東京都庭園美術館の過去イベントのリスト

以下は東京都庭園美術館で行われた過去のイベントのリストです。 現在のイベント、もうすぐ始まるイベントに関しては、 このスペースのページに掲載しております。

  • poster for 「並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑 - 透明な黒の感性」

    「並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑 - 透明な黒の感性」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 日本画 ・ 工芸 ・ ワークショップ ・ トーク
    • 2017年01月14日 〜 2017年04月09日

    明治時代、輸出用美術工芸として人気を博した七宝。並河靖之(なみかわ・やすゆき、1845-1927)は、その中でも繊細な有線七宝により頂点を極めた七宝家です。没後90年を記念する本展は、初期から晩年まで…詳細 »

  • poster for クリスチャン・ボルタンスキー 「アニミタス - さざめく亡霊たち - 」

    クリスチャン・ボルタンスキー 「アニミタス - さざめく亡霊たち - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[13]
    • メディア 彫刻・立体 ・ インスタレーション ・ 映像・映画
    • 2016年09月22日 〜 2016年12月25日

    フランスの現代美術家クリスチャン・ボルタンスキー(1944年-)は、映像作品やパフォーマンス性の高い作品を制作していた初期から現在まで一貫して、歴史の中で濾過される記憶の蘇生、匿名の個人/集団の生(存…詳細 »

  • poster for 「アール・デコの花弁 - 旧朝香宮邸の室内空間 - 」展

    「アール・デコの花弁 - 旧朝香宮邸の室内空間 - 」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 工芸 ・ トーク
    • 2016年09月22日 〜 2016年12月25日

    建築の魅力は建物の外観だけでなく、その室内空間を含めてトータルに見たとき、存分に味わうことができます。旧朝香宮邸の室内空間を見ると、キュビスムからの影響である直線的・幾何学的・立体的なデザインのシャン…詳細 »

  • poster for 「こどもとファッション - 小さい人たちへの眼差し」展

    「こどもとファッション - 小さい人たちへの眼差し」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア イラスト ・ 絵画 ・ 版画 ・ プロダクト ・ ファッション ・ トーク
    • 2016年07月16日 〜 2016年08月31日

    「こどもらしさ」は、こどもが作ったわけじゃない こどもがどんな服を着ているのかは、それを与える大人たちが「こども」という存在をどう認識しているのかを反映しています。一人前になるまでの過渡期と捉えてい…詳細 »

  • poster for 「日伊国交樹立150周年記念 メディチ家の至宝 -ルネサンスのジュエリーと名画」展

    「日伊国交樹立150周年記念 メディチ家の至宝 -ルネサンスのジュエリーと名画」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ ファッション ・ プロダクト
    • 2016年04月22日 〜 2016年07月05日

    ルネサンス文化発祥の地、フィレンツェ。そのフィレンツェに300年に渡って君臨したメディチ家。優れた芸術家たちの強力な擁護者となった一族の名は、ルネサンス芸術の代名詞といっても過言ではありません。「大公…詳細 »

  • poster for 「ガレの庭 - 花々と声なきものたちの言葉 - 」

    「ガレの庭 - 花々と声なきものたちの言葉 - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア ドローイング ・ 彫刻・立体 ・ プロダクト
    • 2016年01月16日 〜 2016年04月10日

    ヨーロッパの19世紀末を彩る装飾様式「アール・ヌーヴォー」。その立役者の一人であるエミール・ガレ(1846~1904)は、花や昆虫など自然をモチーフとした作風で知られ、陶芸・ガラス・木工家具の3分野で…詳細 »

  • poster for オットー・クンツリ 展

    オットー・クンツリ 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア ドローイング ・ 写真 ・ 彫刻・立体 ・ インスタレーション ・ ファッション
    • 2015年10月10日 〜 2015年12月27日

    アートとしてのジュエリーを創造するコンテンポラリー・ジュエリーの分野を代表するオットー・クンツリ(1948年スイス・チューリッヒ生)。彼はジュエリーが持つ身体との関係性、さらに他者や社会と結びつけるコ…詳細 »

  • poster for 「レンズ系とジェネ系の世紀、ふたつの黎明 #2」トークイベント

    「レンズ系とジェネ系の世紀、ふたつの黎明 #2」トークイベント

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 映像・映画 ・ トーク
    • 2015年09月12日 〜 2015年09月12日

