ポーラ美術館の過去イベントのリスト

以下はポーラ美術館で行われた過去のイベントのリストです。 現在のイベント、もうすぐ始まるイベントに関しては、 このスペースのページに掲載しております。

  • poster for 「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」展

    「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 工芸 ・ ワークショップ ・ トーク
    • 2017年03月18日 〜 2017年09月24日

    ポーラ美術館は、開館15周年を記念して、20世紀を代表する芸術家パブロ・ピカソ(1881‐1973)とマルク・シャガール(1887‐1985)の接点を探り、二人の多彩な画業をたどる展覧会を開催します。…詳細 »

  • poster for 「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ - 境界線への視線」

    「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ - 境界線への視線」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画 ・ 写真
    • 2016年09月10日 〜 2017年03月03日

    かつて壁や防塁に囲まれていた城砦都市パリ。20世紀初頭には、都市の周縁に移民や貧困者が住み着き、パリの街が拡張されてゆきました。その都市拡張のダイナミズムをなぞるように郊外に出現した風景を鋭くとらえた…詳細 »

  • poster for 「Modern Beauty -フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代」展

    「Modern Beauty -フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 版画 ・ ファッション ・ プロダクト ・ トーク
    • 2016年03月19日 〜 2016年09月04日

    ポーラ美術館では、財団設立20周年を記念して、コレクションの特徴のひとつである「女性の美」に焦点を当てる展覧会を開催いたします。19世紀のフランスでは、産業革命の波がファッションにも大きな影響を与え、…詳細 »

  • poster for 「自然と都市 - 印象派からエコール・ド・パリまで - 」展

    「自然と都市 - 印象派からエコール・ド・パリまで - 」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2015年10月03日 〜 2016年03月13日

    19世紀後半から近代化とともに変容する美意識は、風景との新たな関わり方を生み出しました。ゴーガンは未開のタヒチに、ルノワールやボナールは地中海の強い陽光が照らす南仏に魅せられ、自然の姿に理想を投影した…詳細 »

  • poster for 「セザンヌ - 近代絵画の父になるまで」

    「セザンヌ - 近代絵画の父になるまで」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2015年04月04日 〜 2015年09月27日

    「セザンヌはわれわれ皆の父親のような存在だった」という言葉を残したのはピカソですが、セザンヌはブラックやマティスをはじめとする20世紀を代表する芸術家たちに多大なる影響を与えた偉大な作家です。しかし、…詳細 »

  • poster for 「紙片の宇宙 シャガール、マティス、ミロ、ダリの挿絵本」

    「紙片の宇宙 シャガール、マティス、ミロ、ダリの挿絵本」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 版画
    • 2014年09月21日 〜 2015年03月29日

    20世紀絵画において冒険を試みたシャガール、マティス、ミロ、ダリをはじめとする画家たちは、版画の技法による、豪華な挿絵本の制作にも取り組んでいます。パリを中心に成熟を極めた挿絵本文化を土壌として、物語…詳細 »

  • poster for 「漆の化粧道具 - 江戸時代を中心に - 」

    「漆の化粧道具 - 江戸時代を中心に - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2014年09月18日 〜 2015年03月29日

    日本での漆の利用は先史時代にまでさかのぼり、紀元前4000年頃、縄文時代の遺跡からは漆塗りの櫛が出土しています。古くから寺院の装飾や上流階級の調度品などに用いられ、その様子は絵巻物などに描かれてきまし…詳細 »

  • poster for 「じっくり」展

    「じっくり」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2014年09月18日 〜 2015年03月15日

    ―「絵をみるって、むずかしい?」 「じっくり/JIKKURI」は、美術をより楽しんでいただくためのプロジェクトです。美術にはいろいろな楽しみ方があります。数ある楽しみ方のうちのひとつを提案するために…詳細 »

  • poster for 「ポーラ美術館の絵画 日本の洋画、西洋絵画」

    「ポーラ美術館の絵画 日本の洋画、西洋絵画」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2014年09月18日 〜 2015年03月29日

    ポーラ美術館が収蔵する西洋絵画・日本の洋画をご覧いただけます。詳細 »

  • poster for 「ポーラ美術館ガラス工芸名作選 - エミール・ガレとアール・ヌーヴォーの作家たち - 」

    「ポーラ美術館ガラス工芸名作選 - エミール・ガレとアール・ヌーヴォーの作家たち - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2014年09月18日 〜 2015年03月29日

    19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを魅了した芸術様式、アール・ヌーヴォー。優美な曲線を用いたこの装飾様式では、花や植物、昆虫といった自然にみられる有機的な形態が好まれました。今回の名作選では…詳細 »

