saito natsumi 展

オフ・サイト

poster for saito natsumi 展

このイベントは終了しました。

斉藤夏美の作品は現在写真の形態で表されることが多いですが、その制作の始まりは立体作品でした。同素材による繊細なパーツを高く積み上げ空間に配したその作品は微妙なバランスで立ち、視覚的には不安定に映る景色が、静かなどこでもないある1つの場所として顕われてくるのです。

初期の立体作品も写真作品も自分の中で求めている「イメージ」を制作していて、メディアの違いはあっても通低するイメージはそのまま持ち続けているそうです。撮影に行く日はそのイメージに近い写真が撮れそうな日に出掛け、そういう日はなぜか曇り空の日が多いというのも、そのイメージ=作品世界に表される風景に共通する独特な光りの色合いを生み出しているのかも知れません。

少し焦点をずらし具体的な風景を撮り込んだ写真は、何枚も撮影された中から選択され1つの作品として昇華されていきます。それらは1点ずつの作品として完成していながら、トータルに配置された瞬間、空間の中にある「場所」を表出させインスタレーションともいえる作品となっています。今展では新作の写真作品を発表します。 

メディア

スケジュール

2004年11月03日 ~ 2004年12月25日

アーティスト

斉藤夏美

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use