Art & Science gallery lab AXIOMの過去イベントのリスト

以下はArt & Science gallery lab AXIOMで行われた過去のイベントのリストです。 現在のイベント、もうすぐ始まるイベントに関しては、 このスペースのページに掲載しております。

  • poster for ニック・アーヴィンク 「Gni-Ri sep2017」

    ニック・アーヴィンク 「Gni-Ri sep2017」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 彫刻・立体 ・ パーティー
    • 2017年09月02日 〜 2017年10月07日

    最先端のコンピュータ表現と3Dプリント技術を組み合わせるニック・アーヴィンクは、デジタルとフィジカルを自由に行き来しながら、古より受け継がれる彫刻芸術の世界を更新するアーティストです。 彫刻《NES…詳細 »

  • poster for セミコンダクター 「Parting the Waves」

    セミコンダクター 「Parting the Waves」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 映像・映画 ・ メディアアート
    • 2017年07月01日 〜 2017年08月05日

    Parting the Waves は、量子シミュレーションの手法と視覚的言語を用いた映像作品です。サイエンスはいかにして量子の世界を捉えようとしているのか、またその振る舞いをいかに記述しようとしてい…詳細 »

  • poster for 「Emerging Trajectories - 米国若手建築家が生み出す新しい建築の空気感 - 」トークイベント

    「Emerging Trajectories - 米国若手建築家が生み出す新しい建築の空気感 - 」トークイベント

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 建築 ・ トーク
    • 2017年05月12日 〜 2017年05月12日

    『a+u』5月号「米国の若手建築家」特集で取り上げた、米国建築界で新たな潮流を生み出しつつあるアンドリュー・コバック、ビューロー・スペクタキュラー(Bureau Spectacular)のヒメネス・ラ…詳細 »

  • poster for なかのひとよ「BLACK BOX」

    なかのひとよ「BLACK BOX」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア メディアアート
    • 2017年05月06日 〜 2017年06月17日

    6月13日(火)より「アルテマレベル」にアップデートし、展覧会を再開。アルテマレベルでは、本展覧会に適した精神・態度基準に達する者でなければ入場することができません。すべての来場者に入口でバウンサー(…詳細 »

  • poster for 落合陽一「映像と物質」

    落合陽一「映像と物質」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア インスタレーション ・ 映像・映画 ・ メディアアート
    • 2017年03月04日 〜 2017年04月11日

    落合は、イメージと物質の間にある表現可能性を探求し続けてきました。イメージ=移ろうかすかなこと(幽)、物質=根源的で確かなこと(玄)、でなる日本語的「美」の言語化=幽玄。幽玄に起因する日本的表現モチベ…詳細 »

  • poster for 長谷川愛 「Second Annunciation」

    長谷川愛 「Second Annunciation」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 映像・映画 ・ メディアアート ・ パーティー
    • 2017年01月28日 〜 2017年02月25日

    長谷川愛は、メディアアート、バイオアート、スペキュラティブデザイン、現代美術の分野で国内外で受賞し活躍するアーティストです。 今展覧会では、日本未発表である「I Wanna Deliver A Do…詳細 »

  • poster for 脇田玲 「FLUID」

    脇田玲 「FLUID」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア グラフィックデザイン ・ 彫刻・立体 ・ インスタレーション ・ メディアアート
    • 2016年10月08日 〜 2016年12月27日

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use