東京国立近代美術館工芸館の過去イベントのリスト

以下は東京国立近代美術館工芸館で行われた過去のイベントのリストです。 現在のイベント、もうすぐ始まるイベントに関しては、 このスペースのページに掲載しております。

  • poster for 工芸館開館40周年記念特別展「陶匠 辻清明の世界 - 明る寂びの美」

    工芸館開館40周年記念特別展「陶匠 辻清明の世界 - 明る寂びの美」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸 ・ トーク
    • 2017年09月15日 〜 2017年11月23日

    辻清明(1927-2008)は、1955年に東京・多摩に登窯を築いて以降、信楽の土を用いた無釉焼き締め陶を活動の中心とした作家です。古美術の蒐集や芸術家との交流を通して感性を磨き、「明る寂び」と呼ばれ…詳細 »

  • 「こども×おとな工芸館 調度❤ハッピーのかたち」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア プロダクト ・ 工芸 ・ ワークショップ
    • 2017年07月04日 〜 2017年09月03日

    住むところがきまったら、部屋に何を置きましょう。家具、照明、ファブリック。器もいくつか必要だし、なにか置物があってもいい―「調度」とは、身辺で用いる道具や家具、装飾品などを指す言葉です。最近あまり使わ…詳細 »

  • 所蔵作品展 「動物集合」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 日本画 ・ 版画 ・ 彫刻・立体 ・ ファッション ・ 工芸 ・ 陶芸 ・ トーク
    • 2017年02月28日 〜 2017年05月21日

    ツル、カメ、貝、トンボ、オシドリ、犬、タカ、虎、龍、鳳凰などなど、工芸には数え出したらきりがないほどの動物たちが登場し、時として、制作に欠かせない素材や道具にも用いられます。ツルカメは長寿、貝は豊穣、…詳細 »

  • 「所蔵作品展 近代工芸と茶の湯Ⅱ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 建築 ・ プロダクト ・ 工芸 ・ 陶芸
    • 2016年12月17日 〜 2017年02月19日

    本展覧会は、東京国立近代美術館が所蔵する近・現代工芸のコレクションの中から、"茶の湯のうつわ"をテーマに作品を選び出し、近代から現代にかけての茶の湯の造形について概観するものです。日本の工芸が大きく発…詳細 »

  • こども+おとな工芸館「ナニデデキテルノ?」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2016年07月16日 〜 2016年09月08日

    こどもたちと一緒に工芸を見たことはありますか?工芸鑑賞はちょっとむずかしそう…と心配されることがあるけれど、作品を見たこどもたちは、おとなの予想を軽く乗り越えて、生き生きと反応してくれます。きらきら輝…詳細 »

  • 「芹沢銈介のいろは - 金子量重コレクション」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア グラフィックデザイン ・ ドローイング ・ 工芸
    • 2016年03月05日 〜 2016年05月08日

    芹沢銈介(1895-1984)は日本を代表する染色家であり、その評価は国内にとどまらず、生前、大成功を収めたパリ展をはじめ、アメリカ、イギリス、ロシアなどでも個展が開催されています。1956年、重要無…詳細 »

  • 「1920~2010年代 所蔵工芸品に見る 未来へつづく美生活」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア ファッション ・ プロダクト ・ 工芸 ・ 陶芸
    • 2015年12月23日 〜 2016年02月21日

    今、あらためて、丁寧な「暮らし方」に注目が集まっています。素材や技法に心を尽くし、丹念に作られた工芸作品には、時代を越えて、私たちの生活を折り目正しく保つことができるように促す力が備わっているようです…詳細 »

  • 栗木達介 「現代陶芸の鬼才」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 陶芸
    • 2015年10月08日 〜 2015年12月13日

    栗木達介(1943-2013)は既成の伝統や常識にとらわれず、やきものの素材と特質を自らの視点と思考でとらえた造形を繰り広げ、現代陶芸に対する問題意識を表してきました。手びねりの“オブジェ陶”で独自の…詳細 »

  • 「こども+おとな工芸館 ピカ☆ボコ - オノマトペで読みとく工芸の魅力」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 彫刻・立体 ・ 工芸 ・ 陶芸 ・ トーク
    • 2015年07月14日 〜 2015年09月27日

