田口和奈 「その中にある写真」

TARO NASU

poster for 田口和奈 「その中にある写真」

このイベントは終了しました。

写真と絵画の境界の越境者として注目を集める田口和奈。キャンヴァスにモノクロームの油彩画を描き、それを撮影するという手法で制作される作品群は、「絵画と写真を操る錬金術な作法」(前田恭ニ/読売新聞夕刊 2006年 2月17日)と、そこからうまれる独特の違和感が魅力となっている。
その違和感について、その理由を「既成の複数の写真をモンタージュし、それを精密に筆で描写してさらに写真にするという幾重にも錯綜した手法にある」としながらも、「それを知ってなるほどと済ませてしまってはいけない。むしろ不気味さと可笑しさの入り混じった、この違和感に立ち止まり続けることが、求められているのではないか」と、大谷省吾は評している。(BT美術手帖Vol.58 No.880  2006年5 月号 pp.196-197)
今回の個展で田口はあえて、昨年のTARO NASU GALLERYの個展と同様に、「女の顔」というテーマを選択したという。「その中にある写真」というタイトルを付せられた5人の女性の肖像写真は、田口が一貫して追求しているテーマをかつてないほど鮮やかに、そして力強く表現する。

メディア

スケジュール

2006年05月26日 ~ 2006年06月17日

アーティスト

田口和奈

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use