井上廣子展「Inside Out」

アートフロントギャラリー

poster for 井上廣子展「Inside Out」

このイベントは終了しました。

大阪出身の井上廣子は1974-75年に沖縄で染織を学んで以来、ファブリック・アートの作家として活動してきました。しかし1995年の阪神淡路大震災で親族が被災した体験を機に、人間の生死の問題を直接作品に盛り込むようになりました。1998年に神戸・六甲アイランドでの「現代アート野外展」で、井上は架設住宅と同じ規格で組んだ鉄骨の中に4台のベッドを並べたインスタレーションを発表します。この作品「A Memory of Soul Ⅰ」は震災後5年を契機とした「震災と美術」展(兵庫県立近代美術館、2001年)にも出品され震災後の架設住宅での人々の生活(それまでのコミュニティの崩壊、多くの孤独死、自殺が起きた状況)に焦点をあて注目されました。 また、井上は97年に精神病院の内部と窓を撮影した写真によるインスタレーションを発表し、現在まで続く重要な作品テーマとなっています。病院の内と外、室内の内側からの視線と外側からの視線、その間にある窓ガラスは、内側(狂気)と外側(正気)を隔てている非常に曖昧な境界を象徴しているようでもあります。
井上は2005年度文化庁・文化交流使として、2005年1月より一年間、オーストリア、ウィーン市に滞在致しました。美術家として期間中、作品展・ワークショップ・レクチャー・オープンアトリエを実施。滞在中に6回作品展を行い、2005年10月から11月にはウイーン市郊外にあるオットー・ワグナー精神病院-ユーゲントシュテール・テアター(1907フランツ・ヨーゼフ皇帝設立)でも個展を開催しました。本展覧会では上記の個展開催までの経緯や滞在中の作品制作、国立ウイーン美術アカデミー、応用美術大学を中心に行ったワークショップ・レクチャーなどの活動報告を基点にし、井上が収集したオーストリアの現代美術や文化交流使としていかに日本文化をアピールしたのか、等が展示され、4月7日には北川フラム(アートディレクター、大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ総合ディレクター)とのギャラリートークによって作家自らによる報告が行われます。

メディア

スケジュール

2006年04月05日 ~ 2006年04月23日

アーティスト

井上廣子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use