粉色閨房/Pink

ギャラリー・エフ

poster for 粉色閨房/Pink

このイベントは終了しました。

「ところでエロスってなに?」
二人の作家がそれを「エロス」というキーワードで呼び、ヒントを与えてくれた。新年にエロス。希望や命が生まれる新年だからこそエロス。会場は浅草に江戸時代から立つ土蔵を再生したアートスペース。時の重みをたたえた静謐な空間が、新たな文化の桃色を身ごもる。

メディア

スケジュール

2006年01月01日 ~ 2006年02月05日

アーティスト

張少俊トーマス・ボーレ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use