舞台美術家伊藤熹朔の舞台美術装置原画展-20世紀の舞台空間演出デザインの軌跡-

武蔵野美術大学 美術館・図書館

poster for 舞台美術家伊藤熹朔の舞台美術装置原画展-20世紀の舞台空間演出デザインの軌跡-

このイベントは終了しました。

本展は、日本の演劇史上に大きな業績を遺した舞台美術家伊藤熹朔の仕事を舞台装置原画によって紹介するものです。伊藤熹朔は日本近代演劇発祥の地、築地小劇場に始まり、新劇、歌舞伎、新派、舞踊と幅広い演劇分野で舞台装置のデザインを手がけました。また映画やバレエ・オペラでも美術監督として名作の数々を世に送り出しました。それらの原画は「道具帳」に納められ、20世紀演劇史上の貴重な資料となっています。
今回は多くの資料の中から演目数約300本(原画約1,200点)を選び、舞台模型も交えながら熹朔の描いた演劇空間をご覧いただきます。と同時に、熹朔が生み出した舞台美術創造理論とそれに基づく独自の創造空間である熹朔様式が日本の演劇史上確固たる地位にあることを、残された膨大な資料を読み解くことによって明らかにしていきます。

メディア

スケジュール

2005年05月06日 ~ 2005年05月28日

アーティスト

伊藤熹朔

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use