    ツヤツヤ、ピカピカ、ボコボコ、ザラザラ…。工芸作品を眺めているときに、こんな言葉が口からこぼれたことはありませんか?擬態語や擬声語またはオノマトペと呼ばれる語が、日本語には豊富にあります。今回の展覧会…詳細 »

  • 「所蔵作品展 近代工芸案内 - 名品選による日本の美 - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア プロダクト ・ 工芸 ・ トーク
    • 2014年12月05日 〜 2015年02月15日

    明治時代から平成の今日へ、日本では、伝統のわざや美を華やかに発展させ造形の可能性を開拓して、新しい時代の工芸が連綿と生みだされました。陶磁やガラス、漆工、染織、金工、人形等、さまざまな素材の魅力を訴え…詳細 »

  • 「青磁のいま - 受け継がれた技と美 南宋から現代まで - 」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸
    • 2014年09月13日 〜 2014年11月24日

    青磁は、玉への憧れから中国で生まれた緑色を基調とした美しい釉色を特徴とするやきものです。しかし実際の色合いは、生み出された時代や地域により、淡い青色やオリーブ・グリーン、さらには淡い黄色などさまざまで…詳細 »

  • 「こども+おとな工芸館 もようわくわく」 所蔵作品展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸
    • 2014年06月28日 〜 2014年08月31日

    1本の線、あるいは小さな丸。2つ3つと並べていくと、リズムが生まれ、心おどる模様となります。そして模様となったとたん、単なる図形だったときには予想もしなかったニックネームで呼ばれ出します。2本ずつ、直…詳細 »

  • poster for 人間国宝・巨匠コーナー

    人間国宝・巨匠コーナー

    ブックマークする[0] 
    オススメする[22]
    • メディア 工芸
    • 2014年03月18日 〜 2014年06月01日

    工芸館では、所蔵作品の中からとくに重要無形文化財保持者(人間国宝)や日本芸術院会員をはじめとする、国内外の工芸やデザインを代表する作家の作品を企画展や季節によって、独自のテーマで展示替えをおこなってい…詳細 »

  • 「所蔵作品展 花」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸
    • 2014年03月18日 〜 2014年06月01日

    工芸家は、さまざまな技法と素材を駆使しながら豊かな自然が育む花の美しさを描き、さらに装飾化して花の表現を展開しています。季節が巡り、訪れる春にふさわしく「花」を主題とした作品に焦点を当て、選りすぐった…詳細 »

  • poster for 「日本伝統工芸展60回記念 工芸からKŌGEIへ」展

    「日本伝統工芸展60回記念 工芸からKŌGEIへ」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸
    • 2013年12月21日 〜 2014年02月23日

    今日、先達たちの努力によって独自の発展を遂げた日本の「工芸」は、Craftではなく「KŌGEI」として、そのクオリティーの高さが評価され、まさに世界に発信するチャンスを得ようとしています。そこで今秋、…詳細 »

  • poster for 「クローズアップ工芸」 展

    「クローズアップ工芸」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2013年09月14日 〜 2013年12月08日

    本展では、鈴木長吉ら近代工芸の代表的作家5名を取り上げ、作品の細部に宿る真実に迫ります。会期中、一部作品の展示替をおこないます。前期は9月14日(土)から10月20日(日)、後期は10月22日(火)か…詳細 »

  • poster for 「ボディ³」展

    「ボディ³」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 彫刻・立体 ・ プロダクト
    • 2013年06月25日 〜 2013年09月01日

    工芸は人間の身体と深い関わりをもっています。たとえば「ヒトガタ」が制作の動機となる人形。着物やうつわは、人体を一種のメジャーとして、かたちや大きさが決められてきました。またその技法には、叩く力や呼気な…詳細 »

  • poster for 「花咲く工芸」展

    「花咲く工芸」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸
    • 2013年02月19日 〜 2013年05月06日

    花は、工芸の中でも、もっともポピュラーで、表現の幅が広いテーマのひとつです。写生を通して自然観察と真剣に取り組み、また過去から伝わる図案を研究して、自ら納得する美を追い求める作家も少なくありません。彼…詳細 »

  • poster for 「所蔵作品展 寿ぎの『うつわ』 -工芸館の漆工コレクションから-」

    「所蔵作品展 寿ぎの『うつわ』 -工芸館の漆工コレクションから-」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア プロダクト ・ 工芸
    • 2012年12月11日 〜 2013年02月11日

