AI KOWADA GALLERYの過去イベントのリスト

以下はAI KOWADA GALLERYで行われた過去のイベントのリストです。 現在のイベント、もうすぐ始まるイベントに関しては、 このスペースのページに掲載しております。

  • poster for 石井正信「literature」

    石井正信「literature」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア ドローイング
    • 2017年03月18日 〜 2017年03月26日

    平野啓一郎​の連載小説​「マチネの終わりに」の挿画​、また上野の森美術館​で開催された​「進撃の巨人展」ポスター​制作などで話題を集めたイラストレーター・石井正信の初個展を開催いたします。「liter…詳細 »

  • poster for 西加奈子「i (アイ)」

    西加奈子「i (アイ)」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ インスタレーション
    • 2017年01月21日 〜 2017年02月05日

    このたび、AI KOWADA GALLERYでは直木賞作家、西加奈子の新作「i(アイ)」(ポプラ社)の刊行によせて同タイトルの個展を開催いたします。 西がかねてからクリエイションの一環として「文学」…詳細 »

  • poster for 福原寛重 「Modulation」

    福原寛重 「Modulation」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ ドローイング
    • 2016年12月17日 〜 2016年12月25日

    福原寛重の3年ぶりの個展4回目の個展。PS1での展示やアーモリーショーなどで好評を博したアーティストで、ニューヨークタイムズをはじめ、数々のアメリカの媒体で紹介されています。今回は福原が’09年より取…詳細 »

  • poster for 尾形理子 「Outside The Box」

    尾形理子 「Outside The Box」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2016年11月19日 〜 2016年12月04日

    このたび、尾形理子個展「Outside The Box」を開催いたします。ダウン症を得て生まれた尾形理子は、独特な色彩世界を特徴とし、世田谷美術館区民ギャラリー・新国立美術館などにおける絵画展への出品…詳細 »

  • poster for 安野モヨコ + 喜多川歌麿 「浮世絵の遊女たち」

    安野モヨコ + 喜多川歌麿 「浮世絵の遊女たち」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト ・ マンガ ・ 版画
    • 2016年09月17日 〜 2016年09月25日

    江戸時代、過酷な運命を甘受しつつ華として強くしなやかに生きた美しき「遊女」たちの日常を小さな画面に鮮やかに切り取り、庶民たちの気軽に買える楽しみとしてその画風が絶大に支持された花形浮世絵師、喜多川歌麿…詳細 »

  • poster for 久村卓 「家内制スカルプチャー」

    久村卓 「家内制スカルプチャー」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 彫刻・立体 ・ インスタレーション
    • 2016年07月23日 〜 2016年07月31日

    「私たちの世界はいちいち確認しない無数の了解で成り立っている。それをあえて指し示すことで私たちは自由な精神のあり方に触れることができる。久村卓はそうしたアーティストの重要な仕事を実践するひとりだ。」 …詳細 »

  • poster for 篠田太郎 「ダメ人間の着想脳内」

    篠田太郎 「ダメ人間の着想脳内」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア ドローイング
    • 2016年05月21日 〜 2016年05月29日

    自然と人工空間の関係を考察して人と自然の関わりを深く問うインスタレーションで国際的に活躍し、高い評価を得ている篠田。現在開催中のシドニー・ビエンナーレでは、粘土による大型インスタレーション"Abstr…詳細 »

  • poster for 牧田愛 「宇宙標本」

    牧田愛 「宇宙標本」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2016年05月10日 〜 2016年05月15日

    クロムメッキや金属などを構成し、手で描いたとは思えない程緻密な画面を油彩で表現しつづけている牧田愛。眩暈を起こさせるような無機質なモチーフは実際に対峙してみると血管のように生々しく、自然の崇高性に近づ…詳細 »

  • poster for 小川恵 + 加藤貢介 + 塩見亮介「kougei project vol.2」

    小川恵 + 加藤貢介 + 塩見亮介「kougei project vol.2」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 彫刻・立体 ・ 工芸
    • 2016年03月19日 〜 2016年04月10日

    今回紹介するのは88年、89年生まれ平成育ちのアーティスト、小川恵、 加藤貢介、塩見亮介の3名。彼らは『漆芸』『金属』『鍛金』における高い技能を用いて、2010年代という現代において日々体感するコンセ…詳細 »

  • poster for 鈴木星亜 「『水面』 絵が見る世界より」

    鈴木星亜 「『水面』 絵が見る世界より」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2016年01月22日 〜 2016年01月31日

    鈴木星亜は、木立や家屋、道路などありきたりの風景モチーフを取り上げながら、それらを多様な距離と角度からとらえて画中に配置し、かつ素朴派風とも感じられる簡略化されたタッチで描くスタイルで、オリジナリティ…詳細 »

