台風被災復興支援 厳島神社国宝展

東京藝術大学 大学美術館・陳列館

poster for 台風被災復興支援  厳島神社国宝展

このイベントは終了しました。

2004年9月、日本列島を襲った台風18号により、日本三景の一つとして有名な厳島神社は、大きな被害を受けました。復旧には約7億9000万円が必要とされ、修復作業は2年近くかかる見通しです。この展覧会は、復興支援のため緊急企画されました。
安芸の宮島に鎮座する厳島神社は、平安時代末期に平家一門によって整備されたみごとな景観を現在に伝え、1996年には世界遺産に登録されています。瀬戸内海に浮かぶ華麗な社殿や、数々の奉納品は、後世に守り伝えるべき文化財として、今日ますますその価値を高めています。
展覧会では、平安時代、平清盛とその一族が写経した装飾経の最高傑作「平家納経」全33巻中の17巻(展示替え4回、常時4~5巻を展示)をはじめ、同社に伝わる古神宝および武器・武具などの国宝9件を中心に、舞楽面、能装束などの重要文化財18件を含む宝物計32件113点を紹介します。世界遺産の社宝を鑑賞しながら、厳島神社の一日も早い復興を祈る機会となることを願ってやみません。展覧会の収入は、厳島神社復興支援の一助となります。
【図版キャプション】国宝「平家納経(法華経 薬王菩薩本事品第二十三)」(展示期間4月19日~24日)

メディア

スケジュール

2005年03月25日 ~ 2005年05月08日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use