大倉集古館の過去イベントのリスト

以下は大倉集古館で行われた過去のイベントのリストです。 現在のイベント、もうすぐ始まるイベントに関しては、 このスペースのページに掲載しております。

  • poster for 「大倉コレクションの精華III - 工芸品物語 美と技が語るもの - 」

    「大倉コレクションの精華III - 工芸品物語 美と技が語るもの - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2014年01月02日 〜 2014年03月30日

    大倉集古館の所蔵品は、その分野が広範に亘っていることが特徴の一つであります。本展ではその中から工芸に焦点を絞り、優品を陳べながらそれぞれの持つ形やデザインに秘められた意味、また技の伝承についてなどをわ…詳細 »

  • poster for 「描かれた都 開封・杭州・京都・江戸」展

    「描かれた都 開封・杭州・京都・江戸」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ トーク
    • 2013年10月05日 〜 2013年12月15日

    日本と中国の絵画において都市の景観や風俗などを画いた作品を中心に展観します。主に中世から近世の両国を代表するメトロポリスであり、画題としても好まれた4つの都、開封、杭州、そして京都、江戸をテーマとし、…詳細 »

  • poster for 「大倉コレクションの精華II - 近代日本画名品選 - 」

    「大倉コレクションの精華II - 近代日本画名品選 - 」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2013年08月03日 〜 2013年09月29日

    大倉財閥を継いだ長男・喜七郎は、父の残した蒐集品に更なる息吹を加えました。同時代の新しい画家たちを擁護し、その発展に尽力を続ける中で、昭和5年に実現させた「羅馬開催日本美術展」は喜七郎による芸術支援の…詳細 »

  • poster for 第4回 新作日本刀 研磨 外装 刀職技術展覧会 - 伝わる技 伝える技 -」

    第4回 新作日本刀 研磨 外装 刀職技術展覧会 - 伝わる技 伝える技 -」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア プロダクト ・ 工芸
    • 2013年06月08日 〜 2013年07月28日

    本展は開催に先立つ、公益財団法人日本刀文化振興協会主催「公募コンクール」の審査結果を基に、作刀、研磨、外装の各分野から、上位入賞作品を一堂に展示致します。現代刀職者が日々研鑚し、後世に向けて発信し続け…詳細 »

  • poster for 「大倉コレクションの精華Ⅰ―中世近世の絵画―」展

    「大倉コレクションの精華Ⅰ―中世近世の絵画―」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2013年04月06日 〜 2013年05月26日

    大倉集古館の所蔵品の内、中世から近世の絵画を中心に展観いたします。仏画、狩野派、屏風絵など、コレクションを代表する名品をご紹介いたします。また、国宝「随身庭騎絵巻」を期間限定で特別公開いたします。 …詳細 »

  • poster for 「画の東西~近世近代絵画による美の競演・西から東から~」

    「画の東西~近世近代絵画による美の競演・西から東から~」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2013年01月02日 〜 2013年03月17日

    当館の所蔵する多彩な日本絵画の作品を、それらが生まれた地域を西・東に分け陳べるという角度からご鑑賞頂く試みです。京を中心とする西からは狩野派の山口雪渓や円山四条派の円山応挙と呉春、近代京都画壇の雄・竹…詳細 »

  • poster for 「日印国交樹立60周年 インドへの道 -美術が繋いだ日本と印度- 」展

    「日印国交樹立60周年 インドへの道 -美術が繋いだ日本と印度- 」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体
    • 2012年10月06日 〜 2012年12月16日

    インドはかつて天竺とよばれ、主に仏教を通じて古より日本との交流が深い国でした。遙かな国・インドへの憧憬は近代以降も変わらず、インドにまつわる美術品の蒐集、あるいはその風物を題材にした絵画などの作品を通…詳細 »

  • poster for 「国宝 古今和歌集序と日本の書」展

    「国宝 古今和歌集序と日本の書」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア グラフィックデザイン ・ プロダクト ・ トーク
    • 2012年08月04日 〜 2012年09月30日