    空気に触れると固まり、堅牢な塗膜となる不思議な液体―漆。漆は、ウルシの木から採取される樹液ですが、乾くと固まるという性質を利用して、芯材に木や麻布を用いたり、また塗面に金銀粉等を蒔きつけて華やかに装飾…詳細 »

  • poster for 「人間国宝・巨匠コーナー」展

    「人間国宝・巨匠コーナー」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸
    • 2012年09月15日 〜 2012年12月02日

    工芸館では、所蔵作品の中から、国内外の工芸やデザインを代表する作家の作品を常時紹介する展示コーナーを設けています。“工芸”には、陶磁、漆工、木工、竹工、染織、金工、ガラスなど、多彩な分野の作品がありま…詳細 »

  • poster for 「現代の座標 -工芸をめぐる11の思考-」展

    「現代の座標 -工芸をめぐる11の思考-」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸
    • 2012年09月15日 〜 2012年12月02日

    日本の近代工芸は時代に即した発展を成し遂げ、国際的な注目も集めてきました。特に近年では、工芸と美術の動向を踏まえながら工芸と個々の造形に対する思考をひたすら深め、現代の造形として革新に意欲を示す作家ら…詳細 »

  • poster for 「こども工芸館/おとな工芸館 植物図鑑」展

    「こども工芸館/おとな工芸館 植物図鑑」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2012年07月22日 〜 2012年09月02日

    植物は私たちの生活と深い関わりをもっています。はるか昔から多種多様な植物が採取・栽培され、食料や燃料、原材料として使用されてきました。それだけでなく、植物の色かたちや芳香は人を強く魅了し、喜びや期待を…詳細 »

  • poster for 「越境する日本人 - 工芸家が夢みたアジア 1910s-1945 -」展

    「越境する日本人 - 工芸家が夢みたアジア 1910s-1945 -」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸 ・ トーク
    • 2012年04月24日 〜 2012年07月16日

    大正から昭和初期にかけて、工芸の源流を求め、あるいは、工芸の新たなる可能性を求め、工芸家は国境を越えて大陸へと旅立っていきました。朝鮮や中国などにおける日本人工芸家の活動を「日本近代工芸史」の一部分と…詳細 »

  • poster for 「北村武資展特別企画 タッチ&トーク」

    「北村武資展特別企画 タッチ&トーク」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア トーク
    • 2012年04月14日 〜 2012年04月14日

    <さわってみようコーナー>で北村武資さんをはじめとする著名な作家の作品をじっくり観察したり、会場で展覧会の見所をご紹介します。英語によるコミュニケーションに関心をお持ちの方ならどなたでも大…詳細 »

  • poster for 北村武資 「織を極める」

    北村武資 「織を極める」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸 ・ トーク
    • 2012年02月07日 〜 2012年04月15日

    北村武資は1935年京都生まれ。京都西陣で得た高度な織の技術と現代的な感覚によって、織の造形に新たな地平を切り開きました。1995年に「羅」、2000年には「経錦」で重要無形文化財保持者に認定され、今…詳細 »

  • poster for 「所蔵作品 人間国宝と近代工芸の名品」展

    「所蔵作品 人間国宝と近代工芸の名品」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸
    • 2011年11月22日 〜 2012年01月29日

    工芸館所蔵の約3,000点から近代工芸の名品を厳選し、その素材と表現の可能性を傑出させた作品を陳列します。あわせて、東京国立近代美術館フィルムセンターが文化庁製作「重要無形文化財工芸技術記録映画」全作…詳細 »

  • poster for 「イタリア・ファエンツァが育んだ色の魔術師 -グェッリーノ・トラモンティ」 展

    「イタリア・ファエンツァが育んだ色の魔術師 -グェッリーノ・トラモンティ」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸 ・ トーク
    • 2011年09月10日 〜 2011年11月13日

    イタリアのファエンツァ市は、フランス語で陶器を意味するファイアンスの語源となったヨーロッパでは有名な陶都として、また、マジョリカ焼の産地として古くから知られています。市内には100年を迎えるファエンツ…詳細 »

  • poster for 「所蔵作品 しまシマ工芸館」 展

    「所蔵作品 しまシマ工芸館」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸 ・ トーク
    • 2011年07月05日 〜 2011年08月31日

    異なる色の線が交互にあらわれてダイナミックな表面構造をなす縞模様。単純でありながら強い印象をもたらすことから、衣服から道路標示まで、私たちの生活のあらゆるシーンに浸透しています。工芸館の夏の所蔵作品展…詳細 »

