フランツ・アッカーマン展

小山登美夫ギャラリー

poster for フランツ・アッカーマン展

このイベントは終了しました。

フランツ・アッカーマンは1963年ドイツ、ノイマルクト生まれ。1988年ミュンヘンの美術アカデミー卒業。DAADで香港に滞在の後、現在はベルリンとカールスルーエを拠点に制作活動を行っている、ドイツを代表する若手作家の1人です。主な個展に、“tourist"(レンバッハハウスギャラリー、ミュンヘン、2004年)、"Seasons in the sun"(Stedelijk Museum、アムステルダム、2002年)の他、世界各国で数多くの展覧会を行っています。
彼の作品は常に旅をテーマにしています。彼自身が実際に世界を旅し、そこで得た様々な都市の個人的なイメージが、より大きなテーマ、すなわち旅という行為から連想される可動性、グローバリゼーションなどの主題と表裏一体になっています。作品は、全く異なるジャンルのものがつなぎあわされて、1つの実に力強い空間表現として構成されています。ペインティング、ドローイング、ウォールペインティング、写真、建築モデル、彫刻など、異なるメディア、スタイルがひと括りにされ、多種多様な物語が衝突し合う世界を表出します。作品の中核を成す1つ1つの技法は、アートにおいて最も基本的、伝統的なものであるにも関わらず、それらはお互いの境界線---絵画と建築、写真と彫刻など----の境界を打ち壊そうとするかのような、広がりに満ちたパワーをもって私達に迫ってきます。

メディア

スケジュール

2005年03月19日 ~ 2005年04月16日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use