    往々にして、偉大な発見は黎明期にほぼ出揃ってしまいます。逆に、現在はその数ある発見で枝分かれした可能性の一つともいえます。このイベントでは、20世紀に試みられた撮影による映像表現の工夫と、21世紀の日…詳細 »

  • poster for 「アール・デコの邸宅美術館 建築をみる2015 + ART DECO COLLECTORS」展

    「アール・デコの邸宅美術館 建築をみる2015 + ART DECO COLLECTORS」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[5]
    • メディア グラフィックデザイン ・ 建築 ・ 彫刻・立体 ・ プロダクト ・ 工芸 ・ トーク
    • 2015年07月18日 〜 2015年09月23日

    当館は、1933年に竣工したアール・デコ様式の建築を活用し、美術館として現在に至ります。「建築をみる2015」では、当館所蔵のオリジナルの家具や調度品等を用いて、本来の邸宅としての空間の再現を試みます…詳細 »

  • poster for 「フランス国立ケ・ブランリ美術館所蔵 マスク展」

    「フランス国立ケ・ブランリ美術館所蔵 マスク展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[9]
    • メディア 彫刻・立体 ・ 工芸
    • 2015年04月25日 〜 2015年06月30日

    2006年にパリ、セーヌ河岸にオープンしたフランス国立ケ・ブランリ美術館。建築家ジャン・ヌーヴェルによる設計でも世界の注目を集め、パリの新たな名所として親しまれています。本展覧会は、アフリカ、アジア、…詳細 »

  • poster for 「TTM:IGNITION BOX (イグニションボックス)2015 / PROGRAM_C|MUSIC/LIVE マイア・バルー LIVE」

    「TTM:IGNITION BOX (イグニションボックス)2015 / PROGRAM_C|MUSIC/LIVE マイア・バルー LIVE」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア パフォーマンス
    • 2015年03月27日 〜 2015年04月05日

    日本の民謡や世界の様々な音楽をミックスした“ROOTS & FUTURE SOUND”を、初めて美術館を舞台に、スペシャルユニットで見せるライヴ・パフォーマンス。 日時: 2015年3月…詳細 »

  • poster for TTM:IGNITION BOX(イグニションボックス)2015

    TTM:IGNITION BOX(イグニションボックス)2015

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア トーク ・ パフォーマンス
    • 2015年03月22日 〜 2015年03月22日

    「PROGRAM_B|SCREENING/LIVE/TALK - Sprout : レンズ系とジェネ系の世紀、ふたつの黎明 - 」 日時: 3月22日(日) 前編/後編15:30〜19:00 参加…詳細 »

  • poster for 「幻想絶佳: アール・デコと古典主義」

    「幻想絶佳: アール・デコと古典主義」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[7]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体 ・ プロダクト
    • 2015年01月17日 〜 2015年04月07日

    急速にモダンに変貌してゆく都市のなかで、両大戦間期の人々は古代ギリシア・ローマを規範とした伝統的な「古典主義」にも新しい関心を向けていました。 ピカソやモーリス・ドニら、この時代の重要な画家たちが同じ…詳細 »

  • poster for 内藤礼 「信の感情」

    内藤礼 「信の感情」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[11]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体
    • 2014年11月22日 〜 2014年12月25日

    「地上に存在していることは、それ自体、祝福であるのか」をテーマに探究を続けている現代美術作家 内藤礼の個展を開催します。内藤礼の作品は、とても静かです。物量としてはほんのわずか、色彩も本当に微かな作品…詳細 »

  • poster for 「アーキテクツ / 1933 / Shirokane アール・デコ建築をみる」

    「アーキテクツ / 1933 / Shirokane アール・デコ建築をみる」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[6]
    • メディア 建築 ・ プロダクト ・ 工芸
    • 2014年11月22日 〜 2014年12月25日

    本美術館は、1933年に朝香宮家の本邸として建てられた建物を美術館として公開しています。この建物は、1920年代から30年代にかけて世界中で流行したアール・デコ建築が日本で花開いた作例として国内外の専…詳細 »