  • poster for 「増田三男 清爽の彫金  - そして、富本憲吉」展

    「増田三男 清爽の彫金 - そして、富本憲吉」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2011年05月17日 〜 2011年06月26日

    身近な草花や動物を写生し、その生命感あふれる姿を表現した彫金の重要無形文化財保持者(人間国宝)増田三男(1909~2009)。埼玉に生まれた増田は、東京美術学校で清水南山(亀蔵)に彫金の技を学び、卒業…詳細 »

  • poster for 「ガラス 高橋禎彦」展

    「ガラス 高橋禎彦」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 工芸
    • 2011年03月01日 〜 2011年05月08日

    高橋禎彦(1958- )は多摩美術大学でガラス制作を学び、ドイツ・ラインバッハで研鑽を積みました。1985年神奈川県に工房設立、以後、個展やグループ展を中心に活動を展開し、現代を代表するガラス作家とし…詳細 »

  • poster for 「現代の人形 - 珠玉の人形コレクション」展

    「現代の人形 - 珠玉の人形コレクション」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 工芸
    • 2010年12月03日 〜 2011年02月20日

    古来より人は、呪術、儀礼、宗教的な目的から、自分自身の姿―人の形―をかたどってきました。人の姿には、衣服や顔の表情は言うまでもなく、何気ない仕草のなかにさえ、深い感情の揺れや心の機微を感じることがあり…詳細 »

  • poster for 「現代工芸への視点 ―茶事をめぐって」展

    「現代工芸への視点 ―茶事をめぐって」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2010年09月15日 〜 2010年11月23日

    日本では、茶の湯の発展とともに、さまざまな素材を用いた工芸作品がつくられ、それらは常に時代を映す鏡のように、新しい考えや造形を見せてきました。さらに近年では、かつての制約にはとらわれない自由な発想から…詳細 »

  • poster for 「人間国宝・巨匠コーナー」展

    「人間国宝・巨匠コーナー」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸
    • 2010年09月15日 〜 2010年11月23日

    工芸館では、所蔵作品の中から、国内外の工芸やデザインを代表する作家の作品を常時紹介する展示コーナーを設けています。今回は、同時開催の「現代工芸への視点―茶事をめぐって」展にちなみ、茶事に関する名品を選…詳細 »

  • poster for 「所蔵作品展 こども工芸館/おとな工芸館 イロ×イロ」

    「所蔵作品展 こども工芸館/おとな工芸館 イロ×イロ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸
    • 2010年07月09日 〜 2010年08月29日

    この夏、工芸館がとりどりの色で染まります。会場はまさに、みて歩く色図鑑。赤一色とりあげても、バリエーションは豊富です。黄味がかった赤、紫に近い赤、燃えるような赤、穏やかな赤…。また、トーンが似ていたと…詳細 »

  • poster for 「所蔵作品展 アール・デコ時代の工芸とデザイン」

    「所蔵作品展 アール・デコ時代の工芸とデザイン」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[5]
    • メディア グラフィックデザイン ・ 工芸 ・ トーク
    • 2010年04月27日 〜 2010年06月27日

    1920年代のヨーロッパで花開いたアール・デコは、鉄道、飛行機、自動車が都市の風景を変貌させたマシン・エイジとも呼ばれる時代の美意識を体現する新しい装飾様式でした。アール・デコという名称は、芸術と工業…詳細 »

  • poster for 「所蔵作品展 近代工芸の名品―花」

    「所蔵作品展 近代工芸の名品―花」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸
    • 2010年02月11日 〜 2010年04月18日

    花は、人の心をなぐさめ、また浮き浮きとした気分を呼び起こします。そんな花の可憐な姿を、日本では昔から身のまわりのものに表し、四季のうつろいを楽しんできました。工芸の世界では、花からインスピレーションを…詳細 »

  • poster for 「現代工芸への視点―装飾の力」展

    「現代工芸への視点―装飾の力」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 工芸
    • 2009年11月14日 〜 2010年01月31日

    近年の装飾に対する意識の高まりは、日常の生活の中でも強く感じられ、さまざまな現象として見ることができます。身近なところでは、デコレーションの短縮形である「デコ」という言葉とともに表されたデコ電や、ネイ…詳細 »

  • poster for 「人間国宝・巨匠コーナー」展

    「人間国宝・巨匠コーナー」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2009年09月04日 〜 2009年11月03日