  • poster for 矢吹健巳 「gengetsu」

    矢吹健巳 「gengetsu」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真
    • 2015年07月02日 〜 2015年07月12日

    写真集の刊行と合わせ、コマーシャルフォトグラファーとして活躍する矢吹健巳(b.1982)の写真展、”gengetsu”を開催致します。”gengetsu”において、矢吹は街中でランダムに声をかけた人々…詳細 »

  • poster for 風間純一郎 展

    風間純一郎 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 彫刻・立体 ・ 工芸
    • 2015年02月19日 〜 2015年03月01日

    風間は制作を通して「木材に宿る気配や生の在処」を探し続けるアーティスト。平安時代を起源とする、釘などを使わずにさまざまな木材を組み合わせる"指物技法(木工の伝統工芸)"を用います。「技術」と「木材」に…詳細 »

  • poster for 小瀬村真美 「Still」

    小瀬村真美 「Still」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 写真 ・ 映像・映画
    • 2015年02月05日 〜 2015年02月15日

    絵画における古典的表現を、写真や映像というデジタルメディアにより具現化する小瀬村真美。最近では「異時同図法」など絵画の時間軸表現に着目し、風景写真を日本画の絵巻として表現したビデオ作品"Overflo…詳細 »

  • poster for 「appearing ~彼女たちの詩、あるいは彼方への記憶~」

    「appearing ~彼女たちの詩、あるいは彼方への記憶~」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 映像・映画
    • 2014年03月08日 〜 2014年04月13日

    坂野充学が昨年、台北での滞在を通して制作した映像作品「appearing」は、日本語を話す台湾人世代を取材し、そのリサーチを元に制作した映像6点で構成されています。本展は、トーキョーワンダーサイト渋谷…詳細 »

  • poster for 牧田愛 「13・17」

    牧田愛 「13・17」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画
    • 2013年10月05日 〜 2013年10月26日

    手で描いたとは思えない程緻密で精巧な機械のイメージは見る者を圧倒しますが、その裏には 牧田の持つ人間や自然界への深遠なまなざしが潜んでいます。一見冷たく見える無機質なモチーフは、実際に対峙してみると血…詳細 »

  • poster for 池田武史 「All Day Long」

    池田武史 「All Day Long」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア インスタレーション ・ 映像・映画 ・ メディアアート
    • 2013年09月07日 〜 2013年09月28日

    池田は1984 年東京生まれ。東京芸術大学大学院映像研究科を卒業しビデオアーティストとして活動する一方、ハードコアパンクバンド・Core of bells でプロのドラマーとしても活躍しています。今日…詳細 »

  • poster for 鈴木星亜 「絵の見る世界」

    鈴木星亜 「絵の見る世界」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 絵画
    • 2013年06月22日 〜 2013年07月27日

    三菱アート・ゲート・プログラムやトーキョーワンダーウォールなど、学生時代より数多くの展覧会で入選し注目を集めてきた鈴木は、多摩美術大学院在学中の2012年にVOCA賞を受賞。上野の森美術館で展示された…詳細 »

  • poster for 福原寛重 「Instantiation」

    福原寛重 「Instantiation」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画
    • 2013年05月18日 〜 2013年06月15日

    大学在学中の97年にアーティストとしてフィリップモリスアートアワード、ファイナル・セレクションに選ばれ、PS1MOMA(ニューヨーク、アメリカ)でのグループ展に参加し若手アーティストとして脚光を浴び始…詳細 »

  • poster for 伊島薫 「あなたは美しい」

    伊島薫 「あなたは美しい」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 写真
    • 2013年03月23日 〜 2013年05月16日

    2010年のニューヨーク以来3年ぶりとなる今回の個展では、人体の「美しさ」とは何か自らに問い続けてきた伊島独自の視点から生まれた新シリーズを発表します。このシリーズでは高精細なデジタルカメラで、私たち…詳細 »

  • poster for 明石雄 展

    明石雄 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画
    • 2013年01月12日 〜 2013年02月09日

    今回の最新作では明石の継続的なコンセプトである“ノイズ”の存在をより具体的な形と質量を持つ存在として捉えようと試みています。たとえば80年代の古いプロジェクターを用いた初期的な写真技術を導入したり、実…詳細 »

  • poster for 前田圭介 「She saw nightsea and closed her eyes」

    前田圭介 「She saw nightsea and closed her eyes」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア イラスト
    • 2012年11月24日 〜 2012年12月22日

