは、奈良や宮島では鹿が人の街に棲んでいることだ。奈良公園の鹿は春日大社の神の使いとみなされ…詳細 »

  • poster for コジマキエ 「私から海のふちまで」

    コジマキエ 「私から海のふちまで」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2015年12月16日 〜 2015年12月29日

    作者にとって写真を撮り、紙に焼き付け、それらを提示することは、自己を肯定する行為である。セルフポートレイトという方法を用いることで、作者はそれをより強固に確信するのだろう。一方、写真の中の像は作者から…詳細 »

  • poster for 菊池東太 「日系アメリカ人強制収容所 WAR RELOCATION CENTER」

    菊池東太 「日系アメリカ人強制収容所 WAR RELOCATION CENTER」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2015年11月18日 〜 2015年12月01日

    本展では、第二次世界大戦開戦時に設けられた日系アメリカ人強制収容所を訪ねて撮影した作品を展示する。詳細 »

  • poster for 佐野 久里子「In Situ」

    佐野 久里子「In Situ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2015年10月21日 〜 2015年11月03日
  • poster for ラッセル・スコット・ピーグラー "From India"

    ラッセル・スコット・ピーグラー "From India"

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2015年01月28日 〜 2015年02月10日

    東京からインドへ逃避する作者。デリー、ムンバイ、コルカタ、バラナシそしてダージリンと旅を続ける。人や様々な思考、言語、宗教であふれかえる土地。もっとも重要なのはこんなにもたやすく道に迷い、再び呼吸をは…詳細 »

  • poster for 守田衣利 「Close your eyes, make a wish.」

    守田衣利 「Close your eyes, make a wish.」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2015年01月14日 〜 2015年01月27日

    自身の娘の誕生を機に、家族を築くために最適な場所を求めて、南カルフォルニアの海辺の街にたどり着く。新しい土地で一度の流産と一度の死産を経験し、作者は写真を撮ることを通して衝撃的な非日常を見つめ、その意…詳細 »

  • poster for 市川恵美 「日日の木(にちにちのき)」

    市川恵美 「日日の木(にちにちのき)」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2015年01月05日 〜 2015年01月13日

    2011年3月、福島第一原発事故から間もなく、初産をひかえた作者の娘が里帰り避難をしてきた。作者は娘とともにある一本のヤナギの木まで散歩するのが日課となった。一つの命が死んでは、またあたらしい命が生ま…詳細 »

  • poster for 松本コウシ 「午前零時のスケッチ」

    松本コウシ 「午前零時のスケッチ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年12月17日 〜 2014年12月29日

    作者は25年の間、ライフワークとして夜を彷徨し、写真を撮ってきました。誰も見たことのない光景、自分の想像力を超えた何かを探し見つけたい、ただそれだけのセンチメントが、夜という摩訶不思議な時空間に作者を…詳細 »

  • poster for 石川竜一 「絶景のポリフォニー」

    石川竜一 「絶景のポリフォニー」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2014年12月03日 〜 2014年12月16日

    沖縄出身の石川は言う。「この島は人間の欲と悲しみに振り回されてきた。だからこそ平和で豊かな南の島を夢見てきたし、そうであろうとしてきた。ただそれは、抑えることのできない欲と、それによって生まれるカオス…詳細 »

  • poster for 小林紀晴 「ring wandering - 悲しき迷走 -」

    小林紀晴 「ring wandering - 悲しき迷走 -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年11月19日 〜 2014年12月02日

    小林が生まれ育った八ヶ岳の裾野は冬の寒さが厳しく、全ての生命が凍てついてしまったかのように死を強く連想させます。夏の間迷走しながら生長した植物、縄文時代からこの地で人々に追われ、迷走してきた動物たち、…詳細 »

  • poster for 中井菜央 「未明」

    中井菜央 「未明」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年11月05日 〜 2014年11月18日

    「生きていても意味のないものに私はなっていく。」中井の祖母が遺した日記帳に書かれていた言葉です。アルツハイマーを患い、記憶を無くしていく祖母との時間の共有、その経験がこの展覧会のきっかけになりました。…詳細 »

  • poster for 野村恵子 展

    野村恵子 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2014年10月22日 〜 2014年11月04日

    2006年に発表した「Bloody Moon」、2009年の「Red Water」、2012年の「Soul Blue」と続いた一連の作品の流れの中で、この2年間に撮りおろした新作を中軸とした、集大成的…詳細 »

  • poster for 石川直樹 「国東半島」

    石川直樹 「国東半島」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2014年09月10日 〜 2014年09月23日
  • poster for 石川博雄 「風景の消息」

    石川博雄 「風景の消息」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年08月27日 〜 2014年09月09日
  • poster for 菊地一郎 「標景 II」

    菊地一郎 「標景 II」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年08月13日 〜 2014年08月26日

    作者はこの20年近く北海道から沖縄までの日本全国を旅してきた。その道中の車窓では被写体探しのアンテナを張り、気になる“モノ”を撮り続けた。改めてその採集したコレクションを見ると、いかに風景の中には周り…詳細 »

  • poster for 沈輝 「棚田の民」

    沈輝 「棚田の民」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年07月30日 〜 2014年08月12日

    加車村は中国貴州省の南端に位置する人口1500人ほどの苗族の集落で、从(従)江県加榜郷の中心である。村を取り巻く標高1000メートル級の山腹は見渡す限り棚田で覆われ、その景色の美しさで近年観光地として…詳細 »

  • poster for 城野智子 「結界」

    城野智子 「結界」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年07月16日 〜 2014年07月29日
  • poster for 神田開主 「地図を歩く」

    神田開主 「地図を歩く」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年07月02日 〜 2014年07月15日

    モノクロ約30展。詳細 »

  • poster for 大西みつぐ 「放水路」 写真展

    大西みつぐ 「放水路」 写真展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年06月18日 〜 2014年07月01日

    荒川放水路は明治44年の測量にはじまり、昭和5年まで長期間を費やし開削した人工の河川である。私は1985年にこの放水路の近隣に暮らした数年間を「河口の町」として綴った。また2012年には賑やかなスカイ…詳細 »

  • poster for 太田昭生 展

    太田昭生 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年06月04日 〜 2014年06月17日

    らい予防法が廃止された1996年(平成8年)、大島を訪問した作者は、その島で隔離され続けた人たちの歴史「生きた証」を撮影した。その後、15年ぶりに島を訪れると人口は100人以下になっていた。撮影した人…詳細 »

  • poster for 石川文洋 「戦争と平和 ・ ベトナムの50年」

    石川文洋 「戦争と平和 ・ ベトナムの50年」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2014年05月21日 〜 2014年06月03日

    1964年8月、ベトナム沖で米駆逐艦が北ベトナム魚雷艇の攻撃を受けたとされる「トンキン湾事件」で米軍は北ベトナムを爆撃した。この年、作者は初めてサイゴン(現ホーチミン市)を訪れた。その後1965年1月…詳細 »

  • 土田ヒロミ 「フクシマ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2014年02月26日 〜 2014年03月11日

    本展は、我々が失った(放棄せざるを得なかった)モノの大きさを福島の四季の移ろう風景を記録することで、あらためて知覚、認識したという試みである。その風景は、日本人の誰もが親しんでいる自然と類似している。…詳細 »

  • poster for 藤岡亜弥 「Life Studies」

    藤岡亜弥 「Life Studies」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年02月12日 〜 2014年02月25日

    作者は文化庁海外派遣留学生として2008年から1年間ニューヨークを拠点に創作活動を始めた。その後さらに3年間ニューヨークに滞在し写真制作に励んだ。その4年間の成果が本展である。対象は虚言癖のあるボーイ…詳細 »

  • poster for PHOTOGRAPHER HAL 「雑然」

    PHOTOGRAPHER HAL 「雑然」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年01月29日 〜 2014年02月11日

    作者は、今までカップルが惹かれ合うパワーを表現するため、彼らを真空パックして、密着させて撮影していたが、さらに愛のパワーを表現する方法はないか試行錯誤していたときに、一生を終えた星が収縮してブラックホ…詳細 »

  • poster for 松野良則 「blinkers」

    松野良則 「blinkers」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年01月15日 〜 2014年01月28日

    山砂は、コンクリートの材料になる。山砂の需要は、首都圏の高層ビルやインフラの整備、東京湾の埋め立てなどで、昭和40年代前半から加速していき、後半には採掘のピークを迎え、開発により、私たちの生活は豊かさ…詳細 »

  • poster for 森田城士 「仮囲い」

    森田城士 「仮囲い」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2014年01月05日 〜 2014年01月14日

    “仮囲い”とは、工事期間中、工事現場の周辺に設ける囲いで、工事現場と外部とを仕切り、交通の遮断、内外の安全、盗難の防止等のために設けられる、高さ2メートル以上の防護板である。ある日突然、金属製のギラギ…詳細 »

  • poster for 吉永友愛 「長崎 - キリシタンの里」

    吉永友愛 「長崎 - キリシタンの里」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年12月18日 〜 2013年12月28日

    展示する写真は、昭和52年(1977)から約15年間、勤務の合間に撮影してきた記録だが、一昔前のキリシタン集落の生活風土から、作者は日本におけるキリスト教の歴史、つまり、迫害と闘ってきた信仰の強さを感…詳細 »

  • poster for 中川隆司 「american suburbia」

    中川隆司 「american suburbia」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年12月04日 〜 2013年12月17日

    2013年4月に1ヶ月をかけ、ロサンゼルスよりシカゴ、シカゴからロサンゼルスまでレンタカーにて撮影の旅を敢行した。一般的なアメリカを象徴する西海岸と東海岸。しかし国土の大半は海に面する事のない土地が占…詳細 »

  • poster for 上本ひとし 「海域」

    上本ひとし 「海域」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2013年11月20日 〜 2013年12月03日

    瀬戸内海、周防市徳山湾沖合にある大津島に、人間魚雷「回天」の基地跡と資料を展示した回天記念館がある。太平洋戦争末期、悪化した戦局を逆転させる願いを込めて発案命名された「回天」は、大型魚雷を人が操縦し、…詳細 »

  • poster for 桑原史成 「不知火海 The Minamata disease Disaster」

    桑原史成 「不知火海 The Minamata disease Disaster」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2013年11月06日 〜 2013年11月19日

    不知火海(八代海)の沿岸に居住する人口は、かつて約40万人といわれてきた。半世紀前から起きたメチル水銀による水俣病事件で、これまでに多くの住民が犠牲になった。現在までの認定患者は約3,000人(うち約…詳細 »

  • poster for 藤田満写 「海に日は照る」

    藤田満写 「海に日は照る」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年10月23日 〜 2013年11月05日

    作者は、“あの地方へ10日間ほど”といった大雑把な計画で、年にいく度か遠出の旅に出る。旅行案内書などを使うが、それは沢山の人が来そうな所を避けるためで、五所平之助の俳句「冬の田のすっかり雨になりにけり…詳細 »

  • poster for Jui 「Catching the Bird」

    Jui 「Catching the Bird」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年10月09日 〜 2013年10月22日

    「像」は想像を超えてやってくる。無修正無加工、ダイレクトに写したツツジの花が、鳥の姿、人の姿、獣の姿に見えてくる不思議な世界。リアルと幻想の境界で、たとえ何かが見えたとしても、それが本当は何であるのか…詳細 »

  • 松浦恵介 「縄文ニュータウン」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年09月25日 〜 2013年10月08日

    家を持ちたいという人々の望みを背景に、里山が造成されてニュータウンが出現する。多摩丘陵の北西部にあたるこの地域一帯は、縄文時代にも「ニュータウン」が形成されていた。このあたりは上古より住まいの夢を吸収…詳細 »

