ロシア・ソビエト映画祭

東京国立近代美術館フィルムセンター

poster for ロシア・ソビエト映画祭

このイベントは終了しました。

日ロ国交回復50周年にちなみ、「ロシア文化フェスティバル2006 IN JAPAN」が、1年間にわたり開催されています。その公式プログラムの一環として、「ロシア文化フェスティバル2006 IN JAPAN ロシア・ソビエト映画祭」を開催いたします。
ロシア映画は、1908年に初の劇映画が製作されて以来100年近い歴史を誇り、世界の映画に影響を与える重要な作品を数多く生み出してきました。共催の東京国立近代美術館フィルムセンターでは、最初の国産劇映画『ステンカ・ラージン』から、日本未公開の新作2本――『死という名の騎士』(カレン・シャフナザーロフ監督、2004年)、『宇宙を夢見て』(アレクセイ・ウチーチェリ監督、2005年)――までを含む28タイトルを4週間にわたり上映し、ロシア映画の過去から現在までをたどります。

メディア

スケジュール

2006年07月04日 ~ 2006年07月30日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use