手塚治虫のアトムと孫悟空 展

杉並アニメーションミュージアム

poster for 手塚治虫のアトムと孫悟空 展

このイベントは終了しました。

杉並アニメーションミュージアム第7回企画展として、今春、中国 杭州・上海の2都市にて大好評を博した企画展『手塚治虫 ストーリー漫画とテレビアニメーション展 〜日本のアニメのルーツに中国アニメがあった!〜』の凱旋展示を行います。

手塚治虫がアニメ制作を行う際、影響を受けた作品は?と質問すれば、多くの方がディズニーアニメーション「白雪姫」「バンビ」の影響をあげられるのではないでしょうか。
しかし、手塚治虫のアニメ制作のルーツには、ディズニーの影響だけではなく、中国アニメーションの影響もありました。
「手塚治虫のアトムと孫悟空展」では、インスピレーションを与えた作品「西遊記 鉄扇公主の巻」(萬監督1941年製作)と、インスピレーションを受け制作した作品「ぼくの孫悟空」を中心に、手塚治虫の新たな魅力を提示します。

関連イベントの詳細をご覧になるためには、会場のホームページにお問い合わせください。

メディア

スケジュール

2006年08月29日 ~ 2006年11月26日

アーティスト

手塚治虫

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use