  • poster for 「モディリアーニを探して アヴァンギャルドから古典主義へ」

    「モディリアーニを探して アヴァンギャルドから古典主義へ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ トーク
    • 2014年04月12日 〜 2014年09月15日

    短くも様々な逸話に彩られた人生とともに、その独自の芸術によって、今日もなお見る者の心に鮮烈な印象を残す、イタリア・リヴォルノ生まれの画家にして彫刻家、アメデオ・モディリアーニ(1884-1920)。長…詳細 »

  • poster for 「じっくり」展

    「じっくり」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2014年04月09日 〜 2014年09月15日

    -「絵をみるって、むずかしい?」 いいえ、作品と向き合うのに、知識は必ずしも必要ではありません。 ひとりひとり、その時々、作品との向き合い方は自由。無限の可能性があるはずです。でも、どこを見ればい…詳細 »

  • poster for 「ポーラ美術館の絵画 西洋絵画、日本の洋画、日本画」展

    「ポーラ美術館の絵画 西洋絵画、日本の洋画、日本画」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2014年04月09日 〜 2014年09月15日

    ポーラ美術館が収蔵する西洋絵画/日本の洋画/日本画をご覧いただけます。詳細 »

  • poster for 「ポーラ美術館ガラス工芸名作選」展

    「ポーラ美術館ガラス工芸名作選」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2014年04月09日 〜 2014年09月15日

    「ガレ、ドーム、ティファニー きらめくアール・ヌーヴォーの世界にようこそ」 19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを魅了した芸術様式、アール・ヌーヴォー。優美な曲線を用いたこの装飾様式では、花…詳細 »

  • poster for 「ルノワール礼讃 - ルノワールと20世紀の画家たち - 」

    「ルノワール礼讃 - ルノワールと20世紀の画家たち - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2013年12月01日 〜 2014年04月06日

    ルノワールは若き日の印象派としての活動で知られますが、1890年代後半以降は、女性像や花など自ら好むモティーフを、情感をのせた筆致で描き続ける職人的な気質をそなえた画家として、同時代の多くの作家たちの…詳細 »

  • poster for 「いろどる線とかたどる色」

    「いろどる線とかたどる色」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2013年12月01日 〜 2014年04月06日

    絵画における素材や技法には、代表的な油彩のほかにもパステルや水彩などがあり、画家たちはそれらの持ち味を生かして色や形をつくっています。1940年前後に油彩画から離れ、様々な技法に挑戦しつつ切り紙にもと…詳細 »

  • poster for 「ポーラ美術館の絵画 日本画、日本の洋画を中心に」

    「ポーラ美術館の絵画 日本画、日本の洋画を中心に」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2013年12月01日 〜 2014年04月06日

    ポーラ美術館が収蔵する日本画/日本の洋画/レオナール・フジタ コレクションをご覧いただけます。 [画像: 岡田三郎助 「あやめの衣」 (1927)]詳細 »

  • poster for 「モネ 風景をみる眼 - 19世紀フランス風景画の革新 -」

    「モネ 風景をみる眼 - 19世紀フランス風景画の革新 -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2013年07月13日 〜 2013年11月24日

    「モネは眼にすぎない、しかし何と素晴らしい眼なのか」。セザンヌのこの言葉は、生涯、戸外の光の表現を追求し続けた画家モネにもっともふさわしい賛辞ではないでしょうか。しかし彼の眼は、自然の風景から受け取る…詳細 »

  • poster for レオナール・フジタ 展

    レオナール・フジタ 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2013年07月13日 〜 2013年11月24日

    このたびポーラ美術館はレオナール・フジタ(藤田嗣治、1886-1968)の作品3点を新たに収蔵いたしました。フジタの画業の最初期の作品《キュビスム風静物》と、フジタ芸術の新たな側面を明らかにする晩年の…詳細 »

  • poster for 「ポーラ美術館 ガラス工芸名作選」

    「ポーラ美術館 ガラス工芸名作選」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ プロダクト ・ 工芸
    • 2013年07月13日 〜 2014年04月06日

    19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを魅了した芸術様式、アール・ヌーヴォー。優美な曲線を用いたこの装飾様式では、花や植物、昆虫といった自然にみられる有機的な形態が好まれました。本展では、ポーラ…詳細 »

  • poster for 「コレクター鈴木常司 美へのまなざし -第Ⅲ章 杉山寧とポーラ美術館の絵画-」展

    「コレクター鈴木常司 美へのまなざし -第Ⅲ章 杉山寧とポーラ美術館の絵画-」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画 ・ 陶芸 ・ トーク
    • 2013年03月01日 〜 2013年07月07日

