セゾン現代美術館の過去イベントのリスト

以下はセゾン現代美術館で行われた過去のイベントのリストです。 現在のイベント、もうすぐ始まるイベントに関しては、 このスペースのページに掲載しております。

  • poster for 「モダンアート パリ>NY>>東京」展

    「モダンアート パリ>NY>>東京」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2017年04月22日 〜 2017年07月09日

    20世紀初頭のパリを中心にヨーロッパで芽生えた前衛美術は、大西洋を渡り、第二次大戦後の戦火を逃れたニューヨークで大きく開花しました。一方、戦後の日本では欧米の美術動向に影響を受けながらも、単なる模倣で…詳細 »

  • poster for 「恋する現代アート」 展

    「恋する現代アート」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画
    • 2016年07月24日 〜 2016年11月23日

    恋愛の色は何色?19世紀イギリスのロマン派詩人シェリーが「恋愛の真の本質は自由である」と語りました。「恋愛=自由」それは時に身勝手で一方的、盲目的であり、自己愛の延長に他ならない。だからこそ、何色にも…詳細 »

  • poster for 「UNTITLED/『無題』から恋は語らず・・・

    「UNTITLED/『無題』から恋は語らず・・・

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体
    • 2016年04月23日 〜 2016年07月18日

    「UNTITLED」や「無題」は、作品のタイトルなのでしょうか?それともタイトル(題)がないという意味なのでしょうか?それは現代美術の本質的な問題でもあります。 具体的な作品の多くは、それが表す事象…詳細 »

  • poster for 堤清二 + 辻井喬 「ふたつの目 オマージュ展 vol.2」

    堤清二 + 辻井喬 「ふたつの目 オマージュ展 vol.2」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア トーク
    • 2015年07月26日 〜 2015年11月23日

    堤清二は西武百貨店、西友ストアー (現・西友)、パルコ、ファミリーマート、西武クレジット ( 現・クレディセゾン)、無印良品、吉野家等多くの企業を時代の生活産業として育てた同時代の革命的経営者として知…詳細 »

  • poster for 「手と目」展

    「手と目」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体 ・ 工芸
    • 2015年04月25日 〜 2015年07月20日

    手が動くことによって人間はものをつくります。そこには作品になる以前の、目の前に見える光景やものに触れたい、新たに形や質感を与えることによって、自分とは別に見える存在”他者”を把握したい、もしくは一体に…詳細 »

  • poster for 堤清二/辻井喬 「オマージュ」

    堤清二/辻井喬 「オマージュ」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア グラフィックデザイン ・ トーク
    • 2014年07月05日 〜 2014年11月24日

    堤清二(辻井喬)が愛した収蔵作品、身近に置いていた親密な作品、数多くの著書、自筆原稿、言葉等によって氏の創造した世界を展望する展覧会です。 [関連イベント] ギャラリートーク 日時: 9月2…詳細 »

  • poster for 「没後1年 宇佐美圭司 展」

    「没後1年 宇佐美圭司 展」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2013年10月12日 〜 2013年12月23日

    活動の原点になったのは、1965年「ライフ」誌に掲載されたロスアンジェルス・ワッツ地区の黒人暴動の写真です。宇佐美圭司はそこから抜き出した4つの人型(走る、屈む、踞る、投石する)を用いて、それ以後のす…詳細 »

  • poster for  「魂の場所」

    「魂の場所」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画 ・ トーク
    • 2013年07月13日 〜 2013年10月06日

    図書館は死者の言葉に満ちています。図書館がしばしば死の空間、あの世の空間として捉えられる理由ですが、もしそうならば、同じように美術館もまた死の空間、あの世の空間ではないでしょうか。作家の多くは、美術館…詳細 »

  • poster for 「千紫万紅 - いつも現代 - 」展

    「千紫万紅 - いつも現代 - 」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体 ・ プロダクト ・ 工芸 ・ トーク
    • 2013年04月13日 〜 2013年07月07日

    千紫万紅。千紅万紫ともいうようですが、いずれにしても色とりどりの花が咲き乱れている様をあらわしています。本展覧会には、この言葉のようにさまざまな作品が普通の展示よりもかなり多めに壁と床に展示されていま…詳細 »

  • poster for 小林正人 「ART TODAY 2012 『弁明の絵画と小林正人』」

    小林正人 「ART TODAY 2012 『弁明の絵画と小林正人』」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2012年10月06日 〜 2012年11月25日
  • poster for 「引き裂かれる光 ブルー・カタストロフィー [むらさき] レッド・イリュージョン」展

    「引き裂かれる光 ブルー・カタストロフィー [むらさき] レッド・イリュージョン」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2012年07月06日 〜 2012年09月30日

    [関連イベント] 「青の茶会(ブルー・カタストロフィー)」 日時 9月1日(土) ギャラリー・トークほか、事前申し込み要。詳細はHPからご確認下さい。詳細 »