    工芸館では、所蔵作品の中から、国内外の工芸やデザインを代表する作家の作品を常時紹介する展示コーナーを設けています。詳細 »

  • poster for 「染野夫妻陶芸コレクション」展

    「染野夫妻陶芸コレクション」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 陶芸
    • 2009年09月04日 〜 2009年11月03日

    イギリスの近代陶芸の幕開けに寄与したバーナード・リーチをはじめ、濱田庄司、荒川豊藏、三輪壽雪、三輪休和、塚本快示、岡部嶺男、藤本能道など、染野ご夫妻が収集された陶芸作品には、日本の陶芸の発展をみるうえ…詳細 »

  • 「こども工芸館 ¿ ! コレクション、おとな工芸館 涼しさ招く」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 彫刻・立体 ・ 工芸 ・ トーク
    • 2009年07月07日 〜 2009年08月30日

    当館研究員によるガイド 2009年7月19日(日)、2009年8月2日(日) 14:00-15:00 鑑賞プログラム「タッチ&トーク」 会期中の毎週水・土曜日、14:00-15:00詳細 »

  • poster for 「所蔵作品展 ヨーロッパの工芸とデザイン - アール・ヌーヴォーから現代まで」

    「所蔵作品展 ヨーロッパの工芸とデザイン - アール・ヌーヴォーから現代まで」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア プロダクト ・ 工芸
    • 2009年05月16日 〜 2009年06月28日

    工芸館が開館して30年以上がたち、これまでに収集してきた工芸・デザイン作品はおよそ3,000点になります。今回の展覧会では、そのなかからヨーロッパの工芸およびデザイン作品約120点を特集して展示し、1…詳細 »

  • poster for 「所蔵作品展 近代工芸の名品 - 花」

    「所蔵作品展 近代工芸の名品 - 花」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2009年03月07日 〜 2009年05月10日

    工芸作品の意匠には、季節の移り変わりや自然の豊かな営みが映し込まれているものが数多く見られます。とくに、四季折々の変化と豊かさを端的に示す“花” という主題は、陶磁や染織、漆工、金工など、工芸のすべて…詳細 »

  • poster for 「所蔵作品展 きものの輝き/漆・木・竹工芸の美」

    「所蔵作品展 きものの輝き/漆・木・竹工芸の美」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア ファッション ・ 工芸
    • 2008年12月20日 〜 2009年02月22日

    「きものの輝き」 伝統的なフォルムには、長い時間によって磨きだされた洗練の美があります。と同時に、過去から伝わったという固定観念は、対象を古めかしく、現代に生きる私たちとは、何か別種のものであるよう…詳細 »

  • poster for 「かたちのエッセンス - 平松保城のジュエリー」展

    「かたちのエッセンス - 平松保城のジュエリー」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 工芸 ・ トーク
    • 2008年10月04日 〜 2008年12月07日

    平松保城(1926‐ )は、日本の彫金の伝統を受け継ぎましたが、それを現代の感覚に即して捉えなおし、金属造形に斬新な解釈を試みた作品を発表してきました。洗練されたなかにも温かみ溢れる造形で、とりわけジ…詳細 »

  • poster for 「所蔵作品展 こども工芸館 装飾/デコ」

    「所蔵作品展 こども工芸館 装飾/デコ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸 ・ トーク
    • 2008年07月17日 〜 2008年09月23日

    工芸にはさまざまな装飾が施されています。工芸に見られる装飾模様は、長い歳月の中で育まれた歴史を背負っており、そこにはさまざまな意味がこめられています。装飾模様は器物を飾り、私たちの想像力をかきたててく…詳細 »

  • poster for 「所蔵作品展I ヨーロッパの近代工芸とデザイン-アール・デコを中心に-  II 新収蔵作品展 2006-2007」展

    「所蔵作品展I ヨーロッパの近代工芸とデザイン-アール・デコを中心に- II 新収蔵作品展 2006-2007」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 工芸 ・ 陶芸
    • 2008年05月20日 〜 2008年07月06日

    I: ヨーロッパの近代工芸とデザイン ―アール・デコを中心に― 工芸館では、近代デザイン史上重要な作品の収集と展示を心がけてきました。所蔵作品展第1部では、中でも力を入れてきたアール・デコのポスター…詳細 »