    国宝「古今和歌集序」を文化庁の文化財保存事業による3ヵ年に亘る修理後初公開いたします。古今和歌集は平安時代前期に醍醐天皇の勅命により編纂された最初の勅撰和歌集で、撰者の一人である紀貫之の作となる仮名序…詳細 »

  • poster for 「観世宗家の至宝」展

    「観世宗家の至宝」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア グラフィックデザイン ・ 工芸
    • 2012年04月07日 〜 2012年06月03日

    能楽は、観阿弥清次・世阿弥元清父子により、南北朝時代から室町時代初頭にかけて大成されたといわれており、その始祖の流れを引き、今日に至る永い年月を能楽の中核であり続けているのが観世宗家です。本展では、世…詳細 »

  • poster for 「蒐めて愉しむ鼻煙壺 -沖正一郎コレクション-」展

    「蒐めて愉しむ鼻煙壺 -沖正一郎コレクション-」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸
    • 2012年01月02日 〜 2012年03月25日

    17世紀後半ごろ、ヨーロッパから中国にタバコを粉末状にして香料などを調合したものを鼻孔から直接吸引する嗅ぎたばこの習慣が伝わると、これを入れて携行できるように匙付きの蓋のある壺が作られるようになりまし…詳細 »

  • poster for 「彩り伝わる文様の世界」展

    「彩り伝わる文様の世界」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2011年10月01日 〜 2011年12月18日

    私達の生活において日常用いている道具類や丁度品、身に着ける衣服など、あらゆるものが彩り豊かなデザインによって飾られています。これらの意匠・文様をみると、古来より伝えられてきた型に基づく美意識が今に活き…詳細 »

  • poster for 「美術に視る音色 -描かれた楽器たち-」展

    「美術に視る音色 -描かれた楽器たち-」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2011年08月02日 〜 2011年09月25日

    美術を前にして、人は時に視覚以外の様々な感覚をよび起こされることがあります。しばしば視ることによって聴くというような経験しますが、もちろん描かれた楽器や奏者が音を奏でることはありません。音楽を耳で聴く…詳細 »

  • poster for 「伝承の技と創造の美 第2回新作日本刀 刀職技術」展

    「伝承の技と創造の美 第2回新作日本刀 刀職技術」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2011年06月12日 〜 2011年07月24日

    公益財団法人日本刀文化振興協会主催により、第2回目公募展の審査結果を基に「作刀」、「研磨」、「刀装」各部門の優秀作品を中心に展示いたします。日本を代表する日本刀の文化継承を担う現代作家の精励からは、自…詳細 »

  • poster for 服部早苗 展

    服部早苗 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア ファッション ・ 工芸
    • 2011年04月02日 〜 2011年05月29日

    日本の文様の美しさに魅了され、30余年にわたって布工芸の制作を続ける作者が、5年余をかけ着手してきた新作<仏像シリーズ>を完成させ、ここに初公開致します。仏像の立体感を布の芸術として再現すべく苦心を重…詳細 »

  • poster for 「煌きの近代 〜美術からみたその時代〜」展

    「煌きの近代 〜美術からみたその時代〜」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体
    • 2011年01月02日 〜 2011年03月21日

    幕末から維新を経て明治へと移り行く我が国の文化は、諸外国との接触を契機として、それらを摂取しながら、一方では江戸期までの伝統を維持し開発させるという双方の流れが交錯した種々の様相をみせ、独自の展開を遂…詳細 »

  • poster for 「卓上の夢 バロックとロココのはざまで」展

    「卓上の夢 バロックとロココのはざまで」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 陶芸
    • 2010年10月02日 〜 2010年12月19日

    ヨーロッパで最初の磁器を誕生させたマイセン工房は1710年に創設され、後続のヨーロッパ各地の磁器窯の器形、文様、装飾技法を60年間リードしました。本展はマイセン工房創立300年にふさわしく、名品を最も…詳細 »

