スプラウト・キュレーションの過去イベントのリスト

以下はスプラウト・キュレーションで行われた過去のイベントのリストです。 現在のイベント、もうすぐ始まるイベントに関しては、 このスペースのページに掲載しております。

  • poster for 「JPN (Joy, Place, or Not)」展

    「JPN (Joy, Place, or Not)」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2014年12月06日 〜 2014年12月26日

    スプラウト・キュレーションでは、この度 JPNを開催いたします。JPNは2014年8月ドイツ・カールスルーエ のアートスペース Kunstverein Letschebach で開催された “Japa…詳細 »

  • poster for 青木豊 「Movements」

    青木豊 「Movements」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体 ・ パーティー
    • 2014年08月02日 〜 2014年09月06日

    絵画のアップデートを果敢に試みる若きペインター青木豊。二次元と三次元の中間的な非正数次元に迷い込むような 独特な絵画世界は、前回の個展や現在オペラシティ・ギャラリーで開催中の「絵画の在りか」展でも高い…詳細 »

  • poster for 木村太陽 展

    木村太陽 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア グラフィックデザイン ・ 絵画 ・ インスタレーション ・ パーティー
    • 2014年06月21日 〜 2014年07月26日

    木村太陽の批判の対象となるのは、因習やシステム、自然や人間の生理と政治性の関わりなど、我々自身を取り囲む日常の些細な事象で、愚直なまでに根気の要る作業を積み重ねる制作プロセスは、大いなる回り道を辿るか…詳細 »

  • poster for 立花博司 「Emerge」

    立花博司 「Emerge」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2014年05月10日 〜 2014年06月14日

    今回の展覧会のために20年ぶりに日本に長期滞在し制作された作品は、作家として自身のアイデンティティを改めて再考察する機会とし、意識の中の無意識を拾い上げることにより、表層には現れてこない記憶や視覚を浮…詳細 »

  • poster for 服部憲明 「Temporary Correctness」

    服部憲明 「Temporary Correctness」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2014年03月22日 〜 2014年05月02日

    制作行為を通して解決すべき一連の問題系の枠とは、「ペインティングの現在を可能にしたものを解析/演算し、ペインティングの現在が可能にするものを提示すること」である。4つの行程(イメージの下加工、データの…詳細 »

  • poster for 池上直哉 「SYNCHRONICITY」

    池上直哉 「SYNCHRONICITY」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 写真
    • 2014年02月01日 〜 2014年03月08日

    スプラウト・キュレーションでは、池上直哉の個展を開催いたします。大野一雄の美しく官能的なアウラが香り立つような写真は、アントニー&ザ・ジョンソンズのジャケットに採用されるなど、舞踏や写真の研究者にとど…詳細 »

  • poster for 榎本耕一 「GOOD LIFE」

    榎本耕一 「GOOD LIFE」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 彫刻・立体
    • 2013年12月07日 〜 2014年01月18日
  • poster for 「V」

    「V」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2013年10月12日 〜 2013年11月09日
  • poster for 「SOMANYIMAGES」

    「SOMANYIMAGES」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体 ・ インスタレーション
    • 2013年07月27日 〜 2013年09月21日

    この「SOMANYIMAGES」に集められた作品は、すべてイメージでなければならない。 つまり娑婆(物質性)の重力を振り切り、ここへたどり着いたのでなければならない。「現代アー トなど、所詮コンセプト…詳細 »

  • poster for 青木豊 「BREAK THROUGH IN A GREY ROOM」

    青木豊 「BREAK THROUGH IN A GREY ROOM」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2013年06月15日 〜 2013年07月20日

    [画像: 青木豊「Untitled」(2013年)]詳細 »

  • poster for 榎倉冴香 「eyes and glasses」

    榎倉冴香 「eyes and glasses」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 絵画 ・ パーティー
    • 2013年02月02日 〜 2013年03月02日

    2年ぶり2回目となる今回は、モチーフである「弱視の人」の眼と、その眼鏡の間に起こる視覚世界の置換を通じ、鑑賞者の意識が物質的な現実とは違う位相へと、静かに潜り込んでいく独自のアプローチを試みています。…詳細 »

  • poster for 中原昌也 + 木村太陽 + 松原壮志朗 「GIVEN/LOST」

    中原昌也 + 木村太陽 + 松原壮志朗 「GIVEN/LOST」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 写真
    • 2012年12月08日 〜 2013年01月26日

    「与えられたとせよ」というマルセル・デュシャンの言葉が、モダニズムのアートへ打ち込まれた最初のくさびであったとして、過剰に与えられすぎた我々にはむしろ喪失感こそがリアルな感覚です。そして震災/原発事故…詳細 »

  • poster for 服部憲明 展

    服部憲明 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ パーティー
    • 2012年09月29日 〜 2012年11月17日

    大学で金融工学を学びながら、卒業後は一転、アートへと舵を切り渡英。昨年帰国した異色の経歴を持つ新人作家の初個展です。詳細 »

  • poster for 三木仙太郎 「身に余る皮 - Intermission Project #04 -」

    三木仙太郎 「身に余る皮 - Intermission Project #04 -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア インスタレーション
    • 2012年08月11日 〜 2012年09月15日
  • poster for 今井智己 + 井上信也 「キアスム/交差する視線」