  • poster for 瀬戸正人 「Cesium/Cs-137」

    瀬戸正人 「Cesium/Cs-137」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年09月11日 〜 2013年09月24日

    あの日、35㎏のセシウムが地球上に放出され、そのほとんどが福島県内に降り注いだ。チェルノブイリの半分の量だ。放射性物質としてのセシウムは科学的にわかっている。しかし、本当の正体、自然や人体に対する影響…詳細 »

  • poster for 「ニコンフォトコンテスト 2012-2013 入賞作品展」

    「ニコンフォトコンテスト 2012-2013 入賞作品展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真 ・ 映像・映画
    • 2013年08月28日 〜 2013年09月10日

    34回目を迎える今回は、名前をニコンフォトコンテストと変え、動画部門を新設し、世界中から素晴らしい審査員を招いて、新しいフェーズに入りました。このコンテストが目指しているのは、優れたクリエイティビティ…詳細 »

  • poster for 鷲尾倫夫 「巡歴の道 オキナワ」

    鷲尾倫夫 「巡歴の道 オキナワ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年08月14日 〜 2013年08月27日

    作者は沖縄の写真家、伊志嶺隆氏の回顧展に呼ばれたことをきっかけに沖縄の歴史を書物で触れた。そこで作者は、沖縄を遠方から見ていたのか、あるいは背を向けていたのか、全く沖縄に対し知識がなかった事が解り、今…詳細 »

  • poster for 原芳市 「常世の虫」

    原芳市 「常世の虫」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年07月31日 〜 2013年08月13日

    645年は大化改新の年。その前年に起きた日本史上初の宗教弾圧事件が「常世の虫」である。日本書紀によると、現在の静岡県に大(おお)生(う)部(べの)多(おお)という男がいて、アゲハチョウの幼虫を奉り、拝…詳細 »

  • poster for 下瀬信雄 「つきをゆびさす」

    下瀬信雄 「つきをゆびさす」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2013年07月17日 〜 2013年07月30日

    指(し)月(がつ)は仏教用語で、仏教の教えを指にたとえ、法(教え)を月にたとえていう。月を指し示すのに、その指先しか見ないと月を失う。という故事に由来する。作者の育った萩には指(し)月(づき)公園とい…詳細 »

  • poster for 村上誠 「水迎え - 南島の“死”の光景 -」

    村上誠 「水迎え - 南島の“死”の光景 -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2013年07月03日 〜 2013年07月16日

    ニコライ・ネフスキーは、1926年に初めて宮古島で、この島の“水”の物語と出会う。変若水と死水の伝説である。太陽と月は、何度でも生き返ることのできる変若水と死が運命づけられている死水を、遣いであるアカ…詳細 »

  • poster for 秋田淳之助 「原霊樹 - 奄美のガジュマル -」

    秋田淳之助 「原霊樹 - 奄美のガジュマル -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年06月19日 〜 2013年07月02日

    作者は美術展写真作品の審査のために奄美大島を訪れるようになり、どうしても気にかかっていたガジュマルの風景に出会った。3年後、ブローニーカメラにて撮影を開始したが、どうしても表現し切れない。悩んだ末、8…詳細 »

  • poster for 小島康敬 「Coming back」

    小島康敬 「Coming back」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年06月05日 〜 2013年06月18日

    街の大きさはひとの欲望に比例し、ひとの手によって創られた人工物である都市に自然は一切介入しない。まるでひとの欲望が消えたかのような、人為と自然にある境界線に都市の未来を見る。カラー22点・モノクロ22…詳細 »

  • poster for Amit Mehera + Lim Thian Leong + Sarker Protick + Huynh Van Nam 「アジアの写真家たち 10周年記念特別写真展 - 輝けアジア、羽ばたけアジア -」

    Amit Mehera + Lim Thian Leong + Sarker Protick + Huynh Van Nam 「アジアの写真家たち 10周年記念特別写真展 - 輝けアジア、羽ばたけアジア -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年05月22日 〜 2013年06月04日

    東京写真月間では2004年に「アジアの写真家たち」を創設し、初年度はバングラデシュの写真家たちの写真展を開催し、以後、翌年からウズベキスタン(2005年)、ベトナム(2006年)、インド(2007年)…詳細 »

  • 小川和宣 「ネパリ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2013年05月08日 〜 2013年05月21日

    “ネパリ”とは、「ネパール人」あるいは「ネパールの」という意味のネパール語である。ネパールには高層ビルがなく、高くてもレンガ造りの6階建てである。マクドナルドもないし、スターバックスも、中華街もない。…詳細 »

  • poster for 亀山亮 「Afrika War Journal」

    亀山亮 「Afrika War Journal」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2013年04月24日 〜 2013年05月07日

    日本ではほとんど語られることがないコンゴ民主共和国では、第2次世界大戦後に起きた紛争としては最大の犠牲者(推計500万人以上)を出し続けている。コンゴ東部では金、ダイヤモンドやコンピューターや携帯電話…詳細 »

  • poster for 前迫美紀子 「うたかたの日々」

    前迫美紀子 「うたかたの日々」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2013年04月10日 〜 2013年04月23日

    モノクロ約35点。詳細 »

  • poster for 山口聡一郎 「Front Window」

    山口聡一郎 「Front Window」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年03月27日 〜 2013年04月09日

    作者の生活する地域では、クルマが重要な移動手段である。カメラを片手にハンドルを握り、岡山県東部の作者の生活する近辺と、ときどき出かけるなじみのある場所を撮影した作品。カラー45点。詳細 »

  • poster for 荒川拓大 「識閾」

    荒川拓大 「識閾」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年01月30日 〜 2013年02月12日

    銀塩モノクロ40点を展示。 詳細 »

  • poster for 小林惠 「風景色 - フクシマノート - 」

    小林惠 「風景色 - フクシマノート - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2012年12月19日 〜 2012年12月28日
  • poster for 一之瀬ちひろ 「KITSILANO 」

    一之瀬ちひろ 「KITSILANO 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2012年12月05日 〜 2012年12月18日
  • poster for 比嘉良治 「ちらが - 沖縄の素肌 - 」

    比嘉良治 「ちらが - 沖縄の素肌 - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2012年11月21日 〜 2012年12月04日
  • 鈴木吼五郎 「鉱山、プランテーション、縫製工場」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2012年11月07日 〜 2012年11月20日

    グローバル化の進展に伴い、世界はますます近接し、複雑かつ密接に繋がっている。しかし、現実にはモノの生産、加工から流通、消費に至るサプライチェーンの具体的な現場は、私たちからより遠く、見えにくいものとな…詳細 »

  • poster for 石川武志 「水俣ノート 1971~2012 」

    石川武志 「水俣ノート 1971~2012 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2012年10月24日 〜 2012年11月06日

    作者は、ユージン・スミスのアシスタントとして1971年から3年間「水俣病」に関わった。同時に作者自身も水俣病を自分の問題として撮影するようになった。当初、それらの写真を発表することは考えてはいなかった…詳細 »

  • poster for 時津剛 「DAYS FUKUSHIMA」

    時津剛 「DAYS FUKUSHIMA」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2012年10月10日 〜 2012年10月23日

    線量計を身につけ、被曝量を管理しながら生活する子どもたち。手入れもされず、雑草が伸び放題となった公園。先行きが見えない状況を嘆きながらも、牛の世話を続ける男性。そして、受け入れ先が見つからぬ、生活の痕…詳細 »

  • poster for 芦沢武仁 「マラムレシュ - 家の記憶 -」

    芦沢武仁 「マラムレシュ - 家の記憶 -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2012年09月26日 〜 2012年10月09日

    作者は2006年に初めてルーマニアのマラムレシュ地方を旅した。その時垣間見た村の生活風景に興味が湧き、その後3回にわたってマラムレシュを訪れ、おもに古い家を探してその家と住む人を撮影した。重厚な外観と…詳細 »

  • poster for 渡邉博史 「ARTIFACTS - 日系人強制収容所からの『もの』」

    渡邉博史 「ARTIFACTS - 日系人強制収容所からの『もの』」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真 ・ トーク
    • 2012年09月12日 〜 2012年09月25日

    モノクロ52点を展示予定。 [関連イベント] - フォトセミナー 日時: 9月21日(金) 18:30~20:00 出演: 渡邉博史、三重綾子 (The Japan Times記者) 会…詳細 »

  • poster for アレナ・デヴォラコヴァ + ビクター・フィッシャー 「Water」

    アレナ・デヴォラコヴァ + ビクター・フィッシャー 「Water」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2012年08月29日 〜 2012年09月11日

    私たちは普段、身のまわりの水の存在をかろうじて気にかける程度だが、長期プロジェクト「Mission」において作者たちは、生活における水の現実と、真の重要性を存分に知ることとなる地域と関わった。問題地域…詳細 »

  • poster for 佐野久里子 「moiré - モアレ -」

    佐野久里子 「moiré - モアレ -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2012年08月15日 〜 2012年08月28日

    モノクロ約37点を展示予定。詳細 »

  • poster for 菊地一郎 「標景」

    菊地一郎 「標景」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2012年08月01日 〜 2012年08月14日

    作者はこの十数年間、北海道から沖縄の離島に至るまで、都市、田舎、海岸、山間部を問わず、日本全国を旅してきた。そしてそれらの場所では、周りの風景にあまりにも不具合で、違和感のある人為的な痕跡を見ることが…詳細 »

  • poster for 由良環 「Topophilia Cities - After Sunrise・Before Sunset」

    由良環 「Topophilia Cities - After Sunrise・Before Sunset」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2012年07月18日 〜 2012年07月31日

    作品は、作者が決めた多くの基準(*)をもとに、世界の10の都市で撮影を行ったものである。出来上がった10都市の写真から匂い立つ空気は、そこに立った者にしか感じることのできないその都市の世界観であり、ひ…詳細 »

  • poster for 伊ヶ崎忍 「Inaya Tol」

    伊ヶ崎忍 「Inaya Tol」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2012年07月04日 〜 2012年07月17日

    カトマンズにある王宮裏を流れるビシュヌマティ川沿いには地図にも載らないほど小さなイヤナ通り(IYANA TOL)と言われる場所がある。そこはネパールの原住民族とされているネワール族たちの中でも非差別階…詳細 »

  • poster for 奥山淳志 「彼の生活 country songsより」

    奥山淳志 「彼の生活 country songsより」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2012年06月20日 〜 2012年07月03日
  • poster for 本橋成一 「屠場 - とば -」

    本橋成一 「屠場 - とば -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2012年06月09日 〜 2012年06月19日

    大阪・松原の新旧屠場で働く人々を約30年にわたって記録したモノクロ写真約50点を展示予定。詳細 »

  • poster for ビージェー・ビラフランカ + ジェイク・ベルソーサ + バハグ 「アジアの写真家たち 2012 フィリピン」

    ビージェー・ビラフランカ + ジェイク・ベルソーサ + バハグ 「アジアの写真家たち 2012 フィリピン」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2012年05月23日 〜 2012年06月05日

    今年の写真月間では、フィリピンの12人の写真家による作品を都内4か所のギャラリーで開催する。これらの写真展では、都市開発の裏側で貧困をものともせず前向きに生活する人々の様子や宗教行事への熱狂ぶりなどの…詳細 »

  • poster for 土田ヒロミ 「ニコンサロン特別展 - BERLIN -」

    土田ヒロミ 「ニコンサロン特別展 - BERLIN -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2012年05月09日 〜 2012年05月22日

