ギャラリー石榴 南青山ルームの過去イベントのリスト

以下はギャラリー石榴 南青山ルームで行われた過去のイベントのリストです。 現在のイベント、もうすぐ始まるイベントに関しては、 このスペースのページに掲載しております。

  • poster for 「芥川紗織と「前衛」の女性」 展

    「芥川紗織と「前衛」の女性」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2017年02月23日 〜 2017年02月28日

    近年、世界的な称賛のただ中にある草間彌生[1929- ]ですが、その圧倒的な存在は、突然変異のようにして忽然と出現した個性なのでしょうか?5歳年長の芥川紗織[1924-1966]は、東京やニューヨーク…詳細 »

  • poster for 「1950年代の南桂子」

    「1950年代の南桂子」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 版画
    • 2015年12月03日 〜 2015年12月07日

    南桂子の1950年代。それは銅版画との出会いの後も、童話や油彩画の制作を続けていた彼女が、異国に渡り、フリードランデルの版画工房で手ほどきを受けながら、本格的に銅版画家として歩みはじめた時期にあたりま…詳細 »

  • poster for 開廊20周年記念 コレクション展  「PASSAGE;パッセージ」

    開廊20周年記念 コレクション展 「PASSAGE;パッセージ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ ドローイング
    • 2015年10月24日 〜 2015年10月28日

    本展のPASSAGE(パッセージ)という言葉に、このほどギャラリーとして迎えた「一節」の区切りと、美術や人の「出入口」としての役割という2つの意味を込めています。このコレクション展では、3つの視点、「…詳細 »

  • poster for 福井良之助「孔版画展」

    福井良之助「孔版画展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ ドローイング ・ 版画
    • 2015年07月03日 〜 2015年07月07日

    福井良之助は30才代半ばから約10年間の限られた期間、美術の制作技法としては特殊な「ガリ版」に着目し、それを独自に駆使した版画制作に打ち込みます。土色の背景とそこに溶け込むように描かれた魚や木々などの…詳細 »

  • poster for 浜田知明 「銅版画とブロンズ」

    浜田知明 「銅版画とブロンズ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 版画 ・ 彫刻・立体
    • 2015年05月08日 〜 2015年05月12日

    人間の哀しみや可笑しさを銅版画とブロンズがもつ固有の温度と明暗で表現し続けてきた浜田知明。約70年前の兵役を原点とした作家の20余点を通して、その寡黙と饒舌の世界を展覧します。 詳細 »

  • poster for 「落書きの作法」

    「落書きの作法」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2015年02月20日 〜 2015年02月24日

    佐野繁次郎(1900-1987)、池田満寿夫(1934-1997)、大竹伸朗(1955- )、時代も個性も異なる3作家の作品世界を、「落書き」をキーワードに展覧します。“落書き”とは一般的に、美術で重…詳細 »

  • poster for 南桂子 「ここだけのはなし」

    南桂子 「ここだけのはなし」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト
    • 2014年12月05日 〜 2014年12月09日

    40代前半から本格的に銅版画に取り組み、パリ、サンフランシスコと移り住みながら、およそ半世紀近くも一貫したモチーフと世界観で制作を続けた南桂子(1911-2004)。ひと針ひと針すくったステッチのよう…詳細 »

  • poster for  池田満寿夫 「刻まれた線と色」

    池田満寿夫 「刻まれた線と色」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 版画
    • 2013年06月05日 〜 2013年06月10日

    池田満寿夫(1934-1997)がドライポイント(銅版画の一種)によって線と色を刻むことに没頭した時代の作品、およそ15点を展示いたします。20代の版画家が1960年代前半を駆け抜けた、スピードの痕跡…詳細 »

  • poster for  舟越桂 「新作版画+」

    舟越桂 「新作版画+」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 版画
    • 2013年04月03日 〜 2013年04月08日

    木彫作家・舟越桂(1951-)が87年より継続的に取り組んできた版画制作。この度、新作7点とこれまでの版画の足跡20点をあわせて展覧いたします。遠くと近く、その両方を行き来する「人のかたち」を一貫して…詳細 »

  • poster for 南桂子 「 -少女と鳥-」

    南桂子 「 -少女と鳥-」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 版画
    • 2013年02月15日 〜 2013年02月19日

    戦後日本の代表的な版画家のひとり、南桂子(1911-2004)の作品およそ20点を展示します。 ちくちくと針ですくった刺繍のような線と、細心に保たれた一定温度の色彩。 誰も知らない童話のための挿絵を思…詳細 »

  • poster for 福井良之助 「孔版画」

    福井良之助 「孔版画」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 版画
    • 2012年07月07日 〜 2012年07月22日

    福井良之助(1923-86)が洋画家として活躍するより以前、30代からおよそ10年間だけ取り組んだ孔版画(ガリ版)は、 刷り部数の少なさや海外流出などの理由により、一部の愛好家をのぞいて広く知られてい…詳細 »

  • poster for 「もののあわい」展

    「もののあわい」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2012年05月10日 〜 2012年05月15日

    人間と動物、人間と機械、男性と女性、こどもとおとな、現(うつつ)と夢。この度の展示では、そうした異なる位相をかけあわせ、ふたつの世界を行き来する視点をもった作品約20点を紹介します。 詳細 »

  • poster for 草間彌生 「Sekiryu プライベート・ビュー」

    草間彌生 「Sekiryu プライベート・ビュー」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア プロダクト
    • 2012年02月02日 〜 2012年02月07日
  • poster for 船越桂 「船越桂の版画」

    船越桂 「船越桂の版画」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 版画
    • 2011年11月22日 〜 2011年11月28日

    あるひとが「そこにいる」という、その感じ。 特定の誰かに依って立ち、長い時間の経過をふくんだ、 木彫作家・舟越桂の版画による希有な“ポートレイト”群、20余点を展示します。 ある個人を描ききる地点から…詳細 »

  • poster for 「有元利夫の版画」展

    「有元利夫の版画」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 版画
    • 2011年08月23日 〜 2011年08月28日

    洋の東西それぞれの古典絵画と出会い、そこから歩みをはじめた有元利夫(1946-1985)。 時間に覆われたもの、経った時間が喰い込んだ質。 そんな場所を定点とした作家は「マチエール」への探求を版画制作…詳細 »

  • poster for 「抽象表現の先駆者たち」展

    「抽象表現の先駆者たち」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ ドローイング ・ 版画
    • 2011年07月16日 〜 2011年07月24日

    戦後の美術界にいち早く抽象表現を切り拓いた作家たちの作品を中心に展観します。 猪熊弦一郎、岡田謙三、白髪一雄、篠田桃紅、菅井汲、関根伸夫、難波田龍起、山口長男、 山田正亮、榎倉康二、瀧口修造ほかの油彩…詳細 »

  • poster for 「眼と眼 岡本太郎の版画とグッズ」展

    「眼と眼 岡本太郎の版画とグッズ」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 版画 ・ プロダクト ・ トーク
    • 2011年06月18日 〜 2011年06月26日

    前衛と大衆 ― この両極を他に類をみない速度と強度でいったりきたりした岡本太郎。 「版画」そして「グッズ」は、あっけらかんとした表情でわたしたちの生活に寄りそおうとする、楽しく魅力的なジャンルです。 …詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use