  • poster for 「欣求浄土~ピュア・ランドを求めて —大倉コレクション 仏教美術名品展—」

    「欣求浄土~ピュア・ランドを求めて —大倉コレクション 仏教美術名品展—」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体
    • 2010年08月01日 〜 2010年09月26日

    仏の居る処、清浄なる世界―。 浄土(the Pure Land)は、人々がこの世の苦しみを離れ、正しく教え導かれる仏教の理想卿(ユートピア)です。仏の住まいし場所、菩薩が成仏を目指して精進する世界で…詳細 »

  • 「伝統美と匠の世界 新作日本刀・刀職技術展覧会 」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2010年06月13日 〜 2010年07月25日
  • poster for 「爽やかな日本美術 風・流れ・涼の表現」展

    「爽やかな日本美術 風・流れ・涼の表現」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2010年04月01日 〜 2010年06月06日

    四季の彩り溢れる変化に恵まれた私達は、豊かな自然に囲まれて生活し、それらを愛し慈しむことに古くから馴染んできました。そこで育まれた感性は、様々な日本美の形象を生み出してきたといえるでしょう。ここでは英…詳細 »

  • poster for 「新春を仰ぐ - 大倉コレクション 能面・能装束展」

    「新春を仰ぐ - 大倉コレクション 能面・能装束展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸
    • 2010年01月02日 〜 2010年03月14日

    「能」は室町時代頃、猿楽を原型として成立したといわれ、今なお演じられている日本の伝統芸能です。特に武家社会で愛好され、近世以降も将軍家や大名家により保護されました。 大倉集古館では因州・池田家伝…詳細 »

  • poster for 「根来」展

    「根来」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 工芸
    • 2009年10月03日 〜 2009年12月13日

    その名を中世の紀州・根来寺一山内で生産された良質な朱漆器に由来する「根来」は、古来から日本人の美意識を体現しながら、その機能性に富む現代的なフォルムと新鮮なまでに明快な色調のコントラストの妙は「用の美…詳細 »

  • poster for 「館蔵品展 花・華 -日本・東洋美術に咲いた花-」

    「館蔵品展 花・華 -日本・東洋美術に咲いた花-」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画 ・ 工芸
    • 2009年08月04日 〜 2009年09月27日

    花を取り巻く華やいだイメージは、時代や地域を問わず、人々を魅了してきました。日本では、季節ごとに移ろう花々に心を寄せ、情緒とともにその姿を表現することが好まれますが、中国では古来、花は吉祥モティーフと…詳細 »

  • poster for 「大倉喜八郎と大倉集古館」展

    「大倉喜八郎と大倉集古館」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア グラフィックデザイン ・ 彫刻・立体 ・ 工芸
    • 2009年07月04日 〜 2009年07月28日

    大倉集古館の創立者・大倉喜八郎は、天保8年越後新発田に生まれ、18歳で幕末動乱期の江戸に出て商売の基礎を学び、明治の幕開けに様々な事業を興し、日本の新興産業発展の一役を担いました。同時に育英、慈善事業…詳細 »

  • poster for 山口伊太郎 「源氏物語 錦織絵巻展」

    山口伊太郎 「源氏物語 錦織絵巻展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • 2009年04月02日 〜 2009年06月28日

    山口伊太郎は1901年(明治34年)京都・西陣に生まれ育ち、その生涯は織物とともにありました。伊太郎は誰にも出来ないような織物の仕事がしたい。」という強い思いから、70の齢に家業から退き、新たな挑戦と…詳細 »

  • poster for 「追憶の羅馬」 展

    「追憶の羅馬」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2009年01月02日 〜 2009年03月15日

    「羅馬開催日本美術展(通称ローマ展)」は、1930年(昭和5年)、イタリア政府主催によりローマ市中心部の展覧会場Palazzo nazionale delle Esposizioniにおいて開催されま…詳細 »