    本展は、三つの異なる時期に、ベルリンの壁とその周辺の風景を撮影したドキュメントである。時期は、第一期が1983年、第二期1999~2000年、第三期2009年で、それぞれにおける壁およびその周辺の風景…詳細 »

  • poster for 高梨豊 「第31回土門拳賞受賞作品展 - IN’ -」

    高梨豊 「第31回土門拳賞受賞作品展 - IN’ -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2012年04月25日 〜 2012年05月08日
  • poster for 百々新 「対岸」

    百々新 「対岸」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア 写真
    • 2012年04月11日 〜 2012年04月24日
  • poster for MOTOKO 「田園ドリーム」

    MOTOKO 「田園ドリーム」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真 ・ トーク
    • 2012年03月28日 〜 2012年04月10日

    カラー約50点を展示。 - ギャラリートーク 「いまなぜ田園写真か?」 作者と、ライター・タカザワケンジ氏によるギャラリートークを下記の通り写真展会場にて開催いたします。 日時:4月8日(日…詳細 »

  • poster for 吉野正起 「道路2011 -岩手・宮城・福島-」

    吉野正起 「道路2011 -岩手・宮城・福島-」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2012年03月21日 〜 2012年03月27日
  • poster for 新井 卓 「Here and There -明日の島」

    新井 卓 「Here and There -明日の島」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 写真
    • 2012年03月14日 〜 2012年03月20日
  • poster for 笹岡啓子 「Difference 3.11」

    笹岡啓子 「Difference 3.11」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2012年03月07日 〜 2012年03月13日
  • poster for 原 芳市 「光あるうちに」

    原 芳市 「光あるうちに」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2012年02月15日 〜 2012年02月28日
  • poster for 今岡昌子 「トポフィリア -九州力の原像へ-」

    今岡昌子 「トポフィリア -九州力の原像へ-」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真 ・ トーク
    • 2012年02月01日 〜 2012年02月14日

    アジア大陸に接する文明の十字路、古くからさまざまな人や物が往来する九州。現代日本に息づく普遍的な日常の源流に着目し、個々の知と技の集約による地域力をたどるとき、作者が感じたのは人々の心に宿る土地への愛…詳細 »

  • poster for ハワード・ワイツマン 「FACING SHIBUYA」

    ハワード・ワイツマン 「FACING SHIBUYA」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2012年01月18日 〜 2012年01月31日

    この作品は、渋谷に集まる人たちのポートレートコレクションである。ショッピング、ファッション、そして若者文化の中心の街である東京・渋谷には、毎日、沢山の人が集まってきて、渋谷駅を通り過ぎて行く。そして、…詳細 »

  • poster for 樋口徹 「5冊の余熱」

    樋口徹 「5冊の余熱」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2012年01月05日 〜 2012年01月17日

    梶井基次郎の『檸檬』。安部公房の『箱男』。横光利一の『上海』。そして異色の獄中文学、永山則夫の『木橋』。これら小説の舞台となった場所、街を歩き、文中を彷徨い、行間にはフィクションを加えて“写真捩り”を…詳細 »

  • poster for 大沼英樹 「それでも咲いていた 千年桜」

    大沼英樹 「それでも咲いていた 千年桜」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2011年12月21日 〜 2011年12月29日

    この作品は、誓いのもとに生まれた2011年の記憶すべき被災地の桜の記録である。2011年3月11日午後2時46分。国内観測史上最大、マグニチュード9.0の巨大地震が東日本全域を襲った。現在も余震が毎日…詳細 »

  • poster for 久保正彦 「その先に見えるもの」

    久保正彦 「その先に見えるもの」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2011年12月07日 〜 2011年12月20日
  • poster for 稲田智代 「パレード」

    稲田智代 「パレード」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2011年11月23日 〜 2011年12月06日

    作者が『詠人知らず』という言葉を知り、強く惹かれたのは中学の頃だった。その言葉に作者は、茫洋と揺れながら光る野原を見た。あらゆるものが出逢い別れ、なにもとどまることが出来ない場所。それはまるで、いのち…詳細 »

  • poster for 白神政史 「光海」

    白神政史 「光海」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2011年11月09日 〜 2011年11月22日

    数ある写真表現のうち、超秒露光によって時間を凝縮させる行為ほど作者の心を捉えるものはない。静止しているものはただ静かに存在し、動体はその形態を激しく変容させる。鉄の塊は溶けた蝋の如くやわらかく歪み、掴…詳細 »

  • poster for アナトリー・チェルカソフ「自然における私の居場所」

    アナトリー・チェルカソフ「自然における私の居場所」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2011年10月12日 〜 2011年10月25日

    作者が写真を撮り始めたのは1950年代の初めのことで、退職後、趣味の写真に専念しはじめ、理論や技術など、すべてを基礎から学んだ。作者にとって、写真とは交流の手段である。最も大切にしたのは、自然や周囲の…詳細 »

  • poster for 秋山武雄 「昭和三十年代 瞼、閉じれば東京セピア」

    秋山武雄 「昭和三十年代 瞼、閉じれば東京セピア」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2011年09月28日 〜 2011年10月11日

    見よう見まねで写真を撮り始めた16歳(昭和28年)。写真に夢中になり、写真を撮り続けることを条件で家業を継ぐことになった18歳。仕込み前の早朝と月一度の休日を自転車に乗って東京を写し回った青年期。今か…詳細 »

  • poster for 橋口譲二 「Hof ベルリンの記憶」

    橋口譲二 「Hof ベルリンの記憶」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2011年09月14日 〜 2011年09月27日

    本展は、1990年から2010年6月にかけて旧東ベルリンのミッテ地区とプレンツラウアー・ベルグ地区で、大判カメラ(4×5)、中判カメラ(6×6)を使って撮影されたものである。現在この二つの地区は東西ド…詳細 »

  • 「ニコンフォトコンテストインターナショナル 2010-2011入賞作品展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2011年08月31日 〜 2011年09月13日

    ニコン フォトコンテスト インターナショナルは、「世界中の写真愛好家が、プロフェッショナルとアマチュアの枠を越えて交流できる場を提供し、写真文化の発展に貢献すること」を目的に、株式会社ニコン(社長:木…詳細 »

  • poster for 宇井眞紀子 展

    宇井眞紀子 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2011年08月17日 〜 2011年08月30日

    北海道二風谷でアイヌ女性、アシリレラ(日本名、山道康子)さんを中心に、伝統的な茅葺きのチセ(家)で、アイヌ文化を学びながら共同生活を送る人びと。そこだけタイムスリップしたような空間。1992年から約2…詳細 »

  • poster for 江成常夫 「GAMA CAVE 霊魂がやどる聖地」

    江成常夫 「GAMA CAVE 霊魂がやどる聖地」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2011年08月03日 〜 2011年08月16日

    沖縄は島の地質的条件から「ガマ」と呼ばれる自然洞窟が各所に多数点在している。「ガマ」には県民の老若男女、乳児までが戦火を逃れ身を寄せたが、日本軍から追い出され、自決を強いられるなど凄惨を極めた。そして…詳細 »

  • poster for ザビーネ・シュリュンダー 「人の存在を繋ぐもの」

    ザビーネ・シュリュンダー 「人の存在を繋ぐもの」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 写真
    • 2011年07月20日 〜 2011年08月02日

    これらの写真が見せるもの、それは出来事や出会い、それらの事象に対する作者の主観である。この写真は、作者の過去だけではなく、誰か他の人の歴史をも「目に見える」ものにしてくれる。多くの人が生きる、生活をす…詳細 »

  • poster for 秋修一 「基点 1995」

    秋修一 「基点 1995」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2011年07月06日 〜 2011年07月19日

    用途で語られることが多い「写真」だが、作者はいつも「写真とは何だろう、写真でどんなことが出来るのだろう」と考えてきた。写真は被写体がすべての始まりで、被写体にどう向き合うかがすべてのような気がするとい…詳細 »

  • poster for 下瀬信雄 「結界VII」

    下瀬信雄 「結界VII」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2011年06月22日 〜 2011年07月05日

    用途で語られることが多い「写真」だが、作者はいつも「写真とは何だろう、写真でどんなことが出来るのだろう」と考えてきた。写真は被写体がすべての始まりで、被写体にどう向き合うかがすべてのような気がするとい…詳細 »

  • poster for 関岡昭介 「muddy water」

    関岡昭介 「muddy water」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2011年06月08日 〜 2011年06月21日

    小説『泥の河』の舞台となった端建蔵橋(ハタテクラハシ)。ここで二つの川は合流して安治川と名が変わり、天保山で一気に大河となる。この辺りから天保山の彼方を望むと、大橋や鉄橋の重なりが淡いブルーのシルエッ…詳細 »

  • poster for 東京写真月間2011 いきものランド - 生物多様性と共に 「宮崎学 となりのツキノワグマ」

    東京写真月間2011 いきものランド - 生物多様性と共に 「宮崎学 となりのツキノワグマ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2011年05月25日 〜 2011年06月07日

    2010年国内展において「生物多様性」をコンセプトに様々な生物を育んでいる“森”を取り上げて写真展が企画されたが、今回はそれを一歩進め、あらゆる場所で力強く生きている生物に注目した企画展で、本展ではツ…詳細 »

  • poster for 李尚一「光州 望月洞」

    李尚一「光州 望月洞」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2011年05月11日 〜 2011年05月24日

    1980年5月18日、韓国でもリビアのような民主主義の抵抗闘争があった。武力で掌握した全斗煥政権の退陣と民主政府を要求するデモが全国的に起きたのだ。その中でも激しい闘争となった韓国の地方都市光州では、…詳細 »

  • poster for 「第30回土門拳賞受賞作品展 石川直樹 コロナ」展

    「第30回土門拳賞受賞作品展 石川直樹 コロナ」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2011年04月27日 〜 2011年05月10日

    南太平洋のポリネシア・トライアングルと呼ばれる広大な海域に住む同種の言語と共通の文化を有する海洋民を、10年間にわたって追った旅の一区切りとなった作品である。 前作の、極東の島々の連なりの一つと…詳細 »

  • poster for 横澤進一 「煙野」

    横澤進一 「煙野」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア 写真
    • 2011年04月13日 〜 2011年04月26日

    人はそれぞれ自分にしか見えない土地というものを持つのだろうか。作者はカメラの眼を纏った目つきで海まで60㎞を超えたこの地点から、人の暮らしや人の土地の来し方行く末を見通す。写したいものは何処にでもある…詳細 »

  • poster for 澤田勝行 「紀伊国小夜曲」

    澤田勝行 「紀伊国小夜曲」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2011年03月30日 〜 2011年04月12日

    二眼レフカメラにモノクロフィルムを詰め、青春18きっぷを片手に旅を続けて10年が過ぎた。日本各地の様々な街や風景、人々の狭間を風の如く彷徨い歩いてきたが、その中で最も作者の心を惹き付けた場所が紀伊半島…詳細 »

  • poster for 石川武志 「ガンガー巡礼」

    石川武志 「ガンガー巡礼」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2011年03月16日 〜 2011年03月29日

    世界でガンジス河ほど信仰の対象になった河があるだろうか。インドの人たちはガンジス河のことを敬愛を込めて「ガンガーマタジー」と呼ぶ。「母なるガンガー」とか「女神ガンガー」という意味で、まさしく母なる大河…詳細 »

  • poster for 増田彰久 「『現存せず』 消えた西洋館」

    増田彰久 「『現存せず』 消えた西洋館」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2011年03月02日 〜 2011年03月15日

    明治、大正、昭和戦前に建てられた近代建築いわゆる西洋館は、日本近代化の尖兵として日本各地に建てられ、多くの人々に歓迎された。 40数年前、作者が撮り始めたころは日本が高度経済成長期の真っ只中で、…詳細 »

