poster for 「光の造形」

このイベントは終了しました。

日本は美しい自然の恩恵を受け、万葉の昔から心の豊かさや美を愛でる感性を育み、独自の日本文化を構築してきました。残念なことに昨今、自然災害だけでなく人災による自然破壊が後を絶ちません。しかしこの美しさを永久のものとするべく、屋久島、知床などが世界自然遺産に登録されるなど美しい日本の自然は世界からも愛されています。自然環境保護は国を愛する多くの人々の絆と個々の自覚なしには成り立ちません。
弊社も企業の社会貢献めざし、環境マネジメントシステムを導入し生産過程のゼロエミッション達成や商品設計面で徹底したリフィル化などの快適な未来づくりに取り組んでおります。また、2004年には緑化推進運動功労者内閣総理大臣賞を受賞いたしました。
この活動の一環として財団法人 森林文化協会と共催で始めた「自然保護をアートという切り口で捉えた写真展」も2年目を迎えました。今回は、「光の造形」をテーマに月の写真を撮り続ける写真家 高橋宣之氏の作品(構成・井上ひろみ氏)と漉き和紙で独自の世界を表現する作家、田村智美氏の作品のコラボレーションをお楽しみいただきます。

ギャラリートーク「水と森の恵み」
日 時:2006年2月4日(土) 14:00~15:00
会 場:ポーラ ミュージアム アネックス
定 員:30名(要予約)
参加費:無料
お申込:電話にて受付 10:00~18:00 TEL.03-3563-5501

メディア

スケジュール

2006年02月03日 ~ 2006年02月26日 17:00

アーティスト

高橋 宣之田村 智美

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use