こどもパラダイス★1920-30's絵雑誌に見るモダン・キッズらいふ

弥生美術館

poster for こどもパラダイス★1920-30's絵雑誌に見るモダン・キッズらいふ

このイベントは終了しました。

1920〜30年代、大正デモクラシーの自由な空気の中で、生活のさまざまなシーンで西洋化が進み、子ども達をとりまく環境も生活も劇的に変化しました。その中で、西欧の文化や芸術運動から刺激を受けて、のちに〈童画〉と呼ばれる子どものための新しい絵画を創り出した画家がいました。彼らの洗練されたモダンな感覚は、当時「ハイカラすぎる」など一部批判も受けましたが、夢と憧れを届けてくれる誌面に、多くの子ども達が心をときめかせました。
本展覧会では、現在も私たちを魅了する童画家達の作品を、原画や当時の雑誌によって展観します。また併せて、当時の写真資料や衣類・玩具などの風俗資料等も展示することで、大正中期から昭和戦前期にかけての子ども達の〈暮らしぶり〉の一端をご紹介いたします。

メディア

スケジュール

2005年10月01日 ~ 2005年12月25日

アーティスト

武井武雄本田庄太郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use