  • poster for 「アール・デコの館」展

    「アール・デコの館」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[7]
    • メディア 建築 ・ 工芸
    • 2011年10月06日 〜 2011年10月31日

    白金の森に建つアール・デコの館、東京都庭園美術館。鬱蒼と茂る木々の下ゆるやかにカーブしたアプローチを進んでいくと、そのモダンな建物が現れてきます。 東京都庭園美術館の建物は昭和8(1933)年に朝香宮…詳細 »

  • poster for 「皇帝の愛したガラス」展

    「皇帝の愛したガラス」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[10]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸
    • 2011年07月14日 〜 2011年09月25日

    ロシア・サンクトペテルブルグにある国立エルミタージュ美術館は、その類い希なる充実したコレクションによって、世界有数の美術館として知られています。同館の数ある作品群のなかでもとりわけ貴重とされるガラスコ…詳細 »

  • poster for 「森と芸術 私たちの中にひそむ森の記憶」

    「森と芸術 私たちの中にひそむ森の記憶」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[19]
    • メディア 絵画 ・ 写真 ・ 彫刻・立体
    • 2011年04月16日 〜 2011年07月03日

    はるかな昔、人間は森に住み、森の恵みを糧に暮らしていました。のちに森を離れて文明を築くようになってからも、人間は森という故郷に「楽園」の思い出を重ね、ノスタルジアを抱きつづけてきたのです。 古今…詳細 »

  • poster for 「20世紀のポスター[タイポグラフィ]—デザインのちから・文字のちから—」展

    「20世紀のポスター[タイポグラフィ]—デザインのちから・文字のちから—」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[25]
    • メディア グラフィックデザイン ・ 版画
    • 2011年01月29日 〜 2011年03月27日

    ポスターはデザイナーのアイデアの宝庫です。古今東西のデザイナーは、よりよく内容を伝えるために知恵を絞ってきました。その際、重要な役割を果たしたのが、文字を用いたデザイン=タイポグラフィです。文字は情報…詳細 »

  • poster for 「東京都庭園美術館建物公開─朝香宮のグランドツアー」

    「東京都庭園美術館建物公開─朝香宮のグランドツアー」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 絵画 ・ 建築
    • 2010年12月11日 〜 2011年01月16日

    東京都庭園美術館は、1933年に建てられた朝香宮邸を美術館として使用しています。この建物は1910年代から30年代にかけてヨーロッパをはじめ世界中を席巻した装飾様式「アール・デコ(Art Déco)」…詳細 »

  • poster for 「きらめく装いの美 香水瓶の世界」展

    「きらめく装いの美 香水瓶の世界」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[7]
    • メディア 絵画 ・ 写真 ・ 工芸
    • 2010年09月18日 〜 2010年11月28日

    本展覧会は香水瓶を通して古代より人々を魅了し続ける香りの文化をご紹介するものです。手の内にすっぽりとおさまる小さな香水瓶には各時代の最新の技術と時代を象徴する装飾が施され、その美しさ、華やかさはいつの…詳細 »

  • poster for 有元利夫 「天空の音楽」

    有元利夫 「天空の音楽」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[6]
    • メディア 絵画
    • 2010年07月03日 〜 2010年09月05日

    フレスコ画のような優しい色合いの絵肌。画面に登場する不思議な人物。いつ、誰が描いた絵なのでしょうか。 この絵を描いたのは、有元利夫という1970年代半ばから85年にかけて活躍した画家です。西洋の…詳細 »

  • poster for ロトチェンコ + ステパーノワ 「ロシア構成主義のまなざし」

    ロトチェンコ + ステパーノワ 「ロシア構成主義のまなざし」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[21]
    • メディア グラフィックデザイン ・ 絵画 ・ 彫刻・立体
    • 2010年04月24日 〜 2010年06月20日

    20世紀初め、芸術革新の機運がヨーロッパのあちこちで起こります。ロシアも例外ではありません。1910年代半ばには、具体的な対象がまったく描かれない、いわゆる「無対象絵画」を制作したカジミール・マレーヴ…詳細 »

  • poster for 「アール・デコの館」展

    「アール・デコの館」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア 建築 ・ プロダクト
    • 2010年03月25日 〜 2010年04月11日