  • poster for 糸井潤 「Cantos Familia」

    糸井潤 「Cantos Familia」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2011年02月16日 〜 2011年03月01日

    作者の糸井 潤氏によるギャラリートークを下記の通り写真展会場にて開催いたします。ぜひご参加下さい。 ・ギャラリートーク 日時:2月26日(土)15:00~16:00 会場:銀座ニコンサロン …詳細 »

  • poster for 濱田トモミ 「混濁」

    濱田トモミ 「混濁」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2011年02月02日 〜 2011年02月15日

    作者が子供のころ、冬は家の中で過ごすことが多かった。窓を通して見る冬は、冷たさや汚さを感じなかった。現実を知るすべもなく、ただ、きれいだと思って美しい物語を綴っていた。大人になったいま、一歩外に踏み出…詳細 »

  • poster for ジョナサン・トーゴヴニク 「ルワンダ ジェノサイドから生まれて」

    ジョナサン・トーゴヴニク 「ルワンダ ジェノサイドから生まれて」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 写真
    • 2011年01月19日 〜 2011年02月01日

    1994年、中央アフリカの小国ルワンダでジェノサイド(大量殺害)が起きた。100日間で80万人以上が隣人によって殺されたこの出来事は、20世紀最大の悲劇のひとつとして知られている。その背景には、ベルギ…詳細 »

  • poster for 羽幹昌弘 「とうもろこしの人間たち グァテマラ1981~2008」

    羽幹昌弘 「とうもろこしの人間たち グァテマラ1981~2008」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2010年12月15日 〜 2010年12月29日

    グァテマラは壮麗な文化の花開いた古代マヤ族の末裔が国民の約半数を占め、今なおマヤの言語を話し、その風習を連綿と守り続けている。そして、マヤ・キチエ族の遺産である神話「ポポル・ヴフ」には、天地万物の創造…詳細 »

  • poster for 「チャイニーズ・ウェスタン」展

    「チャイニーズ・ウェスタン」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2010年12月08日 〜 2010年12月14日

    中国の西、ユーラシア大陸の中央に広がる青蔵高原の平均標高は4000メートルを超え、酸素濃度は平地の約60%である。頭はズキンズキンと脈打つように痛み、ときどき吐き気やめまいが襲ってくる。しかし、そこに…詳細 »

  • poster for 百々俊二 「大阪」

    百々俊二 「大阪」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2010年11月24日 〜 2010年12月07日

    作者は、そろそろ自分が半世紀を生きた大阪をちゃんと撮らなければと思いながらも、方法が見つからずにいた。そこで、ここまでデジタル化が進んでしまったからには、長年こだわり楽しんできたモノクロプリントで、8…詳細 »

  • poster for 照井四郎「紀州人」

    照井四郎「紀州人」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2010年09月29日 〜 2010年10月12日

    紀州・紀の国は歴史に彩られたいにしえのロマンが息づく山と海の国である。2004年7月、「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録され、にわかに脚光を浴びるようになった。 雪国育ちの作者が、冷たい…詳細 »

  • poster for 吉野正起 「道路」

    吉野正起 「道路」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2010年09月15日 〜 2010年09月28日

    道路はすごい。話はそこにつきる。たとえば津軽の北端の、吹雪も怒濤も真横にすっとんでくる水際に、岩山をぶちぬいた素掘りの隧道が今ものこっている。昔の人の、文字どおり岩をもうがつ根性の産物だ。あるいは、お…詳細 »

  • poster for 大西みつぐ 「標準街景」

    大西みつぐ 「標準街景」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2010年09月01日 〜 2010年09月14日

    「東京小夜曲」(1999年銀座ニコンサロン)、「路上の温度計」(2004年新宿ニコンサロン・大阪ニコンサロン)に続くTOKYOスナップショットのシリーズである。今回の作品は、再びスナップショットの原点…詳細 »

  • poster for 桑原史成 「激動の韓国 〈その四半世紀の記録〉」

    桑原史成 「激動の韓国 〈その四半世紀の記録〉」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2010年08月18日 〜 2010年08月31日

    韓国海軍の哨戒艦「天安」が北朝鮮の魚雷攻撃で撃沈されるという出来事は衝撃的な事件であった。ちょうど60年前に勃発した朝鮮戦争は終結していたのではない。休戦の状態で臨戦態勢は依然として続いている。朝鮮半…詳細 »

  • poster for 青木昭 「家族の時間」

    青木昭 「家族の時間」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2010年08月04日 〜 2010年08月17日

    人は人生の中で何種類かの時間を過ごして行く。 結婚して、作者の新しい家族の時間が始まり、流れ出して行く。その時その時には、幸せともいえるその状態が永く続くように感じられる家族との時間、生活。いつしか…詳細 »

  • poster for 本橋成一 「昭和藝能東西」

    本橋成一 「昭和藝能東西」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2010年07月21日 〜 2010年08月03日

    1972年、作者は雑誌「太陽」の諸國藝能旅鞄で小沢昭一氏といっしょに仕事をする機会を得、その奥の深さを知った。それまで作者は“芸能”という定義をいわゆる古典伝統芸能から大衆芸能までごく一般的な解釈をし…詳細 »

  • poster for 渡邉博史 「ラブ ポイント」

    渡邉博史 「ラブ ポイント」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2010年07月07日 〜 2010年07月20日
  • poster for 上本ひとし 「周防国景」

    上本ひとし 「周防国景」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2010年06月23日 〜 2010年07月06日

    山口県は、古代の行政区分では西側を長州国、東側を周防国に分けられていた。 作者の里である周防国は、車で2時間から3時間で回れる広さで、作者の撮影上の守備範囲といえる。 仕事の合間、カメラを助手席に…詳細 »

  • poster for 石川圭花 「乾いた魚」

    石川圭花 「乾いた魚」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 写真
    • 2010年06月09日 〜 2010年06月22日

    いつもの街や旅先で、出会う光を宝箱に入れる。光は影にかたどられ、昼夜、遠近が曖昧に見える。 干し魚、ビルの壁や染み、コンクリートの水たまり……などのさまざまな風景に、柔らかい毛布のような暖かさを感じ…詳細 »

  • poster for 「アジアの写真家たち2010―タイ―」展

    「アジアの写真家たち2010―タイ―」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真 ・ トーク
    • 2010年05月26日 〜 2010年06月08日

    タイはインドシナ半島と一部マレー半島の北部に位置し、国王を象徴として敬う立憲君主制の王国で、わが国とは王室、皇室の交流を始めとして、経済面、文化面、また観光などで両国の交流が盛んに行われている。国土面…詳細 »

  • poster for 沈昭良 「STAGE」

    沈昭良 「STAGE」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真 ・ トーク
    • 2010年05月12日 〜 2010年05月25日

    “台湾綜芸団”(Taiwanese Cabaret タイワニーズ・キャバレー)とは、いわゆる移動するショー劇団のこと。1970年代から台湾における冠婚葬祭の場で活躍しており、初期においては現在でも使用…詳細 »

  • poster for 鈴木龍一郎 「RyUlysses」

    鈴木龍一郎 「RyUlysses」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2010年04月28日 〜 2010年05月11日

    作者がアイルランドの作家ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』の影を追いながら、ダブリンの街を彷徨いつつ、パノラマ・カメラで<死と生の間(あわい)>を記録した作品である。撮影期間は2004年から2009…詳細 »

  • poster for 安島太佳由 「時代瞑(つむ)り~太平洋戦争激戦の島々」

    安島太佳由 「時代瞑(つむ)り~太平洋戦争激戦の島々」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2010年04月14日 〜 2010年04月27日

    太平洋戦争中、ガダルカナルやニューギニアなどの南太平洋の島々では、日米軍による激戦が繰りひろげられ、数多くの戦死者を出した。しかし、戦死した日本の兵士たちの7割が、戦闘死ではなく餓死や病死といった悲惨…詳細 »

  • poster for 山下忠志 展

    山下忠志 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2010年03月31日 〜 2010年04月13日

    作者の父親が経営していた山下製作所――鉄製品加工工場閉鎖までとその後を記録した作品である。 父親が始めた鉄をアーチ状に曲げる加工工場は、約 35年間続いた。その工場を閉じることになったのを機に、作者…詳細 »

  • poster for 鈴木篤男 「大河風貌(天竜川)」

    鈴木篤男 「大河風貌(天竜川)」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2010年03月17日 〜 2010年03月30日

    静岡県西部を流れる天竜川は諏訪湖を源とし、伊奈谷を下り、愛知、静岡の県境を抜けて遠州灘に至る大河である。 この川の中流域は、上流からも下流からも山奥となる山峡の僻地で、戦後の電力状況によりダムの連な…詳細 »

  • poster for 染谷學 「ニライ」

    染谷學 「ニライ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2010年03月03日 〜 2010年03月16日

    人ひとりのうちにおいても、死は生の果てにだけあるのではなく、また生と対立するのでもなく、生とともにあり、あるいは生が死に包まれてある。そんな分かり切ったことが、琉球列島から南へと続く島々を旅していると…詳細 »

  • poster for 森川潔 「記憶の向こうに」

    森川潔 「記憶の向こうに」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2010年02月17日 〜 2010年03月02日

    記憶とは曖昧なものごとの集積物でこれといって確証のないようなものなのではないだろうか。人は体を動かしながら経験したことは意外と覚えているという。それは痛みや喜び悲しみといった感情の起伏が深く脳の襞に刷…詳細 »

  • poster for 須田 一政「常景」

    須田 一政「常景」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 写真
    • 2010年02月03日 〜 2010年02月16日

    人の脳は見るものを無意識に取捨選択しているという。カメラを持って歩くということは、通常は捨てられているだろう光景を拾い集めようとすることだと作者は思う。 その拾い集めた断片に、幼年の頃を思い起こ…詳細 »

  • オサム・ジェームス・中川 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2010年01月20日 〜 2010年02月02日

    沖縄では、海面まで数十メートルにおよぶ壮大な断崖のことを「バンタ」と言う。 作者は、初めてこれらの断崖の上に立った時からずっと、あの鮮烈な思いを忘れることができない。目の前に広がる果てしない海と…詳細 »

  • 「Juna21 10周年記念展 クロッシング・カオス」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2010年01月05日 〜 2010年01月19日

    Juna 21は銀座ニコンサロン開設30周年を記念し、35歳までの若い写真家を対象に、より自由な発想と可能性を持つ写真作品を公募し、新たな写真の地平を切り開くことを目的として1998年4月に創設された…詳細 »

  • poster for 中村明弘 「時空のスパイラル・熱海」

    中村明弘 「時空のスパイラル・熱海」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年12月16日 〜 2009年12月29日

    古くから湯治場として栄えてきた熱海は、明治に入ると別荘地経営が進み、日本の最上流階級の有楽地、社交場としてさらに栄え、温泉静養地としての「黄金時代」に入る。 大正末期に国鉄熱海線が、さらに昭和に…詳細 »

  • poster for 鈴木龍一郎 「RyUlysses」

    鈴木龍一郎 「RyUlysses」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2009年12月02日 〜 2009年12月15日

    作者がアイルランドの作家ジェイムス・ジョイスの『ユリシーズ』の影を追いながら、ダブリンの街を彷徨いつつ、パノラマ・カメラで<死と生のあわい>を記録した作品である。撮影期間は2004年から2009年4月…詳細 »

  • poster for 管洋志 「風になった子どもたち -AFAN WOODLAND-」

    管洋志 「風になった子どもたち -AFAN WOODLAND-」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真 ・ トーク
    • 2009年11月18日 〜 2009年12月01日

