鴻池朋子展

ミヅマ・アクション

poster for 鴻池朋子展

このイベントは終了しました。

2005年4月20日から5月21日まで、鴻池朋子個展をミヅマアートギャラリーにて開催する運びとなりました。
鴻池は2000年に初めてペインティングのみで構成する個展を開催して以来、鉛筆アニメーション、立体作品、澁澤龍彦の「狐媚記(こびき)」の挿画制作など、作家としての底力を見せつける充実した活動を行ってきました。そのすべての活動において自分が何をしたいのかを十分過ぎるほど見つめ、その結果、表現にドラマティックな変化が現れてきたと言えます。
現在鴻池は4つの絵画から成立つ“物語”というものに取組んでいます。この物語は、1月より 東京都現代美術館にて展示されている幅6mに及ぶ大作の第四章「帰還」、 3月に森美術館で第3章の「遭難」、そして今回のミヅマアートギャラリーでその第2章「(タイトル未定)」というように、終わりから始まりへと戻るように進みます。そしていつの日か最後の第1章を描き終えたら、東西南北の壁4面を囲むように展示し最初の最終章と第1章は繋がり、物語を永遠にぐるぐると終わらない絵画の中に完全に閉じ込めます。その時ようやくまとわりつく物語から聞き手(観衆)は解放され、外側から物語を眺めるという構想を鴻池は抱いています。はたして“物語”はどのように絵画の中に封印されるのでしょか。

メディア

スケジュール

2005年04月20日 ~ 2005年05月21日

アーティスト

鴻池朋子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use