うらわ美術館の過去イベントのリスト

以下はうらわ美術館で行われた過去のイベントのリストです。 現在のイベント、もうすぐ始まるイベントに関しては、 このスペースのページに掲載しております。

  • poster for どこかでお会いしましたね 2017 - 地域を超えて

    どこかでお会いしましたね 2017 - 地域を超えて

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ 絵画 ・ ドローイング ・ 版画 ・ 彫刻・立体 ・ インスタレーション ・ 工芸 ・ 陶芸 ・ パーティー ・ トーク
    • 2017年03月15日 〜 2017年03月19日

    「どこかでお会いしましたね2017」は前回と同様、浦和旧中山道周辺の店舗、公共施設、美術展示施設等に地元美術家の作品を展示します。 美術館出展作家: 須惠朋子、高草木裕子、高島芳幸、田中千鶴子、田中…詳細 »

  • poster for 絵本をめぐる世界の旅 - ブラティスラヴァ世界絵本原画展

    絵本をめぐる世界の旅 - ブラティスラヴァ世界絵本原画展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ 絵画 ・ ドローイング
    • 2015年07月11日 〜 2015年08月30日

    世界最大規模の絵本原画コンクールである同展では、実際に出版された絵本の原画を対象にしています。BIBは、芸術性の高い作品や、実験的でユニークな作品が集まることでも知られています。 このたびの展覧会では…詳細 »

  • poster for 「開館15周年記念 サッカー展、イメージのゆくえ。」

    「開館15周年記念 サッカー展、イメージのゆくえ。」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 写真 ・ 彫刻・立体 ・ 映像・映画 ・ トーク
    • 2014年04月26日 〜 2014年06月22日

    古代ギリシャにおいて運動する身体は造形的主題となり、私たちに肉体を通した造形美をもたらしました。その後、宗教的祝祭と未分化なまま共存していた「運動する身体」は、19世紀の近代化の過程の中で分節化され、…詳細 »

  • poster for 阿佐見昭彦 「密やかな記憶Ⅲ」

    阿佐見昭彦 「密やかな記憶Ⅲ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2014年04月08日 〜 2014年04月13日
  • poster for 阿佐見昭彦 「密やかな記憶 Ⅱ」

    阿佐見昭彦 「密やかな記憶 Ⅱ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年04月02日 〜 2013年04月07日

    静謐な、またできるだけ自然な切り口で、人間と建築と、街を撮影した作品。密やかな記憶Ⅰは2007年~8年にかけて、東京銀座、大阪梅田、仙台のキヤノンサロンで行った。本展示会はその続編。 詳細 »

  • poster for 「アートとブックのコラボレーション -出会いをめぐる美術館の冒険-」展

    「アートとブックのコラボレーション -出会いをめぐる美術館の冒険-」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画 ・ ドローイング ・ 彫刻・立体 ・ プロダクト
    • 2011年11月23日 〜 2012年01月22日

    本展は、うらわ美術館の「本をめぐるアート」のコレクションとそれに関連する北九州市立美術館のコレクションをもとに構成されます。 当館は、国内では初の試みとして「本をめぐるアート」を収集の柱に活動をして…詳細 »

  • コレクションによるテーマ展XI: 「郵便がつなぐ美術」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • 2008年11月15日 〜 2009年01月25日

    美術作品の中には、カンヴァスに描かれた絵や彫刻だけでなく、はがきや切手をモチーフにしたものや、郵便制度を取り込んで成立しているものがあります。日本では20世紀初め、私製はがきの認可後まもなく絵はがきブ…詳細 »

  • 「氾濫するイメージ—反芸術以後の印刷メディアと美術1960's-70's」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画 ・ 版画 ・ トーク
    • 2008年11月15日 〜 2009年01月25日

    1960年代の前衛美術は、現代音楽や舞踏、デザインなど、他のジャンルを横断するように越境し、いわゆる「反芸術」と名付けられました。続く70年代は、素材そのものをそのまま提示する「もの派」や、言語や記号…詳細 »

  • 「岸田劉生の軌跡」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2007年11月17日 〜 2008年01月27日

    近代日本の洋画を代表する一人である岸田劉生は、愛娘麗子をモデルとした絵をはじめ、多くの作品で知られています。1891(明治24)年に生まれ、 1929(昭和4)年にこの世を去った劉生は、わずか38歳と…詳細 »

  • 「コレクションによるテーマ展 X: 写真とアーティスト・ブック」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2007年11月17日 〜 2008年01月27日

    様々な捉え方がある"アーティスト・ブック"を定義するのは非常に困難ですが、ひとつの考え方として、1960年代以降に美術家が作品集としてではなく表現媒体の一つとして冊子を意識し、制作した本のことを、狭義…詳細 »

  • 「一水会と光風会の画家たち - 収蔵作品より」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ ドローイング ・ 工芸
    • 2007年09月08日 〜 2007年10月08日

    当館では、9月8日(土)~10月8日(月祝)の会期にて「風景、そして人…高田誠と渡辺武夫展」を開催します。高田誠は一水会の、渡辺武夫は光風会の、それぞれ重鎮の画家でした。本展ではそれに関連して、収蔵の…詳細 »

  • poster for 「風景、そして人・・・高田誠と渡辺武夫」展

    「風景、そして人・・・高田誠と渡辺武夫」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2007年09月08日 〜 2007年10月08日

    うらわ美術館では、地域ゆかり作家の優れた作品の収集を収集方針の1つにしています。本展ではゆかり作家の中でも、中核をなす作家である二人の画家を紹介します。 高田誠は1913(大2)年浦和(現・さいたま…詳細 »

