トーク:「オープン・クリエイション」 第一部

NTTインターコミュニケーション・センター

このイベントは終了しました。

第一部「ネットワーク時代の発想と実践―見知らぬ社会を発見するために」
モバイルやユビキタス・ネットワーク時代には,グローバルとローカルの双方に向けて同時に発信することが可能です.個人から生まれた発想がネットワークのつながりの中ではぐくまれていくことで,社会は広く開かれていくのではないでしょうか.そこでは創造の原点を自身に求めながら社会に拡張していく表現や,社会や技術の中に創造のきっかけを発見するアプローチを見ることができます.従来の領域を超えた活動によって日本を刺激し続けている方々に,創造力が広げる新たな社会の可能性についてお話しいただきます.
会場:ICCギャラリーA
定員:400名(当日先着順)

インゴ・ギュンター(メディア・アーティスト/東京芸術大学音楽環境創造科客員教授)
鳥海希世子(湘南市民テレビ局,東京大学大学院博士課程)
司会:水越伸(メディア論/東京大学大学院情報学環助教授)

メディア

スケジュール

2006年06月17日 15:00~17:00
http://www.ntticc.or.jp/Schedule/2006/OpeningSymposium/symposium02_j.html

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use