"Prism: Contemporary Australian Art" Exhibition

Bridgestone Museum of Art

poster for "Prism: Contemporary Australian Art" Exhibition

This event has ended.

The Bridgestone Museum of Art is presenting an exhibition of Australian contemporary art as an event commemorating the 50th anniversary of the Ishibashi Foundation. Featuring 73 works, including two made especially for this show, by 35 artists, “Prism: Contemporary Australian Art” has been organized according to different principles than previous exhibitions of Australian art in Japan and is unprecedented in its scale and originality of approach. Australia has become very familiar to the Japanese, but Japanese views of Australia may still be quite stereotyped. This year has been designated “2006 Australia-Japan Year of Exchange” and the museum feels that this is a good opportunity to focus on the cultural identity of Australia as a country, exploring an aspect of Australia not yet well understood by most Japanese.

Australia is a young nation. The history of its settlement by Europeans goes back less than 220 years and it is just about 100 years since it became a nation state. It is also a diverse nation with fluid cultural identities based on the indigenous culture, a history of colonialism, and the development of a multicultural modern state. Artists who reflect on the past, observe the present, and consider the future through these various “prisms” have expressed themselves in a variety of media, including paintings, photographs, DVD works and installations. For artists who live in the diasporic conditions of contemporary times, Australia offers the time and opportunity for critical re-examination of their own identity. Artistic practice resulting from this heightened awareness has much to say, whether subtly or more directly, to a Japanese audience, which belongs to the same age but lives under quite different conditions.

Based on the view that “diversity is the hallmark of contemporary Australia,” the museum has avoided dividing the exhibition space into specific categories. Visitors are invited to enjoy the exhibition and engage in a fruitful dialogue with individual works.

Media

Facebook

Reviews

frf_momo36: (2006-10-21 at 16:10)

この展覧会を鑑賞するときのキーワードは「アイデンティティー」。
オーストラリア…先住民はアボリジニ。イギリスによる植民化、同化政策とかで迫害もかなりあった。いまも確かアボリジニはオーストラリアにいるよね。アボリジニの絵画が古くから描かれていた。。。
そんな私のオーストラリア観は、まさに「ザ・ステレオタイプ」。それでも展示作品から汲み取るものが得られたが、現代オーストラリアン・アートは、それを生み出すオーストラリア人アーティストのアイデンティティーは、もっともっと深い。偶然ギャラリートークに参加しなければ、きっとそこの深い部分を知ることはできなかっただろうな。思わず図録を購入。
でも図録には 「この会場では、理解しようとするよりも、まずもって無心に」鑑賞していただくことを、心よりお願いする次第です。
その言葉にほっとした。まずは一度会場に足を運んで、それからだ。

sakuragirl: (2006-11-19 at 11:11)

絵画だけでなく、写真や造形物など色々ありました。

気になった作品は色々あるのですが、その中から1つ。

パトリシア・ピッチニーニ氏の作品は

「かわキモイ」

……と思いました。

アンガールズと違って、行き着くところが
「かわいい」ではなく「キモイ」です。
↑否定している訳ではないですよ。感覚として。

この展覧会は民族の問題とかがベースにあるのですが
難しいことを考えず、楽しむことができると思います。

frf_momo36 さんがおっしゃっているように
まずは会場に行ってみて下さい。

sayama: (2006-12-02 at 12:12)

オーストラリアと言うことで、絶滅種への警鐘、アボリジニに対する作品などがある。
個人的に私が気に入ったのは映像作家マイケル・ライリーの『無題(聖書:雲より)』。
空高く飛ぶのは聖書。
合成か不明ですがその清清しさに天晴れ。
そしてホセイン・ヴァラマネシュの『錠剤のドット・ペインティング』。
ピンク・白・茶色の錠剤が可愛らしく並べてありとてもポップ。
インパクトの強い作品の中でも、惹かれたのがトレイシー・モファットの『空高く』シリーズ。
アボリジニーの女の子が土手でブーメランを飛ばすのが『空高く No.9』、修道女達がアボリジニーの子供を空に掲げるのが『空高く No.12』。
オーストラリアの民族、アボリジニー。
その今の生活の一片を垣間見たような、しかしその作品には「彼らを忘れないで」という作者のメッセージがあるように思える。
「溶け込むことが容易な」展示です。
明日までですが是非。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use