    「展覧会もいいけど、建物をじっくり見たい」という声にお応えして年に一度開催している人気の建物公開展を、今年は桜の季節に開催いたします。アール・デコ様式の装飾をそのまま残す旧朝香宮邸の建物の歴史と美しさ…詳細 »

  • poster for 「イタリアの印象派 マッキアイオーリ」展

    「イタリアの印象派 マッキアイオーリ」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画
    • 2010年01月16日 〜 2010年03月14日

    19世紀イタリア。リソルジメント(国家統一運動)の熱い機運に呼応して、自由と独立の理想を掲げた反アカデミスムの芸術運動が各地で起こっていました。そのなかのひとつ、1850年から60年頃にかけてトスカー…詳細 »

  • poster for 「パリに咲いた古伊万里の華」展

    「パリに咲いた古伊万里の華」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア 陶芸
    • 2009年10月10日 〜 2009年12月23日

    江戸時代、鎖国下の日本からも世界に向けて豊かな日本文化が発信されていました。その代表的な例が有田を中心に輸出用に焼かれた磁器です。今年10月15日は、日本磁器が初めてヨーロッパに向けて公式に輸出されて…詳細 »

  • poster for 「ステッチ・バイ・ステッチ:針と糸で描くわたし」展

    「ステッチ・バイ・ステッチ:針と糸で描くわたし」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[39]
    • メディア 工芸
    • 2009年07月18日 〜 2009年09月27日

    タイトルにある「Stitch(ステッチ)」とは、「針を運ぶこと」という意味です。この言葉から、あなたは何を思い浮かべますか? 多くの人が想像するのは、手芸やニードルアート、もしくは伝統的な刺繍工…詳細 »

  • poster for 「国立エルミタージュ美術館所蔵 エカテリーナ2世の四大ディナーセット」展

    「国立エルミタージュ美術館所蔵 エカテリーナ2世の四大ディナーセット」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 陶芸 ・ トーク
    • 2009年04月16日 〜 2009年07月05日

    女帝エカテリーナ2世(1729-1796)の時代、ロシア宮廷では君主の威厳と崇高さを演出する工夫が様々に試みられました。女帝は衣食住にわたって「エルミタージュ・エチケット」と呼ばれる礼儀作法を厳格に規…詳細 »

  • poster for 「ポアルとフォルチュニィ:20世紀モードを変えた男たち」展

    「ポアルとフォルチュニィ:20世紀モードを変えた男たち」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア ファッション ・ パーティー ・ トーク
    • 2009年01月31日 〜 2009年03月31日

    本展では、20世紀初頭を代表するモード界の巨人ポール・ポワレと、20世紀最高のテキスタイル・デザイナーといわれるマリアノ・フォルチュニィのドレスを紹介します。 20世紀にはいると、パリ・モードは…詳細 »

  • poster for 「1930年代・東京:アール・デコの館(朝香宮邸)が生まれた時代」展

    「1930年代・東京:アール・デコの館(朝香宮邸)が生まれた時代」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体 ・ トーク
    • 2008年10月25日 〜 2009年01月12日

    東京都庭園美術館は本年、開館25周年を迎えます。先の20周年では「アール・デコ様式 朝香宮がみたパリ」展を開催いたしました。これに続き本展では宮邸が建設された〈1930年代・東京〉に軸を移します。この…詳細 »

  • poster for 「アール デコの館」展

    「アール デコの館」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[5]
    • メディア 建築 ・ トーク
    • 2008年10月01日 〜 2008年10月13日

    東京都庭園美術館は、今年の10月で25周年を迎えます。この間、庭園美術館に足を運び、愛してくださった皆様に感謝の気持ちを込めて、開館25周年記念「アール・デコの館−庭園美術館建物公開−」を開催いたしま…詳細 »

  • poster for 「舟越桂:夏の邸宅ーアールデコ空間と彫刻、ドローイング、版画」展

    「舟越桂:夏の邸宅ーアールデコ空間と彫刻、ドローイング、版画」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[29]
    • メディア ドローイング ・ 版画 ・ 建築 ・ 彫刻・立体
    • 2008年07月19日 〜 2008年09月23日