    作者が盲学校に通う子どもたちと、最初に出会ったのは5年前だった。作者は視覚を閉ざされた子どもたちと接するのは初めての経験だったため、どのようなスタンスで、写真を撮ろうかと悩んだ。 しかし、「アフ…詳細 »

  • poster for 普後均 「On the circle」

    普後均 「On the circle」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真 ・ トーク
    • 2009年11月04日 〜 2009年11月17日

    作者の家の近くの空き地に直径4㎞ほどの貯水槽がある。上部はコンクリートで覆われていて、近所の人の話では、この防火用の貯水槽は中に水がなく、今は使われていないという。 作者にとって、貯水槽は円形の…詳細 »

  • poster for 平松佑介 「愉悦の園で」

    平松佑介 「愉悦の園で」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年10月21日 〜 2009年11月03日

    遠くに聞こえる鳥のさえずり、繰り返されるアナウンステープ、温室の中は奇妙な静けさが満ち満ちて、湿度の高い甘い香りは愉悦の園へと誘う。 2000年から2007年、作者は近畿一円――京都、大阪、神戸…詳細 »

  • poster for 下瀬信雄 「風の中の日々IV」

    下瀬信雄 「風の中の日々IV」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2009年10月07日 〜 2009年10月20日

    シリーズ「風の中の日々」は、1989年新宿ニコンサロンにおいて1回目の写真展を開催してから、今回が4回目となる。作者のシリーズものは主にモノクローム作品だが、今回は、77年に初めて開催した写真展「萩」…詳細 »

  • poster for 千田貴子 「沙漠の雨」

    千田貴子 「沙漠の雨」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2009年09月23日 〜 2009年10月06日

    中国の西域、新疆ウイグル自治区。その中央部に日本がすっぽり入ってしまう広大なタクラマカン沙漠が広がっている。 天山山脈から吹き降ろす風につつまれ、日常生活から解放された思いと少しばかりの不安を抱…詳細 »

  • poster for ニコンフォトコンテストインターナショナル2008-2009入賞作品展

    ニコンフォトコンテストインターナショナル2008-2009入賞作品展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年09月09日 〜 2009年09月22日

    ニコン フォトコンテスト インターナショナルは、「世界中の写真愛好家が、プロフェッショナルとアマチュアの枠を越えて交流できる場を提供し、写真文化の発展に貢献すること」を目的に、株式会社ニコン(社長:苅…詳細 »

  • poster for 馮學敏 「四川・パンダの故郷」

    馮學敏 「四川・パンダの故郷」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年09月02日 〜 2009年09月08日

    中国の国宝パンダをはじめ、四川省各地の少数民族によって培われた歴史、自然、民族風情を、作者独特の視点で捉えたもので、出展する作品はすべて未公開の作品である。 取材は、昨年(2008年)5月12日…詳細 »

  • poster for 黄龍起 「筑豊・ケツワリ峠」

    黄龍起 「筑豊・ケツワリ峠」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年08月19日 〜 2009年09月01日

    本展では、不幸にして悲しい歴史が再び繰り返されないためにも、過ぎ去った筑豊の人と事物を、今日の記録として残そうとする作品を展示する。モノクロ約50点。詳細 »

  • poster for 三栖幸生 展

    三栖幸生 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2009年08月05日 〜 2009年08月18日

    作者が身の回りの景色を撮るようになったのは、懐かしい景色がどんどん変わっていくことへの郷愁を残しておかなければとの小さな使命感のせいだった。 撮り始めた頃は、日本全体が生活のリズムを無視したかの…詳細 »

  • poster for 井上雅史 「海沿いに」

    井上雅史 「海沿いに」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年07月22日 〜 2009年08月04日

    作者は、幼少の頃から馴染み深い播磨灘を中心に、自宅から日帰りで行ける範囲――西は赤穂御崎から東は芦屋、西宮、南は淡路島南端あたりまでの海沿いを、愛用の二眼レフを首から下げて歩いてきた。 瀬戸内で…詳細 »

  • poster for 榎本敏雄 展

    榎本敏雄 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2009年07月08日 〜 2009年07月21日

    サーカスは不思議だ。荒涼とした操車場跡地に一夜にして出現した巨大なテントが、ある日突然、かき消すようにいなくなる。昨日までテントの外に響きもれていた不思議な魅力の音楽は、もはや夢の中の妖しい記憶のよう…詳細 »

  • poster for 石田紘一 「山襞の村物語 ―北上1963~73―」

    石田紘一 「山襞の村物語 ―北上1963~73―」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2009年06月24日 〜 2009年07月07日

    作者が、岩手県北上山系の北部に位置する「安家(アッカ)」のことを新聞記事で知ったのは1963年のことで、学生の時であった。当時の日本はオリンピック開催に伴って経済発展期にあり、「日本のチベット」と呼ば…詳細 »

  • poster for 志方源太郎 「大阪人生」

    志方源太郎 「大阪人生」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年06月10日 〜 2009年06月23日

    愛機FEを首に、D80は肩に、そうしてリコーGRを右手に持ち、出会いを求めてフラフラと出かけるのが作者のいつものスタイルである。撮影エリアは道頓堀からアメリカ村、そうして最後に行き着くところは西成の新…詳細 »

  • poster for 東京写真月間2009: 「A New Wave of Responsive Images」

    東京写真月間2009: 「A New Wave of Responsive Images」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真 ・ トーク
    • 2009年05月27日 〜 2009年06月09日

    マレーシアは長い間、イギリスの植民地であった為、東西文化の拠点として、古くから西洋文化の影響を大きく受けてきた。マレーシアの写真界は、写真のデジタル化の特徴を積極的に追求した写真表現が盛んに行われてい…詳細 »

  • poster for 村上修一 「奇祭 ~トカラ列島・悪石島~」

    村上修一 「奇祭 ~トカラ列島・悪石島~」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2009年05月13日 〜 2009年05月26日

    八幡様を奉ずるヤマト文化的な島人と、琉球文化的、または海洋民族的な先住の人々が混在すると言われる悪石島。 旧暦7月7日から16日まで行われる盆行事の最後に現れる「仮面神ボゼ」は精霊を幽界へと戻し…詳細 »

  • poster for 今森光彦 「昆虫 4億年の旅」

    今森光彦 「昆虫 4億年の旅」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年04月29日 〜 2009年05月12日

    「昆虫 四億年の旅」(東京都写真美術館にて写真展開催。同名写真集は新潮社より刊行)は、作者が30年にわたって、世界の熱帯雨林、砂漠から国内の自然まで、世界中の昆虫を求めて精力的に取材活動を続け、既成の…詳細 »

  • poster for 有野永霧 「日本人景  温泉川」

    有野永霧 「日本人景 温泉川」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年04月15日 〜 2009年04月28日

    人類は自然に対して様々な行為を行ってきた。ときには共生を願って、また時には自然を征服するために。しかし、それは自然を利用する歴史であった。日本人も、独特の民族性をもって自然と対処してきている。 …詳細 »

  • poster for 菊池東太 「白亜紀の海 ―海底にあったアメリカ―」

    菊池東太 「白亜紀の海 ―海底にあったアメリカ―」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2009年04月01日 〜 2009年04月14日

    今から1億年前、白亜紀の時代、現在のアメリカ合衆国の3分の1は海底にあった。北極海からメキシコ湾にかけて幅500~1500キロメートルほどの南北にはしる海路があり、北米は東西に分断されていた。現在のア…詳細 »

  • poster for 太田順一 「父の日記」

    太田順一 「父の日記」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2009年03月18日 〜 2009年03月31日

    作者の父親が遺した日記である。 夫人に先立たれてひとり暮らしを余儀なくされた頃からつけ始め、87歳で逝くまでの20年間、毎日欠かさず書いていた。性格そのままに、小さな文字でびっしりと。 何…詳細 »

  • poster for 臼田健二 「Water Way」

    臼田健二 「Water Way」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年03月04日 〜 2009年03月17日

    作者の住んでいる北海道中央部の東川町周辺は稲作が盛んであり、あちこちで農業用の用水路を見ることができる。 これは田んぼに水を引くためのものなので、田植えが始まる5月から刈り取りが始まる9月までの…詳細 »

  • poster for ダニエル・マチャド 「幽閉する男」

    ダニエル・マチャド 「幽閉する男」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年02月18日 〜 2009年03月03日

    地球の裏側には違う時間が流れていたのを知っているだろうか? 二十世紀、第二次世界大戦期を経て困窮したヨーロッパや日本と対照的に、アルゼンチンとともに栄華を極めた国ウルグアイ。南米のスイスと呼ばれ…詳細 »

  • poster for 堀越裕美 「世界の果て」

    堀越裕美 「世界の果て」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年02月04日 〜 2009年02月17日

    これまで作者はヨーロッパやアジアの海岸の風景を撮影してきた。それは、海辺の静謐な情景に世界のはじまりと併せたイメージを持ったからだが、作者は海辺に佇むとき、つねに未知の世界が潜んでいるような錯覚を楽し…詳細 »

  • poster for 植田山月 「"east end" hawaii islands 1995—1996」

    植田山月 「"east end" hawaii islands 1995—1996」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年01月21日 〜 2009年02月03日

    ハワイ。海の彼方、東の果てにある島々。群青色の空と乾いた風、花の香り。訪れた多くの人を魅了する美しい自然と共に、作者の心をつかんだのは、そこに住む人達の多様な個性とエネルギー、そして何か懐かしい既視感…詳細 »

  • poster for 海野和男 「蝶の道」

    海野和男 「蝶の道」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2009年01月05日 〜 2009年01月20日

    バスが未舗装の道にさしかかると、水を飲みに路上におりていた蝶たちが一斉に飛び上がった。作者が10歳の頃長野県で見た光景だ。 風景の中に蝶がいて、おぼろげな背景の中で、蝶だけがやけに鮮明に脳裏に焼…詳細 »

  • poster for エマニュエル・リヴァ 「HIROSHIMA 1958」

    エマニュエル・リヴァ 「HIROSHIMA 1958」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真 ・ トーク
    • 2008年12月10日 〜 2008年12月29日

    戦後映画を代表する監督のひとりアラン・レネの長編作品「ヒロシマ・モナムール」(公開時の邦題は「24時間の情事」)が撮影されて、今年で50周年を迎える。戦後の広島を舞台に、戦争の記憶と異文化の出会いを描…詳細 »

  • poster for 石川直樹 「Mt. FUJI」

    石川直樹 「Mt. FUJI」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア 写真 ・ トーク
    • 2008年11月26日 〜 2008年12月09日

    七大陸の最高峰へ登るためのトレーニングとして登りはじめて以来、富士山に登った回数は20回を超える。冬山の技術を修得する雪上訓練で幾度となく氷の斜面をはいつくばり、夏はトレーニングのために走って登ること…詳細 »

  • poster for ERIC 「中国好運」

    ERIC 「中国好運」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2008年11月12日 〜 2008年11月25日

    写真家である作者にとって、カメラは世界認識のための武器であり、撮影はその実戦使用にあたる。その強力な武器が作者の「食わず嫌い」を支えていた偏見の自意識をものの見事に粉砕した。カメラによって、作者は中国…詳細 »

  • poster for 松本泉 展

    松本泉 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2008年10月29日 〜 2008年11月11日

    作者にとっての「晴れの日」というのは祭りである。しかし、作者は私たちが「日常」生活している環境とあまり差を感じない。それは、本来祭り自体が持っている空気が希薄になって「日常」へと移行しているせいなのか…詳細 »

  • poster for 染谷學 「温泉の町」

    染谷學 「温泉の町」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2008年10月15日 〜 2008年10月28日