  • poster for 「近代工芸の名品 - 花と人形」展

    「近代工芸の名品 - 花と人形」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸
    • 2008年02月26日 〜 2008年05月11日

    近代工芸を創造してきた多くの工芸家たちは、豊かな自然が育む花の美しさや形象を描写し造形化してきました。色絵や蒔絵、友禅といった、立体の器物や着物、あるいは衝立、額面等の平面に工芸の魅力とともに作者の個…詳細 »

  • poster for 「開館30周年記念展 II: 工芸の力 - 21世紀の展望」

    「開館30周年記念展 II: 工芸の力 - 21世紀の展望」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 彫刻・立体 ・ 工芸 ・ 陶芸
    • 2007年12月14日 〜 2008年02月17日

    現代の工芸は、長い歴史と伝統をふまえつつも、時代や社会の変化、さらには既存の造形芸術の影響を受けながら、工芸としての自立と拡張を目指して発展してきました。陶、ガラス、染織、漆、金属などの、いわゆる工芸…詳細 »

  • poster for 「開館30周年記念展 I 工芸館30年のあゆみ」展

    「開館30周年記念展 I 工芸館30年のあゆみ」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 絵画 ・ ドローイング ・ 工芸
    • 2007年10月06日 〜 2007年12月02日

    この展覧会は3部より構成され、工芸館開設準備から開館記念展まで、展覧会のあゆみ、そしてコレクションの形成までを作品とともに紹介します。 ギャラリートークの日程、その他詳細に付いてはサイトをご覧下…詳細 »

  • poster for 「所蔵作品 I. たんけん!こども工芸館 II. 現代のガラス」展

    「所蔵作品 I. たんけん!こども工芸館 II. 現代のガラス」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 工芸 ・ トーク
    • 2007年07月14日 〜 2007年09月24日

    [I たんけん!こども工芸館]  東京国立近代美術館が所蔵する工芸や絵画のなかから、空、海、風、木、草、花といったモチーフが描かれた作品をセレクションし、それらをまるで未知なる空間を巡るような「探検…詳細 »

  • poster for 「友禅と型染」展

    「友禅と型染」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア ファッション ・ 工芸 ・ トーク
    • 2007年06月02日 〜 2007年07月08日

    友禅と型染は、いずれも日本の染めを代表する技法です。友禅染は大変手間のかかる技法ですが、絵画のように自由な図柄を表現できるのが特色です。江戸時代中期に完成され、東京、京都、金沢で発達しました。近代にお…詳細 »

  • poster for 「元祖インダストリアルデザイナー: クリストファー・ドレッサー」展

    「元祖インダストリアルデザイナー: クリストファー・ドレッサー」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア プロダクト ・ 陶芸 ・ トーク
    • 2007年06月02日 〜 2007年07月08日

    クリストファー・ドレッサー(1834-1904)は、イギリスで最初のインダストリアルデザイナーとして活躍した人物です。植物学者としての経歴を持つドレッサーは、19世紀後半、工業化社会が進展するイギリス…詳細 »

  • poster for 岡部嶺男 「青磁を極める」

    岡部嶺男 「青磁を極める」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 陶芸 ・ トーク
    • 2007年03月06日 〜 2007年05月20日

    青瓷(青磁)は玉への憧れから中国で生まれたと言われているように、美しい釉色を特徴とするやきものです。産地や時代ごとにその色合いに変化が見られ、一口で語ることのできない広がりと奥の深さを持っています。日…詳細 »

  • poster for 「漆芸界の巨匠 人間国宝 松田権六の世界」展

    「漆芸界の巨匠 人間国宝 松田権六の世界」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸 ・ トーク
    • 2006年12月19日 〜 2007年02月25日

    工芸界の巨匠松田権六は、近代漆芸に偉大な芸術世界を築き上げた作家であり、わが国の伝統工芸の発展にきわめて重要な功績を残しました。 金沢に生まれた松田は、加賀蒔絵の伝統を踏まえつつ、正木直彦東京美…詳細 »

  • poster for 「ジュエリーの今: 変貌のオブジェ」展

    「ジュエリーの今: 変貌のオブジェ」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア ファッション ・ 工芸 ・ トーク
    • 2006年10月07日 〜 2006年12月10日

    指輪や首飾りを身につける習慣が長い間途絶えていた日本で、ジュエリーが用いられるようになったのは、明治時代以降、服装の西欧化が進んだ時代のなかでのことでした。作家がジュエリーを制作の対象として意識し始め…詳細 »