    1980年代はじめから木彫彩色の人物像によって日本の現代彫刻をリードしてきた舟越桂(1951―)は、近年謎めいた両性具有のスフィンクスのシリーズを手がけ、彫刻家として新たな表現領域を切り開きつつありま…詳細 »

  • poster for 「オールドノリタケと懐かしの洋食器」展

    「オールドノリタケと懐かしの洋食器」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[5]
    • メディア 陶芸
    • 2008年04月17日 〜 2008年06月15日

    日本の洋食器の変遷を文化史的な視点から捉えて収集してきた守屋コレクションを中心に200点余りの作品により、明治から昭和戦前期までのわが国における洋食器文化の定着と発展の軌跡を展観するものです。 日本…詳細 »

  • poster for 「建築の記憶  - 写真と建築の近現代」展

    「建築の記憶 - 写真と建築の近現代」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[31]
    • メディア 写真 ・ 建築 ・ トーク
    • 2008年01月26日 〜 2008年03月31日

    建てられた地から動かすことのできない建築は、実際にそこを訪れない限り見ることはできません。また様々な理由により形を変えられてしまったり、時代の変化とともに失われてしまうこともあります。したがってわたし…詳細 »

  • poster for 「じっくり見よう!アール・デコ - 家族でパチリ!写メもOK」展

    「じっくり見よう!アール・デコ - 家族でパチリ!写メもOK」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア 建築
    • 2008年01月12日 〜 2008年01月14日

    展覧会開催中にはご覧いただけない部分も含め、「アール・デコ」様式を今日に伝える旧朝香宮邸の魅力をご堪能ください。詳細 »

  • poster for 「世界を魅了したティファニー 1837-2007」展

    「世界を魅了したティファニー 1837-2007」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[9]
    • メディア ファッション ・ 工芸 ・ トーク
    • 2007年10月06日 〜 2007年12月16日

    旧朝香宮邸を美術館とした庭園美術館は、その室内空間を活かし工芸、宝飾など数多くの装飾美術の展覧会を開催してきました。現代風の装いの美術館とは異なり、アール・デコ様式の優雅な室内は、装飾美術の魅力を一層…詳細 »

  • poster for 「舞台芸術の世界:ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン」展

    「舞台芸術の世界:ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[10]
    • メディア インスタレーション
    • 2007年07月26日 〜 2007年09月17日

    20世紀初頭、ロシアの新進気鋭の美術家、音楽家、舞踊家が、カリスマ的な芸術プロデューサー、セルジュ・ディアギレフのもとに結集します。ディアギレフ率いるロシアバレエ団(バレエ・リュス)は、革新的な絵画や…詳細 »

  • poster for 「ホノルル美術館所蔵品より モダン日本の里帰り 大正シック」展

    「ホノルル美術館所蔵品より モダン日本の里帰り 大正シック」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[7]
    • メディア 絵画 ・ トーク
    • 2007年04月14日 〜 2007年07月01日

    明治と昭和の間にはさまれた大正時代は15年という短い間でしたが、大正デモクラシーの気運とともに個人の主観性やロマンチシズムを尊重する気風が芽生え、西洋モダニズムやアール・デコの影響を受けた独特の文化や…詳細 »

  • poster for 「だれも知らなかったアルフレッド・ウォリス - ある絵描きの物語」展

    「だれも知らなかったアルフレッド・ウォリス - ある絵描きの物語」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画 ・ トーク
    • 2007年02月03日 〜 2007年03月31日

    アルフレッド・ウォリス(1855-1942)は、イギリス、コーンウォールの港町、セント・アイヴスで船具商を営み、70歳になってから独学で絵を描き始めた異色の画家です。その発見のきっかけは、1928年、…詳細 »

  • poster for 「アール・デコ・ジュエリー - 宝飾デザインの鬼才シャルル・ジャコーと輝ける時代」展

    「アール・デコ・ジュエリー - 宝飾デザインの鬼才シャルル・ジャコーと輝ける時代」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[10]
    • メディア ファッション
    • 2006年10月14日 〜 2007年01月14日

    シャルル・ジャコーは20世紀前半のアール・デコの時代にカルティエで活躍した宝飾デザイナーでした。1909年、高級宝飾店が軒を連ねるパリ、ラ・ペ通りのカルティエで、ジャコーの才能あふれるデザイン画は3代…詳細 »