    作者は子供の頃、共働きだった母親の勤める小さな会社の慰安旅行に連れて行かれたことがある。そこがどこであったのかは作者の記憶にはないが、夏の終わりの蒸暑さや、はじめて着た浴衣の感触、そして普段とは違った…詳細 »

  • poster for 鷲尾和彦 「極東ホテル」

    鷲尾和彦 「極東ホテル」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 写真
    • 2008年10月01日 〜 2008年10月14日

    "私たちは何処から来て、何処へいくのか。" 東京都台東区、かって山谷と呼ばれた町にある外国人旅行者向け簡易宿。これらのポートレートは全てこの一軒のホテルで撮影した。旅人、低賃金労働者、放浪者など、最…詳細 »

  • poster for 大沼英樹 展

    大沼英樹 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2008年09月17日 〜 2008年09月30日

    1945(昭和20)年4月1日、米軍は約54万8000人の兵員と1500隻もの戦闘艦で、沖縄本島の中部西海岸に上陸した。その沖縄攻略作戦は「アイスバーグ」作戦と呼ばれた。国内で唯一、本土決戦の場として…詳細 »

  • poster for 渡邉博史 「Ideology in Paradise」

    渡邉博史 「Ideology in Paradise」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2008年09月03日 〜 2008年09月16日

    3年前、作者がテレビを見ていると、ある写真が画面に写し出された。それは北朝鮮の拉致問題を取り扱った番組で、そこで拉致被害者である蓮池薫さんの北朝鮮で撮られた海水浴の家族写真が紹介された。番組でその写真…詳細 »

  • poster for 笹岡啓子 展

    笹岡啓子 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2008年08月20日 〜 2008年09月02日

    広島市郊外で生まれ育った作者は、幼い頃から当然のように8月6日を知っていた。日本中、世界中がその日を知っていると思っていた。誰もが歴史の授業で出来事を教わり、毎年、平和教育として被曝体験を読んだり聞い…詳細 »

  • poster for ラッセル・スコット・ピーグラー 「敬愛なる乗客の皆様へ」

    ラッセル・スコット・ピーグラー 「敬愛なる乗客の皆様へ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2008年08月06日 〜 2008年08月19日

    タイトルである「Dear Passengers (敬愛なる乗客の皆様へ)」は北京発ラサ行きの列車の中で何度も聞いた車内放送の冒頭のフレーズ。その冒頭に続き作られすぎた英国訛りの車内英語放送で並べられる…詳細 »

  • poster for 倉茂義隆 「ふるさと栃尾の日々」

    倉茂義隆 「ふるさと栃尾の日々」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2008年07月23日 〜 2008年08月05日
  • poster for 浅田政志 「浅田家」

    浅田政志 「浅田家」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2008年07月09日 〜 2008年07月22日

    作者は、家族総出演のシチュエーションセルフポートレートを制作している。 内容は、例えば父親はヤクザの親分で、母親が姐さん、そして兄と作者は舎弟を、また、新作では消防士一家や海の家の家族経営、一家で競…詳細 »

  • poster for 平カズオ 「ブリュッセル ―欧州の十字路の街で―」

    平カズオ 「ブリュッセル ―欧州の十字路の街で―」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2008年06月25日 〜 2008年07月08日

    1995年から10年間滞在したベルギーの首都ブリュッセルで、作者は人々の暮らしを撮り続けた。 ベルギーは九州くらいの面積を持ち、人口は約1000万人の、フランスとドイツという二大国に囲まれた小国であ…詳細 »

  • poster for 浜昇 「VACANT LAND 1989」

    浜昇 「VACANT LAND 1989」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2008年06月11日 〜 2008年06月24日

    1985年の「プラザ合意」以後急速に膨れあがっていったバブル経済が1989年を頂点に崩壊する。本展はその前後3年にわたって東京の神田・四谷・新宿の「空地」を記録したものである。 狂乱する地価の高騰に…詳細 »

  • poster for 宮本常一 「宮本常一が歩いた日本… 昭和37年~39年」

    宮本常一 「宮本常一が歩いた日本… 昭和37年~39年」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2008年05月28日 〜 2008年06月10日

    作家司馬遼太郎をして「この人ほど日本の国土を知り尽くしている人はいない」と言わしめた民俗学者宮本常一…。 宮本の生涯は文字通り民俗調査のための旅に明け暮れる毎日で、その足跡は日本全国に及んでいる。宮…詳細 »

  • 平敷兼七「山羊の肺:沖縄1968-2005年」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2008年05月14日 〜 2008年05月27日

    山羊は沖縄の生き写しだ。気性はきまじめでおとなしく優しいのだが、最後にはその絶妙な味ゆえに殺され食べられてしまう。タイトルの「山羊の肺」は、沖縄の歴史と文化の象徴のようだ。 本展は、黙々と働いている…詳細 »

  • poster for 土田ヒロミ 「土田ヒロミのニッポン」

    土田ヒロミ 「土田ヒロミのニッポン」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2008年04月30日 〜 2008年05月13日

    受賞対象となった作品は、東京都写真美術館で開催された写真展「土田ヒロミのニッポン」(2007年12月~2008年2月)である。内容は作者の作家活動の軌跡を一堂に紹介するもので、「日本人」「ヒロシマ」「…詳細 »

  • poster for 松本弥寸嗣 「Neutral Scapes」

    松本弥寸嗣 「Neutral Scapes」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2008年04月16日 〜 2008年04月29日

    作者はある特定の場所に感応する。それらの場所は総じて「宙に向けて開かれている」「気が抜けている」「風の通りが善い」「滞留していない」といった明らかに肯定的な雰囲気を感じさせるところである。 具体的に…詳細 »

  • poster for 小栗昌子 「トオヌップ」

    小栗昌子 「トオヌップ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2008年04月02日 〜 2008年04月15日

    東北、遠野郷の懐深く抱かれたかくれ里。ここには、遠い祖先から繰り返し受け継がれてきた「時」を刻み、自然を糧に生あるものと寄り添いながら「今」を生きる人達がいる。彼らは与えられた生をありのままに受け入れ…詳細 »

  • poster for 大坂寛 「樹霊」

    大坂寛 「樹霊」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2008年03月19日 〜 2008年04月01日

    巨樹古木には人の寿命をはるかに越えて生き続けた生命力と精神性がある。古くから人々の神木として信仰の対象であり、起立している姿に心のよりどころを求め、その土地の守り神としての存在を誇示していた。また、多…詳細 »

  • poster for 広瀬美紀 「Requiem 東京大空襲」

    広瀬美紀 「Requiem 東京大空襲」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2008年03月05日 〜 2008年03月18日

    62年前、東京大空襲で亡くなった人が10万人余りいて、その多くが名前もわからず、公園や空地、寺院などに数年間仮埋葬されたことを初めて知った作者は、東京の90ヶ所近くある仮埋葬地を撮影すると何かが見える…詳細 »

  • poster for 蒔田恵理 「視覚の収束」

    蒔田恵理 「視覚の収束」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 写真
    • 2008年02月20日 〜 2008年03月04日
  • poster for 寺田篤正 「『図鑑II』第二東名工事現場」

    寺田篤正 「『図鑑II』第二東名工事現場」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2008年02月06日 〜 2008年02月19日
  • poster for 新正卓 "Aramasa Sakura"

    新正卓 "Aramasa Sakura"

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2008年01月23日 〜 2008年02月05日
  • poster for 伊藤昌世 「幸福論」

    伊藤昌世 「幸福論」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2008年01月04日 〜 2008年01月22日
  • poster for 榎本聖一 「永遠の時 島国サルデーニャ」

    榎本聖一 「永遠の時 島国サルデーニャ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2007年12月12日 〜 2007年12月28日
  • poster for 遠藤知有 「南米コロンビア空の下」

    遠藤知有 「南米コロンビア空の下」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2007年11月28日 〜 2007年12月11日

    2004年、作者は初めてコロンビア第2の都市メデジンの友人を訪ねて、旅をした。外務省の外国渡航案内では、同国は麻薬、殺人、ゲリラ、誘拐が国を揺さぶる内乱状態で危険地帯に指定されていた。しかし入国してみ…詳細 »

  • poster for 管洋志 「奄美 ―シマに生きて―」

    管洋志 「奄美 ―シマに生きて―」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2007年11月14日 〜 2007年11月27日
  • poster for 瀬戸正人 「binran」

    瀬戸正人 「binran」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2007年10月31日 〜 2007年11月13日

    台湾には「ビンロウ」という椰子の実を噛む習慣がある。これは東南アジアや南太平洋の島々でも見受けられる昔ながらの習慣で、噛みタバコのようなものだが、本展はそのビンロウ(台湾では「ビンラン」という)を売る…詳細 »

  • poster for 渡辺眸 「early works - 全共闘の季節 1968-69」

    渡辺眸 「early works - 全共闘の季節 1968-69」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2007年10月17日 〜 2007年10月30日

    1968年は世界が揺れた年であった。ベトナム戦争、キング牧師やロバート・ケネディが暗殺され、パリ革命が起こり、アポロが月に到着した。そして作者が写真を撮りはじめた年でもあった。新宿の街を、作者はカメラ…詳細 »

  • poster for 小林伸一郎 「最終工場」

    小林伸一郎 「最終工場」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2007年10月03日 〜 2007年10月16日
  • poster for 石川直樹 「NEW DIMENSION」

    石川直樹 「NEW DIMENSION」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2007年09月19日 〜 2007年10月02日
  • poster for 鬼海弘雄 「東京夢譚」

    鬼海弘雄 「東京夢譚」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[5]
    • メディア 写真
    • 2007年09月05日 〜 2007年09月18日

    作者は写真に興味をもちはじめてから三十数年間、浅草で出会う市井のひとの肖像、そして、ひとの暮らす場所としての町の風景写真を茫洋と撮りつづけてきている。ポートレイトでは、ひとの一瞬の表情でなく、来し方や…詳細 »

  • poster for 池田宏彦 「ネゲヴにて − at Negev」

    池田宏彦 「ネゲヴにて − at Negev」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2007年08月22日 〜 2007年09月04日

    イスラエルのネゲヴ砂漠で1年程暮らし、そこでできた友人達の協力のおかげで撮影できた作品である。 展示する作品の多くは砂漠での定点観測である。いくつかの場所にカメラ位置を決めて、月夜・星夜・昼間、…詳細 »

  • poster for 有野永霧 「無名のアースワーク アメリカ編」

    有野永霧 「無名のアースワーク アメリカ編」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2007年08月08日 〜 2007年08月21日

    現代美術の中で、地球(アース)を掘り、採集し、検証しながら、自己の思想をアースに刻み込んだ作品(ワーク)を展開した人たちがいる。彼らの作品は「アースワーク」と名付けられている。 日常の風景の中で…詳細 »

  • poster for 志鎌猛 「森の襞」

    志鎌猛 「森の襞」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2007年07月25日 〜 2007年08月07日

    2001年初秋の夕暮れ。作者は山道に迷い、偶然出会った小暗い森で、ふいに写真を撮りたい気持に捉えられた。翌日、カメラを担いで出直し、その場所を探した。こうして作者は、森の写真を撮っているのではなく、森…詳細 »

  • poster for 柏原力 「芒洋 - はてしなき憶憬」

    柏原力 「芒洋 - はてしなき憶憬」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2007年07月11日 〜 2007年07月24日

    いつか、どこかで、何かの拍子に、触れた事のある、遠く昔に出会った、見覚えのある、懐かしい風景。作者は、そんな風景を、好きな旅の中での出会いを、1910年頃に一般に普及した単玉ボックスカメラ数種をブロー…詳細 »