    今井智己 + 井上信也 「キアスム/交差する視線」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画 ・ 写真
    • 2012年07月07日 〜 2012年08月04日

    キアスム (Chiasme)とは、現象学者メルロ=ポンティが、精神と肉体、主体と客体という、二元論的分離を回避するために生み出した造語的概念で、見るものと見られるものが相互に交差する、ない交ぜの状態を…詳細 »

  • poster for 荻野僚介 「腕が当たったから窓を開けた」

    荻野僚介 「腕が当たったから窓を開けた」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2012年06月02日 〜 2012年06月30日

    ペインター荻野僚介は1970年生まれ。筆致や濃淡など、一切の主体の痕跡を消去するかのようなクールな抽象色面は、それでいて、あえて具象に裏返ってみせたり、そのペインタリーな振る舞いの中には、時にユーモラ…詳細 »

  • poster for 杉田陽平 「めぐり逢う時間たち」

    杉田陽平 「めぐり逢う時間たち」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 絵画
    • 2012年04月21日 〜 2012年05月26日

    杉田陽平は、これまで、一貫して人間の身体と心にまつわる苦悩や喜びをテーマとして制作活動を続けてきまし た。特に、3.11の未曾有の大震災や原発事故を受けて、その眼差しは、作家個人の事象からより普遍的…詳細 »

  • poster for 中原昌也 展

    中原昌也 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア ドローイング
    • 2012年03月17日 〜 2012年04月14日

    スプラウト・キュレーションでは、ときに「異端」として賛否を二分する、この特異なアーティストの個展を開催いたします。ボールペンやインクなど身近な画材を使い、コラージュを組み合わせる手法で制作される数々の…詳細 »

  • poster for 市川孝典 「frozen」

    市川孝典 「frozen」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画 ・ パーティー
    • 2012年02月04日 〜 2012年03月03日

    市川孝典は線香の淡い炎を使い仕立てるというスタイルで「現代絵画を全く異なる方向に大きく旋回させた」と称され一躍注目を集めました。自らの記憶を辿って紡ぎだされる作品群は触れただけでくずれてしまいそうな緊…詳細 »

  • poster for マリーン・マリノ + 谷口真人 「Daughters of the Lonesome Isle(孤島の娘たち)」展

    マリーン・マリノ + 谷口真人 「Daughters of the Lonesome Isle(孤島の娘たち)」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[9]
    • メディア 絵画 ・ 写真 ・ パーティー
    • 2011年12月10日 〜 2012年01月28日

    この展覧会のタイトルは、アメリカの現代音楽作曲家、故・ジョン・ケージのプリペアド・ピアノの楽曲名から引用しました。本展ではあえて女性をテーマにしていますが、現在世界 各地で巻き起こるデモや、激動する政…詳細 »

  • poster for 「素描 / エクリチュール 」展

    「素描 / エクリチュール 」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア ドローイング
    • 2011年10月01日 〜 2011年11月12日

    「過去」でもなく「未来」でもない、「残りの時 (G・アガンベン)」としての「現在」 を、如何に描き留めるか。優れたドローイングは、「現在」という特別な時間と対峙する強靱な精神性を内包しています。本展は…詳細 »

  • poster for 村田峰紀「アフターイメージ」

    村田峰紀「アフターイメージ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア パフォーマンス
    • 2011年09月24日 〜 2011年09月24日

    アフターイメージ afterimage:今まで確かに存在していたものが、何か別の力によって全て消えてしまった後の残像、そしてその後にまた新たに生み出されるイメージ。震災後、アーティストとして何ができる…詳細 »

  • poster for 泉太郎 「ヤブ医者/髭の中」

    泉太郎 「ヤブ医者/髭の中」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア ドローイング
    • 2011年07月30日 〜 2011年09月17日
  • poster for FM「REISSUED WOMEN(AN HOMAGE TO DAVID SALLE)」

    FM「REISSUED WOMEN(AN HOMAGE TO DAVID SALLE)」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2011年06月11日 〜 2011年07月23日

    1980 年代。世界のアートシーンを熱狂させた「新・表現主義」の旗手デヴィッド・サーレが残した謎の写真集《DAVID SALLE : Photographs》の女たちが、二人の若き日本人アーティストか…詳細 »

  • poster for INTERMISSION PROJECT #01 梅津庸一「絵画説明会」

    INTERMISSION PROJECT #01 梅津庸一「絵画説明会」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ メディアアート
    • 2011年05月28日 〜 2011年06月04日

    スプラウト・キュレーションでは、インターミッション(幕間)・プロジェクトとして、次回展までの間に、様々な実験的な試みにも挑戦していきます。 その第一弾として、アーティスト梅津庸一(ALPS)の展…詳細 »

  • poster for 「オルター・ジャパンの冒険 -第一弾:禅と、サイケデリック-」展

    「オルター・ジャパンの冒険 -第一弾:禅と、サイケデリック-」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画 ・ 写真 ・ 映像・映画
    • 2011年04月02日 〜 2011年05月21日

    パンク、ノイズ、サイケデリック、オルタナティブ、ヒップホップ、ゴス…。一端は文物として輸入されたアメリカ・ヨーロッパ発のカルチャーは、日本語という特異な言語空間と、だらしなく垂れ下がる黒い電線が、不作…詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use