牡丹靖佳展 - 見立て・たくらみ・壺中の術中 -

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 牡丹靖佳展 - 見立て・たくらみ・壺中の術中 -

このイベントは終了しました。

牡丹さんの作品は、絵画作品と、それを空間に取り込んだインスタレーションです。例えば、2004年のトーキョーワンダーサイトで開催された個展では、入口は小さなくぐり戸につくり変えられ、そこを通り抜けると一見してどこに作品が展示されているのかわからない、異界に入ったようであり、一つの作品は消火器ブースやその壁が増殖した建物の構造の1部に埋もれているという具合で、見立てやたくらみといった独特のユーモアが、歓迎の挨拶のように仕掛けられた、作品に導かれて行く展示でした。
今展では、初めて薄墨色の背景色の絵画作品があらわれ、「逃げる絵画」というテーマでインスタレーションが仕組まれます。

メディア

スケジュール

2004年10月01日 ~ 2004年10月27日

アーティスト

牡丹靖佳

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use