    今回の展覧会で前田が表現しようとしたのは、「彷徨う魂」とそれらへの「鎮魂の祈り」です。 3.11震災の衝撃とその後の混沌とした社会のなかでよりどころを失い、説明のつかない不安の中をさまよう人々の魂を…詳細 »

  • poster for 丹羽良徳  「時代の反対語が可能性」

    丹羽良徳 「時代の反対語が可能性」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 映像・映画
    • 2012年10月13日 〜 2012年11月17日

    2012年。この当たり前の年号に文頭に置いたのは無根拠ではない。きっとこれが現在であり、最もいま重要な課題として立ちはだかっているからである。ぼくらは、最後まで現在から逃れることはできない。 現在進…詳細 »

  • poster for 福原寛重  「Recursion」

    福原寛重 「Recursion」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア ドローイング ・ パーティー
    • 2012年09月01日 〜 2012年10月06日

    本展覧会では代表的なスタイルである「黒の支持体に黒い鉛筆で描く」作品群に加え、初公開となる新しい技法をもちいた作品を展示いたします。福原は本展のコンセプトを「落下」すること、すなわち論理や法則からの離…詳細 »

  • poster for ミヤギフトシ 「American Boyfriend」

    ミヤギフトシ 「American Boyfriend」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア 写真
    • 2012年07月21日 〜 2012年08月25日

    沖縄とホモセクシュアリティ。ともすれば声高に扱われそうなテーマだが、ミヤギフトシの視線を介すと詩的で軽やかになる。自身のアイデンティティに端を発する”沖縄”と”ホモセクシュアリティ”という存在をミヤギ…詳細 »

  • poster for 「影に吠える」展

    「影に吠える」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画 ・ パーティー
    • 2012年06月16日 〜 2012年07月14日

    自分の視野や心象風景は、他者と完全には共有できない。わたしたちはこの当たり前の境界を、無意識に了解して日々を過ごしている。例えば昨日見た夕焼けの美しさを人に伝えようとする時、物理的に視界を切り取る写真…詳細 »

  • poster for 万代洋輔 「病める万代、無類無敵の情熱」

    万代洋輔 「病める万代、無類無敵の情熱」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[5]
    • メディア 写真
    • 2012年05月12日 〜 2012年06月09日

    万代洋輔は美術家として活動しはじめた2006年より2008年まで、森や林・工場などに出向き、現場にある投棄物(ゴミ)を積み上げた立体作品を作りその場で撮影する、という独自な写真作品を発表し ました。そ…詳細 »

  • poster for 「きのう、あったことについて」展

    「きのう、あったことについて」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[3]
    • メディア 絵画 ・ 彫刻・立体
    • 2012年03月24日 〜 2012年04月28日
  • poster for 「New Gallery × New Artists × New Works」展

    「New Gallery × New Artists × New Works」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[2]
    • メディア 絵画 ・ プロダクト
    • 2012年01月07日 〜 2012年03月10日
  • poster for 「アートとプロダクトの不穏な関係」展

    「アートとプロダクトの不穏な関係」展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア プロダクト
    • 2011年11月12日 〜 2011年12月22日

    シンプルライフ、断捨離、心の時代などが提唱される今も、私たちの身のまわりには様々な“プロダクト”があふれています。生活を便利にしたり、美味しさや娯楽、時には癒しを提供する”プロ ダクト”。 工場で大量…詳細 »

  • poster for 池田武史 「666 or more malignant songs which should be forgotten immediately after they're played」

    池田武史 「666 or more malignant songs which should be forgotten immediately after they're played」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア インスタレーション
    • 2011年10月01日 〜 2011年11月05日
  • poster for 丹羽良徳 「共同体の捜索、もしくはその逃亡劇」

    丹羽良徳 「共同体の捜索、もしくはその逃亡劇」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[4]
    • メディア 写真 ・ 映像・映画
    • 2011年07月23日 〜 2011年09月24日

    丹羽良徳(1982 年生まれ、多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科卒)は様々な手法やメディアを用いて作品を作る若手作家です。初期には、身体を酷使するようなパフォーマンスやハプニングなどを繰り返し行って…詳細 »

  • poster for 廣沢美波 「夢でキスキスキス」

    廣沢美波 「夢でキスキスキス」

    ブックマークする[0] 
    オススメする[0]
    • メディア 絵画 ・ パーティー
    • 2011年06月04日 〜 2011年07月16日
  • poster for 「Gallery artists' show 2011」 展

    「Gallery artists' show 2011」 展

    ブックマークする[0] 
    オススメする[1]
    • メディア 絵画 ・ ドローイング ・ 写真
    • 2011年03月05日 〜 2011年05月28日

Top

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use