シュリ・チンモイ来日-『魂の鳥たち』展と無料コンサート

大仏殿 高徳院(回廊左側 特設ギャラリー)

poster for シュリ・チンモイ来日-『魂の鳥たち』展と無料コンサート

このイベントは終了しました。

インド出身のシュリ・チンモイは美術家としてのペンネームをCKGと言い、1991年、『魂の鳥たち』のシリーズを描き始めました。翌月には1万7千羽の鳥を描きファンを驚かせ、以来とどまることを知らない勢いで描き続けています。現在までに、主にインクとアクリル画で1500万羽を完成させています。描かれた鳥たちは愛らしく遊び、観る者をその遊びに誘っているかのようです。CKGの描く様子は観る者を魅了します。思考も迷いもなく、すばやく自然に湧き上がるまま制作する様は、禅の書にも通じるものがあります。その限りない創造力は泉のように内面から湧き出るのです。氏の芸術作品はベンガル語で「泉のように湧き出る芸術」という意味のジャーナ・カラと呼ばれています。
6月にパリにて、ルーブル美術館隣接のカルーゼル・デュ・ルーヴルで展示された『魂の鳥たち』が7月に初来日します。アクリル画75点が鎌倉大仏殿高徳院において10日から15日まで展示されます(午前9時から午後5時まで)。また、期間中7月14日には入場無料(拝観料別)のコンサートも行います。7から10種類の楽器を演奏します。その音はダイナミックかつ神秘的で、聴衆を不思議な世界へ連れて行ってくれることでしょう。頭ではなくハートの一番深いところから演奏するのが、氏の聖なるひらめきに満ちた音楽の力と美の源なのです。

7月14日 午前10時 コンサート(大仏斜め前の特設スペースにて)

メディア

スケジュール

2006年07月10日 ~ 2006年07月15日
9:00から17:00まで

アーティスト

シュリ・チンモイ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use