ジョルジュ・ド・ラ・トゥール - 光と闇の世界

国立西洋美術館

このイベントは終了しました。

17世紀フランスの画家ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(1593-1652年)は世界的な名声を誇るにもかかわらず、我が国では未だに多くの人に知られているとは言えません。昼の光の中であれ、夜の情景であれ、常に光のもたらす効果に鋭敏な感受性を見せるその画面はきわめて近代的な造形を見せています。ことに、蝋燭の光の効果を駆使した幾つかの作品はその世界的な名声の源となりました。
他方この画家は、没後急速に忘れ去られ、20世紀になって劇的な形で再発見されたという不思議な経緯を通じても知られています。現在まで残る真作は40点に満たず、他は失われたか模作などを通してのみ知られるのみなのです。
2003年度、国立西洋美術館はラ・トゥールの希少な作品の1点「聖トマス」(1624年頃)を購入する機会に恵まれました。この作品を一般に広く公開しお披露目する貴重な機会に、ラ・トゥールの輝かしい作品世界をできる限り多くの方に見ていただきたいと考え、今回その全真筆のほぼ3分の一と、若干の失われた原作の模作・関連作を含め、20点余りの極めて貴重な作品群が東京に顔を揃えることとなりました。

メディア

スケジュール

2005年03月08日 ~ 2005年05月29日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use