poster for 陶変異体

このイベントは終了しました。

吉村さんの作品は陶や金属立体によるインスタレーションです。歯車、ロープ、プロペラ、バイオリン、釣鐘、天秤、白い手のかたちなどを、ちょっと謎めかして構成し、濃密で独特な雰囲気の迫力ある空間をつくり出します。重厚な金属や古い木材、大理石の質感がリアルに表現されていますが、金属だと思ったものが陶であったり、陶だと思ったものが既成の工業製品の一部であったりと、その境界は曖昧です。それは吉村さんの素材への逆説的な問いかけからきています。
吉村さんは未だ30代の若手作家ですが、大学で初めて陶という素材に出会い、そこに好きだった絵画やデザインの要素を加えて、陶板に絵を転写したり、工業製品の一部を付けたりして、現在のスタイルになりました。例えば、石や金属のイメージを持って土に触り始めても、そのイメージに似せてつくるのでなく、土の特徴を活かした石や金属になるのだと話します。石なのか土なのか、ひとめで答えがわかりそうなものはつくりださない吉村さんは、へそ曲がり屋さんのようですが、先入観や固定観念にとらわれないスタンスを大切にしています。ピエロ・デラ・フランチエスカやバルテュスをトレースした時期もあったというように、古い屋敷や蔵の扉を開けた瞬間に薫るような、古びた表情や懐かしいかたちが持つ妖しい魅力のある作品です。これまで京都を中心に選抜展などで受賞してきました。今展が吉村さんの2回目の東京での発表となります。

メディア

スケジュール

2006年05月01日 ~ 2006年05月29日

アーティスト

吉村敏治

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use