    ポーラ美術館のコレクションは、ポーラ創業家二代目、鈴木常司(1930-2000)が戦後、40数年をかけて収集した作品群です。総数9500点に及ぶこのコレクションは、戦後の個人コレクションとしては質量と…詳細 »

  • poster for 「コレクター鈴木常司 美へのまなざし -第Ⅱ章 モネとポーラ美術館の絵画- 」展

    「コレクター鈴木常司 美へのまなざし -第Ⅱ章 モネとポーラ美術館の絵画- 」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2012年10月05日 〜 2013年02月26日

    ポーラ美術館開館10周年記念展「コレクター鈴木常司 美へのまなざし」は、コレクションの中でも人物像と関わりの深い作品群から、12の テーマを設定し、知られざるこのコレクターの人物像を分析し、ご紹介する…詳細 »

  • poster for 「コレクター鈴木常司 美へのまなざし -第Ⅰ章 ピカソとポーラ美術館の絵画- 」展

    「コレクター鈴木常司 美へのまなざし -第Ⅰ章 ピカソとポーラ美術館の絵画- 」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ トーク
    • 2012年07月14日 〜 2012年10月02日

    ポーラ創業家2代目鈴木常司が戦後、1950年代末から40数年をかけて収集したポーラ美術館のコレクションは、戦後の個人コレクションとしては質量ともに日本最大級の規模を誇ります。鈴木常司は寡黙な人物であっ…詳細 »

  • poster for 「印象派の行方〜モネ、ルノワールと次世代の画家たち〜」展

    「印象派の行方〜モネ、ルノワールと次世代の画家たち〜」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2012年01月21日 〜 2012年07月08日

    自然や都市に身を投じ、自らの眼に映る世界を明るい色彩で生き生きと描き出した、フランス印象派の画家たち。そのグループとしての活動は長く続かず、1870-1880年代の10年余り、計8回の展覧会をもって終…詳細 »

  • poster for 「レオナール・フジタ 私のパリ、私のアトリエ」展

    「レオナール・フジタ 私のパリ、私のアトリエ」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア イラスト ・ 絵画
    • 2011年03月19日 〜 2012年01月15日

    少女や裸婦、猫を描いた画家として親しまれているレオナール・フジタ(藤田嗣治、1886-1968)は、およそ60年にわたる長い画業のなかで、自画像をはじめとする肖像画や室内画、静物画、子どもを主題とした…詳細 »

  • アンリ・ルソー 「パリの空の下で ルソーとその仲間たち」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画
    • 2010年09月11日 〜 2011年03月13日

    不思議な魅力で観るものを惹きつけてやまない異色の画家アンリ・ルソー(1844-1910)の作品は、ポーラ美術館のコレクションのなかで特別な位置を占め、充実した内容を誇ります。本展覧会では、画家の歿後1…詳細 »

  • poster for 「ポーラ美術館の日本画」展

    「ポーラ美術館の日本画」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2010年03月13日 〜 2010年09月05日

    ポーラ美術館初の日本画展となる本展覧会では、収蔵作品の中から約120点を1期・2期に分け、当館の日本画コレクションを総覧いただきます。なかでも43点を数える杉山寧(1909 - 1993)の絵画コレク…詳細 »

  • poster for 「ボナールの庭、マティスの室内 -日常という魅惑」展

    「ボナールの庭、マティスの室内 -日常という魅惑」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2009年09月12日 〜 2010年03月07日

    「庭」と「室内」。どちらも人間の生活と切り離すことのできない空間として、西洋ではしばしば絵画に描かれてきました。キリスト教世界で「エデンの園」を起源とする庭は、現世から隔てられた楽園として、一方の室内…詳細 »

  • poster for 「肖像の100年: ルノワール、モディリアーニ、ピカソ」展

    「肖像の100年: ルノワール、モディリアーニ、ピカソ」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2009年03月14日 〜 2009年09月06日

    肖像は、古代より絵画・彫刻に表現されてきた伝統ある主題です。時の権力者たちは、力を誇示するために自らの肖像を記念碑的な彫刻やコインのデザインで示しました。墓碑彫刻では、故人を忘れないために生前の姿が表…詳細 »

  • poster for 「佐伯祐三とフランス」展

    「佐伯祐三とフランス」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2008年09月13日 〜 2009年03月08日