  • poster for 萩焼の造形美 人間国宝: 三輪壽雪の世界

    萩焼の造形美 人間国宝: 三輪壽雪の世界

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 陶芸
    • 2006年07月15日 〜 2006年09月24日

    萩焼の重要無形文化財保持者(人間国宝)で、96歳の今なお現役の陶芸家として活躍している三輪壽雪氏(十一代休雪)。萩の伝統的な素材や技法を忠実に守り、兄・十代休雪(後の休和)が探求し、萩焼に新境地をもた…詳細 »

  • poster for 所蔵作品展 近代工芸の百年/特集展示 ルーシー・リーとハンス・コパー

    所蔵作品展 近代工芸の百年/特集展示 ルーシー・リーとハンス・コパー

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 工芸
    • 2006年05月27日 〜 2006年07月02日

    所蔵作品による「近代工芸の百年」展では、わが国の明治期以降現代にいたる、特有の優れた技術と伝統を背景に芸術上の多様な発展を遂げてきた近代工芸を歴史的な流れを示しながら紹介します。明治期頃からの博覧会の…詳細 »

  • poster for 所蔵作品展 花より工芸: 新収蔵作品を中心に 2001-2006

    所蔵作品展 花より工芸: 新収蔵作品を中心に 2001-2006

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 工芸
    • 2006年03月14日 〜 2006年05月21日

    工芸館では毎年、近代工芸史上重要な工芸家の作品や、現代の動向を示す作品を収蔵しています。2001年から2005年までの5年間に、購入や寄贈により、新たに約200点の作品がコレクションに加わりました。 …詳細 »

  • poster for 所蔵作品展 近代工芸の百年

    所蔵作品展 近代工芸の百年

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 彫刻・立体 ・ ファッション ・ 工芸
    • 2005年12月10日 〜 2006年03月05日

    近代日本の工芸は、個人の美意識に基づく作品の創造を目指した工芸家たちによって発展し、今日みられるような様々な特色を生み出しました。ひとりの制作者においても伝統と革新とは常に相克し、素材や技法に立ち向か…詳細 »

  • poster for 日本のアール・ヌーヴォー 1900−1923:工芸とデザインの新時代

    日本のアール・ヌーヴォー 1900−1923:工芸とデザインの新時代

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸
    • 2005年09月17日 〜 2005年11月27日

    今からおよそ百年前、1900年にパリで開催された万国博覧会では、アール・ヌーヴォーがその絶頂期をむかえていました。 「新しい芸術」を意味するアール・ヌーヴォーは、過去の装飾様式から脱却して自然の形態…詳細 »

  • poster for 所蔵作品展「こども工芸館—動物とあそぼう」

    所蔵作品展「こども工芸館—動物とあそぼう」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア グラフィックデザイン ・ 工芸 ・ 陶芸
    • 2005年07月05日 〜 2005年09月04日

    当館では、昨年ご好評をいただいた夏休み企画に続き、今年の夏も動物を題材とした作品を特集し、小・中学生向けの多彩なイベントとともに、皆さまのご来館をお待ちしています。 近代工芸・デザインの発展のなかで…詳細 »

  • poster for 近代工芸の百年

    近代工芸の百年

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2005年03月08日 〜 2005年04月17日

    近代工芸は、明治期の輸出工芸の時代を経て、芸術的個性表現を見出して以来、急速な発展を遂げてきました。本展では、輸出工芸の頃の作品を始めとして、大正末期から昭和初期頃のモダニズムや民藝、官展等に活躍し戦…詳細 »

  • 人間国宝の日常のうつわ―もう一つの富本憲吉

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 陶芸
    • 2004年12月11日 〜 2005年02月27日

    富本憲吉(1886−1963)は、白磁や色絵、金銀彩作品などを制作する一方で、国内各地の窯業地に赴き、その地でつくられた既製の素地を用いて、日常の生活に結びついた陶磁器の制作も積極的に行いました。本展…詳細 »

  • 非常のオブジェ ー現代工芸の11人

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2004年09月18日 〜 2004年12月05日

    戦後、さかんとなったいわゆる「オブジェ」の登場は、工芸に、造形芸術の広い視野において検証される契機をもたらしました。これにより「用途という拘束から工芸は解き放たれ、自由な創造を保障する安全圏に送り込ま…詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use