Olafur Eliasson "Your Constants are Changing"

Gallery Koyanagi

poster for Olafur Eliasson "Your Constants are Changing"

This event has ended.

Eight new works by Olafur Eliasson will be displayed in Japan for the first time, including kaleidoscope and lamp-shaped installations, photograph works, and samples from recent projects.
Berlin-based Danish artist Olafur Eliasson (born 1967 in Denmark) gained international attention with "Beauty", an installation work that features a rainbow created with artificial mist. In Japan, "Your Light Shadow" held at Hara Museum of Contemporary Art was such a big hit that the exhibition was extended.
Eliasson is known for re-creating natural phenomenons with relatively simple devices. These phenomenons can be experienced by anybody, with no relevance to cultural background or age. Eliasson has said in a past interview that by realizing the visual he creates is artificial, he wants people to ask themselves if what they see with their eyes is truthful or not.
His message for this exhibition, "nothing is permanent", is expressed through works exploiting the infinite form of light and colors.
[Olafur Eliasson "Kaleidoscope with camera obscura", 2006]

Media

Schedule

From 2006-05-31 To 2006-07-08

Artist(s)

Olafur Eliasson

Facebook

Reviews

sato: (2006-06-12 at 15:06)

物質が空間を変える。そんな印象。

エリアソンは、「懐疑的になってほしいと」鑑賞者に対して言う。彼の思惑は少なくとも体現されているように見えます。美しい光に包まれているかのように見える空間に立つ鑑賞者たち。光を発する、あまりに人の手が介入されている装置、それを横にして、一体どれだけの人がその光景を疑心なく美しいと思えるだろうか。

作者は、決して私たちを幻の中に誘致していない。自然とは違う作法でbeautyが生まれ得ることを示す。それは、ごくごく単純な発想のようでいて、さまざまな側面をうかがえ知る。流行を追う女子高生の感覚、研究バカの大学院生のような感覚、発明家のような何かを生み出そうとする執着心・・。こうして、展示空間を訪れた数日後になって展示空間から一定ではないイメージを膨らませる事の出来る体験は以外にも少ないものかもしれない。多くの作品は作家性を物語っているから。今回初めて私が見たエリアソンの展示は、あまりに物体の存在が大きかったのだ。
だから、女子高生のようにはしゃぎはしないし、うっとりすることもない、研究バカみたいに

sato: (2006-06-12 at 16:06)

集中しすぎることがなく、発明家みたいに奇想天外な発見を見出すこともない。

その何者だかわからない感覚の中で、見ている派生物
がなんなのか、本当に美しいものか、自分は何に対して美しいと思っているのか、不確かな分、考えさせられる何か、覚醒させられる何か、をもしかしたら与えてもらっているかもしれない。

何度足を運んでも良さそうな作品だと思います。チャンスがあったらもう一度訪れて、自分の感覚を確かめてみたいです。

inostill: (2006-07-03 at 01:07)

seberg: (2006-07-08 at 06:07)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use