「クリーブランド美術館」展

森アーツセンターギャラリー

poster for 「クリーブランド美術館」展

このイベントは終了しました。

女性美の肖像 モネ、ルノワール、モディリアーニ、ピカソ。クリーブランド美術館(アメリカ・オハイオ州)は、世界中から収集された40,000点以上にのぼる所蔵品を有する全米屈指の総合美術館です。本展は、同館が誇る近代美術コレクションの中から、日本初公開の50点を含む、選りすぐりの60点を紹介するものです。モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンなどの印象派・後期印象派の作品から、近代彫刻の先駆者ロダン、そして、マティス、ピカソ、マグリットなどの20世紀美術まで、西洋近代美術の流れを概観することができます。また、ルノワールの《ロメーヌ・ラコー》、モネの《赤いスカーフ、モネ夫人の肖像》、モディリアーニの《女の肖像》(3点とも日本初公開)等、魅力的な女性のポートレート作品が数多く含まれているのも本展の特徴のひとつです。

メディア

スケジュール

2006年09月09日 ~ 2006年11月26日

Facebook

Reviews

frf_momo36: (2006-10-26 at 17:10)

1章の「印象派の時代」は典型的印象派チックな絵画よりも少し時代をずらした絵画が多め。2章の「後期印象派」では、パリ訪れたてのピカソの作品が興味深かった。最近のマイブームは西洋近代美術・絵画運動なので興味深く鑑賞できた。「へえー、こんな作品も描いてたのかあ」。意外?とまでではないけど、ちょっと新しい発見があった。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use