  • poster for 「インドネシア更紗のすべて―伝統と融合の芸術」 展

    「インドネシア更紗のすべて―伝統と融合の芸術」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸 ・ トーク
    • 2008年10月18日 〜 2008年12月21日

    「“Batik”(バティック)」は、蝋による防染を繰り返して複雑な文様を染め上げていく臈纈(ろうけつ)染めのことで、日本では「インドネシア」と呼ばれて親しまれてきました。インドネシア共和国は、古くから…詳細 »

  • 「紙で語る」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2008年08月01日 〜 2008年10月12日

    紙は今から2000年近く前に中国で発明されて以来、文字を記し、画を描くための支持体として、あるいは造形を容づくる材料として、人々の限りない活動の記憶を留めてきました。 仏典は外来の宗教である仏教の教え…詳細 »

  • poster for 「東大寺御宝・昭和大納経」展

    「東大寺御宝・昭和大納経」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ グラフィックデザイン
    • 2008年05月24日 〜 2008年07月21日
  • poster for 「備前一文字 華やかな日本刀」展

    「備前一文字 華やかな日本刀」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • 2008年04月06日 〜 2008年05月18日
  • poster for 富岡鉄斎 展

    富岡鉄斎 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2007年10月06日 〜 2007年12月16日

    富岡鉄斎(1836-1924)は独創的な画業を世に遺した最後の文人画家と称されています。幕末に生れ、89年に亘る生涯において、悠々と自己の芸術を熟成させ、近代の日本画壇に確固たる足跡を残しました。奈良…詳細 »

  • poster for 第13回 秘蔵 アートコレクション展

    第13回 秘蔵 アートコレクション展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2007年08月01日 〜 2007年08月24日

    第13回を迎えますチャリティーイベント“アートは世界のこどもを救う”秘蔵の名品アートコレクション展。企業の所蔵する秘蔵の名品を、19世紀から20世紀、絵画の歴史が様々に開花した時代を中心に100余点展…詳細 »

  • poster for 館蔵花鳥画展

    館蔵花鳥画展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2007年01月02日 〜 2007年03月18日

    花や鳥を描いて自然を愛でる花鳥画は、もとは中国絵画における主要な画題のひとつとして唐末ごろにジャンルとして成立し、宋代には隆盛を極めました。モティーフへの客観性、写実性を特色とする中国のものに比べて、…詳細 »

  • poster for 「中国古代の暮らしと夢 ー 建築・人・動物」展

    「中国古代の暮らしと夢 ー 建築・人・動物」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 彫刻・立体
    • 2006年10月07日 〜 2006年12月10日

    古代中国の人々は、人間の魂は不滅で、墳墓がその永久の住まいであると考えました。明器はそこに納められた副葬品の一種で、地下の世界に、現世の生活、それも「生きる喜び」にあふれた理想の生活を再現するために、…詳細 »

  • poster for 「日本とヨーロッパ」展

    「日本とヨーロッパ」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2006年08月03日 〜 2006年08月24日

    12回目となる今回は、「花鳥風月」をテーマに日本画、ヨーロッパ洋画、日本洋画を同時に展示するグローバルな展覧会です。日本美術の題材で西洋美術も見通す展覧会とし、絵画の構成としては、大和絵から現代までの…詳細 »

  • poster for 館蔵日本美術による金色(こんじき)が織りなす異空間

    館蔵日本美術による金色(こんじき)が織りなす異空間

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体 ・ 工芸
    • 2006年08月03日 〜 2006年10月01日

    日本美術は金色を多く用い、その光沢が織りなす視覚効果は、神秘的に、華やかに、時には妖しく見る者を異空間へと誘います。本展では、仏教や神道の美術にみる聖なる光としての金色、調度や料紙を彩る意匠としての金…詳細 »