  • poster for 北欧のスタイリッシュ・デザイン

    北欧のスタイリッシュ・デザイン

    ブックマークする[0] 
    オススメする[12]
    • メディア 陶芸
    • 2006年04月22日 〜 2006年06月18日

    アラビア窯は、1873年、フィンランドのヘルシンキ郊外のアラビア地区に設立されました。翌年の10月に操業を開始したこの製陶所の名前は、その地名に由来します。当初はスウェーデンのロールストランド窯の傘下…詳細 »

  • poster for 宇治山哲平展 「絵に遊び、絵に憩う」

    宇治山哲平展 「絵に遊び、絵に憩う」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[7]
    • メディア 絵画
    • 2006年02月04日 〜 2006年04月09日

    本展は日本近代美術史における抽象絵画のパイオニア・宇治山哲平(1910−86)の没後20年を節目に開催する本格的な回顧展です。1976年に開催された個展以来、首都圏では実に30年ぶりの回顧展となります…詳細 »

  • poster for 華麗なるマイセン磁器展

    華麗なるマイセン磁器展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 陶芸
    • 2005年11月19日 〜 2006年01月22日

    18 世紀のはじめに、ドイツ・ザクセンのアウグスト強王の命をうけて、発明者ベットガーにより初めて磁器の製造に成功したマイセン窯。それは長年、中国や日本の磁器に憧れた西洋が、“白い金”にたとえられた磁器…詳細 »

  • poster for 「庭園植物記」展

    「庭園植物記」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[14]
    • メディア 絵画 ・ ドローイング ・ 写真 ・ 工芸
    • 2005年09月03日 〜 2005年11月06日

    庭園美術館にとって、多くの植物たちに囲まれた広大な庭は大切な構成要素であり、 建物(旧朝香宮邸)の装飾にも、いくつもの植物のモチーフを見ることができます。 「美」を考えさせる植物という身近な存在は、…詳細 »

  • poster for 八木一夫展−陶芸の冒険オブジェと茶わん

    八木一夫展−陶芸の冒険オブジェと茶わん

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア ドローイング ・ 工芸 ・ 陶芸
    • 2005年07月02日 〜 2005年08月21日

    八木一夫 (1918−1979)は陶芸の世界に、オブジェという考えを導入し、新たな造形分野を切り開いた作家です。伝統ある京都の地に、陶芸家の長男として生まれた八木は、新しい陶芸を目指し、戦後間もない昭…詳細 »

  • poster for ジェームズ・アンソール展

    ジェームズ・アンソール展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[5]
    • メディア 絵画 ・ ドローイング ・ 版画
    • 2005年04月23日 〜 2005年06月12日

    ベルギーの海辺の都市、オーステンドに生まれたジェームズ・アンソール(1860-1949)は、今日では、ルネ・マグリット、ポール・デルヴォーとならび同国の近代美術を代表する三大画家のひとりとして高く評価…詳細 »

  • poster for 日本のジュエリー 100年

    日本のジュエリー 100年

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア ファッション ・ プロダクト ・ 工芸
    • 2005年02月05日 〜 2005年04月10日

    貴金属で出来た装身具で身を飾る習慣がなかった日本に、欧米からジュエリーが流入したのは幕末のことでした。明治30年に尾崎紅葉の「金色夜叉」が発表される以前から、宝石を留めたジュエリーは人々の憧れでした。…詳細 »

  • poster for 田原桂一 光の彫刻展

    田原桂一 光の彫刻展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 陶芸 ・ インスタレーション ・ 彫刻・立体
    • 2004年11月20日 〜 2005年01月23日

    田原桂一は30年前のパリにおいて、日本では出会えなかった強く鋭い光と出会い、その後「光」そのものを探求し続けることになります。写真という分野を超えて都市空間での光の設置も多様に実現してきました。これら…詳細 »

  • poster for エミール・ノルデ

    エミール・ノルデ

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2004年09月18日 〜 2004年11月07日

    1867年、デンマークとの国境に近い北ドイツの低湿地帯に生まれたエミール・ノルデは、内面的な感情の表出に重きを置くドイツ表現主義を代表する画家として20世紀美術史に揺るぎない位置を占めています。 激…詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use