都路華香 展

東京国立近代美術館

poster for 都路華香 展

このイベントは終了しました。

都路華香(つじ・かこう、1871-1931)は、竹内栖鳳、菊池芳文、谷口香嶠とともに、「幸野楳嶺門下の四天王」と並び称された日本画家です。華香はさまざまな展覧会で活躍する一方、教育者としても近代京都画壇の隆盛を支えました。
華香は京都を代表する作家の一人でありながら、今や知る人ぞ知る存在といえるでしょう。その理由の一つには、主要な作品が散逸し各所に秘蔵されていたという事情があります。それゆえ、華香没後の昭和7(1932)年に、華香の弟子であった冨田溪仙の主導によって、大がかりな遺作展が開催されて以降、現在にいたるまで、本格的な展覧会は一度もおこなわれてこなかったのです。
このたびの展覧会は、京都国立近代美術館が中心となり、作品の所在を一つ一つ探し当て、調査をおこなうという地道な研究活動の末に初めて実現にいたったものです。
幼い頃から学んだ四条派の画風に、建仁寺の黙雷禅師に参禅して得た精神性をまじえ、新技法を積極的に取り入れた華香の画風は、現代の我々から見ても新鮮な魅力に満ちています。最近では、その画風が海外で愛され、アメリカに多くの作品が所蔵されています。
本展覧会では代表作を網羅する初期から絶筆《黙雷禅師肖像》までの作品約80点と、大下図、素描、資料等を紹介し、華香芸術の全貌に迫ります。

※前期(1月19日~2月12日)、後期(2月14日~3月4日)で約30点の展示替があります。

講演会(当館講堂)
聴講無料
2月12日(月・振休) 14:00~15:30 
小倉実子(本展企画者、京都国立近代美術館主任研究員)
「初めて華香芸術に触れる人のために」
申込不要、先着150名

研究員によるギャラリートーク
2月16日(金) 18:00~
鶴見香織(当館主任研究員)
参加無料(要本展観覧料)、申込不要

メディア

スケジュール

2007年01月19日 ~ 2007年03月04日

アーティスト

都路華香

Facebook

Reviews

donald_japantimes: (2007-02-13 at 18:02)

Free from schools
By C.B. Liddell
Special to The Japan Times

Later works just as easily eschew these foreign influences, suggesting an artist who clearly crossed the new border drawn between Western-style and Japanese-style paintings without even bothering to have his artistic passport stamped ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20070208a4.html

frf_momo36: (2007-03-04 at 23:03)

四条派の作風も踏まえ、まさに独自の作風は、古典的でも、モダンでも、個性的でもあった気がする。
こんなにもいろいろに様子を変える作品を作り出していた作家を初めて知った。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use