海に生きる・海を描く

千葉市美術館

poster for 海に生きる・海を描く

このイベントは終了しました。

三方を海に囲まれた千葉。日頃より海に親しんでいる私たちですが、美術作品の中で海と私たちとのかかわりはどのように表現されているでしょうか。千葉市美術館が所蔵する、近世から現代にかけてのコレクション、約110点によって海と私たちの関わりを探ります。
会場構成は四部構成です:
Ⅰ.江戸時代の人々と海 -海を見る、海から見る。だけど海の向こうには行けなかったころ-
Ⅱ.明治時代以降の美術作品に見る海の表現 その1 -日本各地の風景をたずねて-
Ⅲ.明治時代以降の美術作品に見る海の表現 その2 -房総あちらこちら-
Ⅳ.陸と海 -1970年以降の美術作品と海の関係から、何が見えるだろうか-
※江戸時代の絵画は6月25日(日)までを前期とし、翌26日(月)以降を後期として二度に分けて展示します。

メディア

スケジュール

2006年06月03日 ~ 2006年07月17日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use