  • poster for 「世界の絵本がやってきた ブラティスラヴァ世界絵本原画展」

    「世界の絵本がやってきた ブラティスラヴァ世界絵本原画展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ 映像・映画 ・ 公募展
    • 2007年07月14日 〜 2007年09月02日

    ブラティスラヴァ世界絵本原画展は、1967年よりスロヴァキア共和国の首都ブラティラヴァで2年1度開かれている、世界最大規模の絵本原画展です。日本でもよく知られているボローニャ国際絵本原画展が新人作家の…詳細 »

  • poster for 「コレクションによるテーマ展IX 和を装う本」展

    「コレクションによるテーマ展IX 和を装う本」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2007年04月28日 〜 2007年06月24日

    日本の書物は、古来より巻子本や折本、冊子などの形態で活用されてきました。巻子本は物語絵巻や道中絵巻といった巻物で、折本はお経の形で用いられているのをどこかで目にしたことがあるでしょう。冊子形態では室町…詳細 »

  • poster for 「生誕100年記念 須田剋太 生命の讃歌」展

    「生誕100年記念 須田剋太 生命の讃歌」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ トーク
    • 2007年04月28日 〜 2007年06月24日

    須田剋太は、独特のおかっぱ頭とつなぎのジーンズという風貌で知られていますが、作品でも強烈な個性を示しました。1906年埼玉県吹上町で生まれ、その後浦和(現・さいたま市)に出て油絵を学びました。東京美術…詳細 »

  • 版画でめぐるパリ − 藤田嗣治とアルベルト・ジャコメッティ

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 版画
    • 2006年09月09日 〜 2007年02月18日

    この展覧会では、藤田とジャコメッティが愛しんだパリの街を紹介しながら、二つの挿絵本に収められた版画約70点を展示します。二人は一体どのような場所を描いたのでしょうか。作風は全く異なりますが、それぞれに…詳細 »

  • ヨゼフ・ウィルコン展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア グラフィックデザイン ・ イラスト ・ 彫刻・立体 ・ トーク
    • 2006年07月08日 〜 2006年10月09日

    本展は、ヨゼフ・ウィルコンによる動物をテーマにした作品を紹介するものです。ウィルコンは東欧を代表する絵本画家であり、グラフィックデザイナーや彫刻家としても、動物を主役にした数々の作品を作り出しています…詳細 »

  • 四方田草炎 展「竹林」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2006年04月29日 〜 2006年06月18日

    昭和6年から11年頃まで浦和に滞在した四方田草炎(1902−1981)は、戦中、空襲によって手元にあった全ての本画を焼失します。そして戦後、しばらくは本画も描いていますが、次第にデッサンばかり描くよう…詳細 »

  • poster for 培広庵コレクション「近代の美人画—その耽美と憂愁」

    培広庵コレクション「近代の美人画—その耽美と憂愁」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2006年04月29日 〜 2006年06月18日

    「女性美」は、古今東西を問わず、美術の永遠のテーマであると言ってよいでしょう。特に江戸時代は、浮世絵の流行とともに美人画が最も愛された時代でした。明治以降も、依然根強い人気を保って珠玉の名品が数多く描…詳細 »

  • poster for 挿絵本のたのしみ−近代西洋の彩り

    挿絵本のたのしみ−近代西洋の彩り

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア イラスト ・ 版画
    • 2005年11月19日 〜 2006年02月19日

    19世紀から20世紀初頭は、多くの美しい挿絵本が作られ、広く愛された時代と言えるでしょう。この時期、印刷技術の発達によって、また本が庶民の生活の中に浸透してゆくにつれて、数々の魅力的な色刷りの本が生ま…詳細 »

  • 浦和アトリエ村−画家と郊外 / 田中保 / 遊べる本、作ってみたい本のいろいろ

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ プロダクト
    • 2005年07月16日 〜 2005年10月11日

    さいたま市・岩槻市合併記念として、三つの展覧会を同時開催 します。 1) 関東大震災以降の浦和には美術家たちが多く移り住み、アトリエ村のようだと言われました。須田剋太ら6人の特徴ある美術家の足跡を、…詳細 »

  • poster for ヨーロッパ絵画名作展−宮廷絵画からバルビゾン派へ−

    ヨーロッパ絵画名作展−宮廷絵画からバルビゾン派へ−

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2005年04月29日 〜 2005年06月26日

    日本では、印象派とそれ以後のフランス絵画を中心とした美術に特に人気があります。しかし西洋の長い絵画の伝統の中では、宗教や神話、文学、歴史に深く根ざしたそれまでの「物語る」絵画の方がむしろ主流であったと…詳細 »

  • 開館5周年記念 フルクサス展-芸術から日常へ

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 版画 ・ 映像・映画
    • 2004年11月20日 〜 2005年02月20日

    1960年代から70年代にかけて、アメリカ、ヨーロッパ、日本の各地で展開したフルクサスは、音楽、詩、美術、映画、演劇など様々なメディアを横断し、一見芸術とは無関係の食事やスポーツ、さらに清掃や冠婚葬祭…詳細 »

  • 瑛九/本をめぐるアート

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画 ・ 版画
    • 2004年11月06日 〜 2005年02月20日

    当館では、二つの収集方針「地域ゆかりの作家の作品」「本をめぐるアート」に基づき、作品の収集を行っています。 本展(後期)では、「地域ゆかりの作家の作品」から瑛九(えいきゅう)の作品を、「本をめぐるア…詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use