    1924年(大正13)1月、パリに到着した佐伯祐三(1898-1928)は、この年の初夏に、ゴッホが晩年を過ごしたオーヴェール=シュル=オワーズを訪れました。ゴッホが眠るこの地で、佐伯はフォーヴィスム…詳細 »

  • poster for 「シャガール - 私の物語」展

    「シャガール - 私の物語」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 絵画
    • 2008年03月29日 〜 2008年09月07日

    マルク・シャガールは、豊麗な色彩で幻想的な世界を描き出すだけでなく、素朴で温かな言葉で詩を謳い、若き日の思い出を綴りました。生涯にわたり画家は私的な記憶、人生、愛をテーマに制作を続けました。それらの絵…詳細 »

  • poster for 「モネと画家たちの旅ーフランス風景画紀行」 展

    「モネと画家たちの旅ーフランス風景画紀行」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2007年09月22日 〜 2008年03月23日

    ポーラ美術館では、開館5周年を記念して、コレクションによろ「モネと画家たちの旅ーフランス風景画紀行」展を開催いたします。この展覧会は、フランス各地、北から南までの地域と、さらに現像の世界を画家たちとと…詳細 »

  • poster for 「花の絵画 〜モネ、ルノワールから梅原隆三郎、横山大観など〜」展

    「花の絵画 〜モネ、ルノワールから梅原隆三郎、横山大観など〜」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2007年03月24日 〜 2007年09月17日

    花はいつの時代にも、自然や生活のなかで、私たちを楽しませてくれますね。さまざまな花があるように、美術作品のなかに登場する花のあり方も多彩です。収蔵作品のなかから花が描かれた西洋絵画、洋画、日本画、約9…詳細 »

  • poster for 「エミール・ガレ - Glass Works of the Art Nouveau」展

    「エミール・ガレ - Glass Works of the Art Nouveau」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2007年03月24日 〜 2007年09月17日

    フランス・ロレーヌ地方のナンシーに生まれたエミール・ガレ(1846〜1904)は、アール・ヌーヴォのガラス工芸を代表する作家として知られています。初公開作品を含むポーラ美術館のコレクションに加え、国内…詳細 »

  • poster for 「ドガ、ダリ、シャガールのバレエ  美術の身体表現」展

    「ドガ、ダリ、シャガールのバレエ  美術の身体表現」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体 ・ 工芸 ・ トーク
    • 2006年09月23日 〜 2007年03月18日

    バレエは、人間の身体の動きによって表現する芸術です。クラシック・バレエからコンテンポラリーまで、世界中で多くの人を魅了し続けています。かつて、多くの芸術家たちもバレエや舞踊に魅了され、作品制作のインス…詳細 »

  • poster for ピカソ 5つのテーマ

    ピカソ 5つのテーマ

    ブックマークする[0] 
    オススメする[7]
    • メディア 絵画 ・ トーク
    • 2006年03月18日 〜 2006年09月17日

    人、物、そして自らを変幻自在に描き、絵画のあらゆる可能性を開拓したピカソ。ポーラ美術館では、「青の時代」の《海辺の母子像》、「キュビスム時代」の《裸婦》をはじめ、青年期から晩年にいたるまでさまざまに変…詳細 »

  • poster for 黒田清輝・岸田劉生の時代

    黒田清輝・岸田劉生の時代

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体
    • 2005年09月03日 〜 2006年03月12日

    明治26年(1893)、黒田清輝のフランスからの帰国は近代洋画の方向を大きく変えることになりました。黒田は、藤島武二、岡田三郎助らと美術団体「白馬会」を結成します。みずみずしい生命の輝きや明るい外光を…詳細 »

  • poster for 開館3周年記念展 ポーラ美術館の印象派 ―モネ、ルノワール、セザンヌと仲間たち

    開館3周年記念展 ポーラ美術館の印象派 ―モネ、ルノワール、セザンヌと仲間たち

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画 ・ 版画 ・ 彫刻・立体
    • 2005年01月16日 〜 2005年08月28日

    1874年、パリのカピュシーヌ大通り35番地にあった、写真家ナダールのスタジオで「画家、彫刻家、版画家などによる、『共同出資会社』第1回展」という展覧会が開催されました。のちに「第1回印象派展」と呼ば…詳細 »

  • poster for 子どもの世界

    子どもの世界

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2004年06月05日 〜 2005年01月10日

    ポーラ美術館は、1950年代のコレクション形成の初期に収集されたレオナール・フジタ(藤田嗣治)の《誕生日》や、パブロ・ピカソの《花束を持つピエロに扮したパウロ》など、子どもを主題とした作品を数多く収蔵…詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use