ピンポイントのちいさなアンデルセン展

ピンポイントギャラリー

poster for ピンポイントのちいさなアンデルセン展

このイベントは終了しました。

2005年は、世界中で愛される童話作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの生誕200年です。その生涯(1805~1875年)は、「人魚姫」「はだかの王様」「みにくいアヒルの子」などでよく知られる童話156編の他にも、自叙伝、小説、戯曲、詩、旅行記と実に多くのジャンルに子供も大人も楽しめる作品を遺しています。生地デンマークでは、生誕200年を記念して大がかりなイベントが予定されているそうですが、ピンポイントギャラリーでもその記念すべき年に100人のイラストレーター、絵本作家に依頼をして「アンデルセン展」を企画します。世界規模の巡回展ではないので、ちいさな〇〇〇と銘打ちました。具体的には、アンデルセンの童話の中から一編を選び、童話の中の一場面であったり、主人公の肖像であったり、物語全体のイメージであったり・・・・描くものは自由です。作品サイズは、はがき大。
100人100種のアンデルセンをお楽しみください。

メディア

スケジュール

2005年02月14日 ~ 2005年02月26日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use