  • poster for 「現代美術の楽園」 展

    「現代美術の楽園」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ ドローイング
    • 2012年04月14日 〜 2012年07月01日

    <楽園>とは、およそ「苦しみのない生活を送ることができる場所」をあらわす言葉です。 牧歌的、田園的といったニュアンスに加えて、近代人による建設的な<ユートピア(理想郷)>という意味までも含むようにな…詳細 »

  • poster for 「ART TODAY 2011  ‒  昨日の今日と今日の今日」展

    「ART TODAY 2011 ‒ 昨日の今日と今日の今日」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2011年10月08日 〜 2011年11月23日

    <ART TODAY> 展が始まって今年で 25 年。当初の主要な目的は、日本の若手現代美術作家に美術館という場での作品発表の機会を提供することで、作家活動のステップアップを目指すものでした。やがて磯…詳細 »

  • poster for 「Very best of SMMA collection」展

    「Very best of SMMA collection」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体
    • 2011年07月08日 〜 2011年10月02日

    海抜ほぼ1000メートルを渡る軽井沢の涼風。緑溢れる千ケ滝の麓で、美しく赤錆びた鉄の彫刻と半開きの門に出会います。それがセゾン現代美術館の入口です。まるで茶室に入るように狭められた、緩やかな下り坂を進…詳細 »

  • 「現代美術ーartとnonartのラビリンス」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画 ・ 写真 ・ 彫刻・立体
    • 2011年04月16日 〜 2011年07月03日

    「20世紀が他のどの世紀よりも芸術家の数は無茶苦茶に多く、それはモダン・アートの本質には無関係に、時流に乗って虚名を流し、美術品売買の利欲と無責任、大部分の新聞の無批判によって促されまがいもの(non…詳細 »

  • 荒川修作 + マドリン・ギンズ 「『意味のメカニズム』完全版127点」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2010年10月09日 〜 2010年11月23日

    荒川修作は1936年名古屋に生まれ、1961年にニューヨークに渡った現代美術の奇才。「意味のメカニズム」シリーズは1963年頃からマドリン・ギンズとの協同で始まり、1988年に一応の完結をみた。書物の…詳細 »

  • 「遭遇、カオスにて」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 工芸 ・ 陶芸
    • 2010年07月09日 〜 2010年10月03日

    今回の「遭遇」展は、今日の現代美術とかつての現代美術とが遭遇し、その現場に観る方にも遭遇していただくための展覧会です。洋の東西、時代を越えて、世界有数の当館の現代美術コレクションと、展示する機会のない…詳細 »

  • poster for  「ヌーヴォー・レアリスムはまだ高熱か? ジャンク&アッサンブラージュ」展 

    「ヌーヴォー・レアリスムはまだ高熱か? ジャンク&アッサンブラージュ」展 

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体 ・ インスタレーション
    • 2010年04月17日 〜 2010年07月04日

    ヌーヴォー・レアリスムは、1960年に批評家ピエール・レスタニーと作家のイヴ・クラインを中心に結成された芸術運動です。 1960年4月ミラノで、最初のグループ展「ヌーヴォー・レアリスト」を開き、その秋…詳細 »

  • 「ART TODAY 2009: 岡田修二、安田佐智種」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 写真
    • 2009年10月10日 〜 2009年11月23日
  • 「絵画 モノクロームとマルチカラー」展 

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2009年07月03日 〜 2009年10月04日

    「あの黒い絵、いいよね」「前の部屋にあった緑の絵の方が好きだな」・・・美術館で作品を眺めていると、こうした会話をよく耳にします。美術作品の印象や記憶を伝えようとするとき、ひとは「形」よりも「色」を重視…詳細 »

  • 「現代美術ー7つの水脈」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体 ・ インスタレーション
    • 2009年04月11日 〜 2009年06月28日

    本展では展示作品を以下の7つのセクションに分け、現代美術の水脈としての基準作品から、継承されつつある今日の作品までを展観します。 (1)発明者たち:ワシリー・カンディンスキ−、セルジュ・ポリアコ…詳細 »

  • 宇佐美圭司 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2008年10月11日 〜 2008年11月24日
  • 「ART TODAY 2007 門田光雅・渡辺依理」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2007年10月06日 〜 2007年11月25日
  • poster for Art Today 2004

    Art Today 2004

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ ドローイング
    • 2004年10月09日 〜 2004年11月23日

    <ART TODAY 2004>は、3人の作家を紹介します。絵画からは、すがわらきよみ(1961年、岩手県生まれ)と山本晶(1969年、東京都生まれ)。すがわらは、画面の中で絵の具を塗りのばし塗りひろ…詳細 »

  • poster for 世俗と超俗−現代美術の表情

    世俗と超俗−現代美術の表情

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2004年06月25日 〜 2004年10月03日

    文化の大衆化への流れに沿うように,難解とされてきた現代美術の一部もまた大衆化の傾向を強めています。大衆文化の重要な養分となっているコミックとテレビの影響の下で,絵画においてはコミック的表現が,メディア…詳細 »

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use