長島充新作展 2005「Myth and Legend 神話と伝説」

不忍画廊

poster for 長島充新作展 2005「Myth and Legend 神話と伝説」

このイベントは終了しました。

2年ぶりの当画廊での待望の個展となります。
長島は1959年千葉県に生れ、創形美術学校を卒業後、独自の「幻想」世界を版画によって表現してきました。クレーやアンソール等に傾倒した若い頃の作品も高く評価されましたが、数年前より自然や宇宙の中にある「見えざるもの」を表現したいという想いから、世界各地に残る神話や伝説などの「物語世界」をモチーフとした連作を発表してきました。
彼の作品「新博物誌」の連作や「グリーンマン伝説」といった新しい解釈での物語世界は、私たち現代に生きる人間を原点に戻してくれるかのようです。
今回は、新作・近作の銅版画連作、大判の板目木版画、ガラス絵など合計20余点や、当画廊にて刊行した「Silent Forest 〜沈黙の森」「グリーンマン伝説」(いずれも木口木版画による版画集)なども販売します。

メディア

スケジュール

2005年12月01日 ~ 2005年12月10日

アーティスト

長島充

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use