  • poster for 島内治彦 「メキシコ・ソノラ・地上の光景」

    島内治彦 「メキシコ・ソノラ・地上の光景」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2007年06月27日 〜 2007年07月10日

    メキシコのソノラ州はアメリカ合衆国と国境を接するメキシコ北部の州である。作者は7年前、その州都エルモシージョに在住する友人を訪ね、ソノラ州を南北に貫く国道を旅した。そこは日本人が持っているメキシコのイ…詳細 »

  • poster for 上本ひとし 「OIL」

    上本ひとし 「OIL」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2007年06月13日 〜 2007年06月26日

    作者が住んでいる瀬戸内海沿岸の街、周南工業地帯(旧徳山市)はコンビナートの街とも言われ、プラントが建ち並び、関連会社とともに、仕事や生活の糧となっている。原油価格の高騰や、ある意味でピークともいわれる…詳細 »

  • poster for スベンダー・チャタジー 「マニプル」

    スベンダー・チャタジー 「マニプル」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真 ・ トーク
    • 2007年05月30日 〜 2007年06月12日

    東京写真月間2007:アジアの写真家たち - インド Manipur(マニプル)はインド本土から遠く離れたインド北東部の端ある小さな州で、大半が山岳地帯で長い国境線はミャンマーと接している。 …詳細 »

  • poster for 須田一政 「ニホンノ風景」

    須田一政 「ニホンノ風景」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2007年05月16日 〜 2007年05月29日

    戦後、私たちの目標は極めてシンプルなものであった。腹いっぱい飯を食いたい、お洒落をしたい、豊かな暮らしがしたい。誰もがそんな夢の実現にむかって走り続けた。走ることに夢中で自分の足が地面から離れたことに…詳細 »

  • poster for 毎日新聞社 第26回土門 拳賞受賞作品展 「中村征夫 - 海中2万7000時間の旅」

    毎日新聞社 第26回土門 拳賞受賞作品展 「中村征夫 - 海中2万7000時間の旅」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真 ・ 公募展
    • 2007年05月02日 〜 2007年05月15日

    「海中2万7000時間の旅」は、水中写真の第一人者・中村征夫氏の集大成。東京湾のヘドロの中で生きるカニやハゼ、サンゴの産卵から死滅、千差万別の魚の顔面といった代表作に、生命の起源を感じさせるストロマト…詳細 »

  • 児玉房子 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2007年04月18日 〜 2007年05月01日

    作者が1992年に出版した写真集『千年後には・東京』は、バブル経済に沸き立った東京の、若者のさまざまな姿と重なった。その後、気がつくと経済の構造が変化し、企業の都合だともいわれるが、会社も飲食店もどこ…詳細 »

  • poster for ハナブサ・リュウ 「美の王国」

    ハナブサ・リュウ 「美の王国」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2007年04月04日 〜 2007年04月17日

    作者は、美術館という小宇宙のなかで、ギリシャ、イタリア、フランスの人体彫刻や裸体絵画の持つ美の世界を写真で表現することを続けている。それは、肉体の持つ普遍的なエロティシズムを探すことでもあり、芸術表現…詳細 »

  • poster for 宍戸清孝 「21世紀への帰還・第5弾」

    宍戸清孝 「21世紀への帰還・第5弾」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2007年03月21日 〜 2007年04月03日

    日米双方の見地で戦争を描いた「硫黄島からの手紙」がランキングトップを占めた。しかし、かの太平洋戦争中、米国日系二世兵が任務に携わったことはあまり知られていない。彼らは、生まれ育った米国と両親の祖国日本…詳細 »

  • poster for 渡邉博史 「私は毎日、天使を見ている」

    渡邉博史 「私は毎日、天使を見ている」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2007年03月07日 〜 2007年03月20日

    2001年7月の夏の日、作者はサンザラロ精神病院に足を踏み入れた。そこには多くの患者がいた。ある者は歩き回り、ある者は眠り、ある者はベッドの上にじっと座っている。すると一人の女性が作者と一緒に並んで歩…詳細 »

  • poster for 北島敬三 「USSR 1991」

    北島敬三 「USSR 1991」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 写真
    • 2007年02月21日 〜 2007年03月06日

    ソ連が崩壊した1991年に、断続的に約150日間滞在して撮影した作品である。作者が最初に訪れた時点では、数ヵ月後に起こる体制崩壊はまったく予測していなかった。120以上あるといわれる民族の言語、宗教、…詳細 »

  • poster for 楮佐古晶章 「Minha Vida(私生活)」

    楮佐古晶章 「Minha Vida(私生活)」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2007年02月14日 〜 2007年02月20日

    作者は、海外に住みたいと一度も考えたことがなかったが、ブラジルに渡ってはや15年が経つ。 長いようで短く、短いようで長かった15年間に、さまざまな人々と出会い、さまざまな場所を放浪し、さまざまな体験…詳細 »

  • poster for 佐藤篤 「光陰の黙示」

    佐藤篤 「光陰の黙示」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア 写真
    • 2007年01月31日 〜 2007年02月13日

    アリゾナ・ニューメキシコ・モンタナ・ワイオミングなど、アメリカ西部各州の閉山した鉱山の町の建物や住居、広野の廃墟やゴーストタウンとなった町の住居などをおもに取材した記録である。 昔、人びとは富と豊か…詳細 »

  • poster for 加藤文彦 「屋久島 沢と源流」

    加藤文彦 「屋久島 沢と源流」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2007年01月24日 〜 2007年01月30日

    年3回の屋久島通いで、リスクを伴う渓谷での撮影を無事に続けることができたのは、家族や屋久島の友人、会のメンバーの協力おかげである。モノクロ44点。詳細 »

  • poster for 笠木絵津子 「ふたつの時間、満洲編」

    笠木絵津子 「ふたつの時間、満洲編」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2007年01月17日 〜 2007年01月23日

    1998年、母親の死をきっかけに始めた「ふたつの時間を持つ写真」シリーズは、カラー写真による作者の「現在」とモノクロ写真による母親の「過去」をパソコン内で衝突させ、「第三の光景」を現出させる試みである…詳細 »

  • poster for 江成常夫 「生と死の時」

    江成常夫 「生と死の時」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2007年01月04日 〜 2007年01月16日

    作者は今年、古希を迎えた。これまでの30年余り、「昭和の15年戦争」のもとでの生と死を見詰めることで、戦後日本人の精神性を問い続けてきた。右の腋の下に現われた腫物が悪性腫瘍であることを宣告されたのは、…詳細 »

  • poster for ニコンサロン 1968-2006 特別企画展 I - IV

    ニコンサロン 1968-2006 特別企画展 I - IV

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 写真
    • 2006年10月07日 〜 2006年12月28日

    このたび銀座ニコンサロンでは、銀座7丁目STRATA GINZAへの移転を機に、特別企画展を開催いたします。この企画展は10月7日の開館から年末まで2ヵ月半にわたる4回連続の展示となります。  銀座…詳細 »

  • poster for 佐野豊子 展

    佐野豊子 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2006年10月03日 〜 2006年10月09日

    忍野は、富士の裾野標高約1000mの富士溶岩台地にあり、すでに縄文時代ころから人が住み、中世には駿河の国から甲斐の国への街道が通っていた。現在は約8400人が富士山の豊かな恵みを受け、内野忍草に住んで…詳細 »

  • poster for 秋山忠右 「Intersection 2000-2005 ドリームランド VI」

    秋山忠右 「Intersection 2000-2005 ドリームランド VI」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2006年09月19日 〜 2006年09月30日

    作者は、都市というものは、良くも悪くも、時代、時代の精神を反映する鏡だと信じて、これまでその姿をフィルムに定着させてきた。そうした観点で、作者が生まれ、育ち、これまで40年以上もカメラを片手に歩き回っ…詳細 »

  • poster for 梁丞佑 「だるまさんが転んだ」

    梁丞佑 「だるまさんが転んだ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2006年09月04日 〜 2006年09月16日

    モノクロ61点。詳細 »

  • poster for 高恩晶 「島物語り、わたしの済州」

    高恩晶 「島物語り、わたしの済州」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2006年08月21日 〜 2006年09月02日

    歳を重ねるほど、不思議なことに幼い頃が懐かしくなる。鮭が自分の故郷に帰るように、作者は作者を生んでくれた地を訪ねるようになった。そして今、どこにいても聞くことのできない済州島の風音をしのんでいる。済州…詳細 »

  • 全日本写真展 2006

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2006年08月07日 〜 2006年08月12日

    34回目を迎えた「全日本写真展 2006」のテーマは、身のまわりの暮らしや風俗、人間の営み、政治経済に至るまで、“あなたのセンスで現代を切り撮ろう”である。展示する作品には、変貌する都市、生活様式が変…詳細 »

  • poster for 土田ヒロミ 「ヒロシマ2005 − 60年目のヒロシマ」

    土田ヒロミ 「ヒロシマ2005 − 60年目のヒロシマ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2006年07月24日 〜 2006年08月05日

    作者は、70年代よりライフワークとして「ヒロシマ」を表現してきた。その内容は、時間がヒロシマを不可視化していく現実を直視することを通じて「ヒロシマ」の悲劇性を象徴化することであった。 昨年は被爆60…詳細 »

  • poster for 小林伸一郎 「亡骸劇場」

    小林伸一郎 「亡骸劇場」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2006年07月10日 〜 2006年07月22日

    1990年代前半から日本全国の廃墟を漂流しながら、同時に完成に向かう建造物を独自の視線で表現、発表してきた作者の最新作である。遊園地に放置されたメリーゴーランド、モーテルのダブルベッドに原色の壁紙、小…詳細 »

  • poster for 藤岡亜弥 「私は眠らない」

    藤岡亜弥 「私は眠らない」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2006年06月26日 〜 2006年07月08日

    この作品は作者の故郷が主な舞台となっている。日々の中でその暮らしに刻まれる微かな裂け目、ほんの少しの翳りを探りながら、記憶を揺動させていく作品である。よく知っているはずの風景や家族と何度も出会い直す日…詳細 »

  • poster for 松野良則 「遡行 Scenes from TAMAGAWA 2001〜2005」

    松野良則 「遡行 Scenes from TAMAGAWA 2001〜2005」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2006年06月12日 〜 2006年06月24日

    東京都を流れる河川のなかで、唯一の自然河川である多摩川。 高知県の四万十川が日本最後の清流と言われているように、現在の日本の河川環境の多くは、河川本来の姿とは大きくかけ離れた景観にある。保全のための…詳細 »

  • poster for 石川博雄 「花に咲いている時間」

    石川博雄 「花に咲いている時間」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2006年05月29日 〜 2006年06月10日

    「写真で押し花をつくりました。一瞬の時間を止めて永遠に閉じ込める花に時間の押し花です。」 背景には現代の象徴であるコンクリートを選んでいるが、無機質な壁も、季節によってさまざまな表情を見せてくれる。…詳細 »

  • poster for 渡辺 行雄 展「三番瀬 眺め入る潮間(しおま)」

    渡辺 行雄 展「三番瀬 眺め入る潮間(しおま)」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2006年05月15日 〜 2006年05月27日

    三番瀬は、東京湾最奥部に位置する。そこを中心に取り巻く首都圏。人口は3000万人を超す。その大量の終末排水の多くは東京湾に流れ込む。かつて遠浅の干潟は自然浄化の回帰線だった。だが、東京湾の干潟は埋め立…詳細 »

  • poster for 内山英明 展「Japan Underground III - 東京デーモン」

    内山英明 展「Japan Underground III - 東京デーモン」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2006年04月24日 〜 2006年05月13日