  • poster for 国物「随身庭騎絵巻」と男の美術

    国物「随身庭騎絵巻」と男の美術

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2006年06月03日 〜 2006年07月30日

    “随身(ずいじん)”とは、貴族が外出する際に警護にあたった近衛府の官人を指します。それには高い教養と優雅な美貌が求められたと云います。大倉集古館の「随身庭騎絵巻(ずいじんていきえまき)」(鎌倉時代)は…詳細 »

  • poster for 播磨ゆかりの江戸絵画 -応挙・蘆雪・若冲を中心として-

    播磨ゆかりの江戸絵画 -応挙・蘆雪・若冲を中心として-

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画 ・ グラフィックデザイン ・ 工芸
    • 2006年04月01日 〜 2006年05月28日

    播磨の国、現在の兵庫県は、我が国のほぼ中心に位置し、日本海と瀬戸内海の両海に面する水陸の交通の要所として栄え、またその海岸線は松の要衝としても名高く、特に江戸時代には多くの文人墨客が訪れ、長期に逗留す…詳細 »

  • poster for THE「能」PART

    THE「能」PART

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア ファッション ・ 工芸
    • 2006年01月02日 〜 2006年03月13日

    2006年新春、大倉集古館と泉屋博古館分館が「能」をめぐる共演を再び繰り広げます。第2回目となる今回は、演能の際に面や装束とともに欠かすことのできない中啓や冠帽類にも焦点を当てました。例えば「翁」を演…詳細 »

  • 狩野派展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2005年10月07日 〜 2005年12月18日

    画家の道を目指す誰もが一度はその門をたたくとされる狩野派。当館にも意外に多くの狩野派作品が所蔵されております。既によく知られた国の指定品や隠れた名品を含む、大倉集古館の狩野派を総てお観せするまたとない…詳細 »

  • poster for 幻のスザニとファッションアートの挑戦 シルクロード 装いの美

    幻のスザニとファッションアートの挑戦 シルクロード 装いの美

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア ファッション
    • 2005年08月06日 〜 2005年09月30日

    過去と現代を結ぶシルクロードの装いの美をご紹介していきます。まずは、中央アジアのサマルカンドやブハラで14~19世紀にかけて、上流階級者の富裕のサインであった芸術性の高い伝統刺繍布・スザニを初公開いた…詳細 »

  • poster for 第30回 「日本の女流書展」 与謝野晶子展

    第30回 「日本の女流書展」 与謝野晶子展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 版画
    • 2005年06月24日 〜 2005年07月31日

    「日本の女流書展」は1976年(昭和51年)の発足以来、今年で第30回を迎えます。 この記念すべき年を迎えるに当り、今回は東京展、中部展の他、東北・北海道展、九州展の4会場で開催し、その併催企画とし…詳細 »

  • poster for 曼荼羅の世界

    曼荼羅の世界

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体 ・ 工芸
    • 2005年04月01日 〜 2005年06月19日

    創設者大倉喜八郎が最も注目していた文化の一つあるチベット仏教美術の世界観を、国内は最高のレベルと名高い玉重コレクションの精華を中心に展観いたします。また、2000年にヒンドゥの細密画・神像など約350…詳細 »

  • poster for The 能

    The 能

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸
    • 2005年01月02日 〜 2005年03月13日

    上質空間で迎える寿ぎのとき。新年の幕明けを華やかに彩ります。私立美術館の先駆けである大倉集古館、住友コレクション所蔵の泉屋博古館分館。歩いて数分のところにある両館で、「能」にまつわる作品を同時にご覧い…詳細 »

  • poster for 大倉喜八郎コレクションII 浄瑠璃本と江戸文化

    大倉喜八郎コレクションII 浄瑠璃本と江戸文化

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア グラフィックデザイン
    • 2004年10月05日 〜 2004年12月19日

    浄瑠璃本とは、人形浄瑠璃の台本をさします。大倉集古館の創設者・大倉喜八郎による幅広い分野の蒐集品の中でも、400冊を超える浄瑠璃本はわが国屈指のコレクションとされ、当館の大きな特徴ともなっています。こ…詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use