    「JAPAN UNDERGROUND III」は、作者が13年にわたり日本の地下世界を撮影し続けてきた「JAPAN UNDERGROUND」シリーズの完結編である。再開発された汐留や高エネルギー加速研…詳細 »

  • poster for 桑原 史成展 「水俣の肖像—公式確認から半世紀の節目」

    桑原 史成展 「水俣の肖像—公式確認から半世紀の節目」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2006年04月10日 〜 2006年04月22日

    この5月1日に水俣病が公式に確認されて50年の節目を迎える。「水俣」の撮影を開始して約45年の歳月が経過し、その間、「水俣」について雑誌、新聞、単行本などを通じて発表してきた作者は、ひとまず写真家の役…詳細 »

  • poster for 安島太佳由 展 [闇に眠る小笠原]

    安島太佳由 展 [闇に眠る小笠原]

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2006年03月27日 〜 2006年04月08日

    太平洋戦争末期、米軍と日本軍守備隊栗林中将率いる小笠原兵団との大激戦が繰り広げられた小笠原諸島の硫黄島。南北8km、東西4kmの小さな島での死闘は、アメリカでは今も太平洋戦争の象徴的な勝利として語り継…詳細 »

  • poster for 小川康博 展「Slowly Down The River - 古の三峡最後の日々」

    小川康博 展「Slowly Down The River - 古の三峡最後の日々」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2006年03月13日 〜 2006年03月25日

    中国・長江中流域に建設が進められている三峡ダム。1993年に着工されたこのダムは、1820万キロワットの発電が可能な世界最大規模の水力発電ダムとして、世界的にその名を知られている。 2003年6月…詳細 »

  • poster for 鬼海弘雄 展

    鬼海弘雄 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2006年02月27日 〜 2006年03月11日

    作者が写真を撮る面白さを知ってから、三十数年がたつ。その間、市井の人々の肖像写真を柱として、数少ない連作だけをモノクロフィルムで撮ってきている。自分に課す「ゲームの規則」は単純で、人の営為の影を、抽象…詳細 »

  • poster for 中川隆司 写真展 [Border Line <Arizona・Nevada>]

    中川隆司 写真展 [Border Line <Arizona・Nevada>]

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2006年02月13日 〜 2006年02月25日

    作者は、アメリカ大陸の12の州を大型カメラと共に旅してみたいと思っていた。数回実験を兼ねて渡米した後、1回の渡米で1州を回ることに決め、撮影に着手した。1回の旅行期間は1週間程度。正味5日間で州内をレ…詳細 »

  • poster for 竹田武史 写真展 [大長江~悠久の大河6300キロの旅]

    竹田武史 写真展 [大長江~悠久の大河6300キロの旅]

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2006年01月30日 〜 2006年02月10日

    長江は、揚子江の名で親しまれている中国の大河である。近年、稲作文化の起源地として世界中の歴史学者たちの注目を集めているが、作者は1997年から5 年間、学術調査隊の記録カメラマンとして長江流域の古代遺…詳細 »

  • poster for 鈴木邦弘 展「灰と記憶」

    鈴木邦弘 展「灰と記憶」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2006年01月16日 〜 2006年01月28日

    中国人強制連行はアジア太平洋戦争中の1944年から本格的に開始された。その時に連行された中国人の生存者たちと、日本国内の労働現場や収容所跡の現況を撮影した作品である。強制連行では、約1年間で民間人を含…詳細 »

  • poster for 奧伸之 写真展 [aura]

    奧伸之 写真展 [aura]

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2006年01月04日 〜 2006年01月14日

    絵を描いているとき、じっと対象と向き合っていると、いつの間にか時間の感覚がなくなり、絵筆が独りでに動き出すような特別な現象が起こることがある。対象と描く人との間に現れるある種の神秘的な精神状態だ。作者…詳細 »

  • poster for 大関 通夫写真展 [生物百色眼鏡]

    大関 通夫写真展 [生物百色眼鏡]

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2005年12月12日 〜 2005年12月24日

    作者は、万華鏡で自然の花を覗いてみたくなった。けれども、万華鏡を花に近づけなければ見えないし、近づけると陰になって見ることができない。結局、花をリバーサルフィルムで撮影した後、万華鏡で覗く方式でようや…詳細 »

  • poster for 小野寺 栄一写真展 [Day by day]

    小野寺 栄一写真展 [Day by day]

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2005年11月28日 〜 2005年12月10日

    前々回の個展(「あの時。」)までは、テーマを決めて作品を制作してきた作者だが、前回の個展(「Air」)で、制作の目的や過程の異なる作品を同一のテクスチャーや色調の統一により、一つにまとめることができ…詳細 »

  • poster for 小川 照夫写真展 [「迥眺窓景(けいちょうふうけい)」―JR京葉線車窓より―]

    小川 照夫写真展 [「迥眺窓景(けいちょうふうけい)」―JR京葉線車窓より―]

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2005年11月14日 〜 2005年11月26日

    作者は長いサラリーマン生活を終えて、いまは第二の人生を謳歌中である。東京湾沿いの埋め立て地を通り、東京と千葉を結ぶ「京葉線」は、作者にとって通勤とビジネスに利用した親しい路線だ。この沿線には、数々のベ…詳細 »

  • poster for 上本 ひとし写真展 [「峠越え」2003.8.23~2005.2.28 空景]

    上本 ひとし写真展 [「峠越え」2003.8.23~2005.2.28 空景]

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2005年10月31日 〜 2005年11月12日
  • poster for 柴田 れいこ写真展 [団塊世代の女たち 天女の羽衣]

    柴田 れいこ写真展 [団塊世代の女たち 天女の羽衣]

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2005年10月17日 〜 2005年10月29日

    作者は戦後のベビーブームに生まれ、爆発的な人口の塊となり、いわゆる「団塊の世代」に属する。その世代の女性たちは、受験戦争、大学紛争、ベトナム戦争、ビートルズ、ミニスカート、ウーマンリブなど、新しい大き…詳細 »

  • poster for 青島 千恵子写真展 [光る音III Thai Land]

    青島 千恵子写真展 [光る音III Thai Land]

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2005年10月03日 〜 2005年10月15日

    作者は、今自分の置かれている身の回りの環境や状況に特に不満があるわけではない。しかし旅から帰ってしばらくすると、また出かけたくなる。知人もいない、言葉も通じない雑踏の中に一人そっと身を置き、何も考えず…詳細 »

  • poster for 大沼 英樹写真展 [沖縄口(ウチナアグチ)]

    大沼 英樹写真展 [沖縄口(ウチナアグチ)]

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2005年09月20日 〜 2005年10月01日

    「沖縄口(ウチナアグチ)」。やわらかで独特な言い回しの沖縄弁を、現地ではこのように総称する。作者は滞在中に様々な沖縄口を耳にしたが、「イチャレバチョーデー(会えば兄弟)ヌーヒダテナーガ((あなたと差別…詳細 »

  • poster for 中込 コイチ 写真展

    中込 コイチ 写真展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2005年09月05日 〜 2005年09月17日

    現代人は物質的には充足しているが、どこかで満たされないという感情を誰しもが抱いている。ストリートを彷徨い歩いていると、作者は寂しげで哀愁を帯びた表情の人に出くわし、強いオーラを感じて、思わずカメラを向…詳細 »

  • poster for 朴 麗玉写真展 「LAGUNA の人々」

    朴 麗玉写真展 「LAGUNA の人々」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2005年03月14日 〜 2005年03月26日

    LAGUNAは、フィリピンのマニラから車で2時間ほどのところにあり、これといった産業もなく、ここを訪れる観光客がほとんどいないため、ホテルが一軒もない田舎の村である。 LAGUNAは日本に嫁いできた…詳細 »

  • poster for 筬島 孝一展 [裏庭考現学 III]

    筬島 孝一展 [裏庭考現学 III]

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2005年02月14日 〜 2005年02月26日

    裏庭は身近な風景だが、そこからは日本人のもっとも日本人らしい空間が見えてくるような気がする。必ず人が配置した品々は、年月とともに無秩序に置かれた生活用品の残骸とも見えるが、けっしてそれらはゴミではない…詳細 »

  • poster for 菊地 一郎写真展 [記号景]

    菊地 一郎写真展 [記号景]

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2005年01月31日 〜 2005年02月12日

    日本には手つかずの自然など存在しない。どんな秘境といわれる田舎でも、人間の手が加えられている。その人間の痕跡はいろいろある。険しい山の斜面にへばりつくようにある畑、誰も利用する見込みのない無意味な林道…詳細 »

  • poster for 田淵 章三写真展 ー「親子」いくつになっても、どこにいても。

    田淵 章三写真展 ー「親子」いくつになっても、どこにいても。

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2004年12月13日 〜 2004年12月25日

    本展は、60組の親子の写真である。 作者が親子を撮ろうと思ったことに深い理由などなかった。ただ直感的におもしろそうだと思ったからだった。 モデルになった親子は、作者の知人であったり、そのまた知人で…詳細 »

  • poster for 張 蒼松展 「家族の記 —台湾大地震から五年」

    張 蒼松展 「家族の記 —台湾大地震から五年」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2004年11月29日 〜 2004年12月11日

    1999年9月21日、台湾中部は大地震に見舞われた。家の形は、テント、自動車、コンテナハウス、軍の兵営、仮設住宅などへと変わり、崩れた家にそのまま住み続ける人もいた。当時作者は50軒の家庭を訪ねた。そ…詳細 »

  • poster for 近藤 光彦写真展 「SCRAPPED CARS」

    近藤 光彦写真展 「SCRAPPED CARS」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2004年11月15日 〜 2004年11月27日

    作者は北海道から沖縄まで、国内各地の放置自動車(廃車)を対象に、大判カメラ(8×10)を用いて定点観測を続けている。放置自動車を数年にわたって観察していると、それを中心とした特殊なサイトが自然発生的に…詳細 »

  • poster for 春日 広隆展「大地のスピリット」

    春日 広隆展「大地のスピリット」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2004年11月01日 〜 2004年11月13日

    手つかずの大自然の中に身をおいて、永遠なる宇宙の命の流れを感じ、存在と時間の感覚を追求した大判風景写真である。雪のように白いホワイトサンズ砂漠で静かに生きるユッカ草、夕立の鉄砲水で長い間に削り出された…詳細 »

  • poster for 増元 幸司展 「せつなさを纏って屍体へと向かう」

    増元 幸司展 「せつなさを纏って屍体へと向かう」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2004年10月18日 〜 2004年10月30日

    テーマは「せつなさと認識」である。人はだれでも、昔の自分の写真を介して、自分自身の過去を認識することができる。ささいな記憶すら残存しないその昔、自分がその場所でその表情をしていた事実を、その写真から知…詳細 »

  • poster for 秋山 忠右展 「ZONE 郊外・事件の記憶2000〜2004」

    秋山 忠右展 「ZONE 郊外・事件の記憶2000〜2004」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2004年10月04日 〜 2004年10月16日

    都心から半径40キロ、環状8号線を越えて国道16号線に至る地域に、新種人の住むニューワールドの世界が広がる。今まで存在しなかった生活空間、これらの場所で排泄され発汗され続ける犯罪、それらの犯罪はごく普…詳細 »

  • poster for 笠木 絵津子 「KAOHSIUNG 台湾高雄 1928-2003」

    笠木 絵津子 「KAOHSIUNG 台湾高雄 1928-2003」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2004年09月21日 〜 2004年10月02日

    デジタル処理された「ふたつの時間を持つ写真」。高雄を舞台に、モノクロ写真による母の時間とカラー写真による作者の時間が交錯する。1x8mなど、大画面インクジェット・プリントによる表現。カラー10点。詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use