「日本美術が笑う:縄文から20世紀初頭まで」展

森美術館

poster for 「日本美術が笑う:縄文から20世紀初頭まで」展

このイベントは終了しました。

日本の古美術の中には意外にも多くの「笑い」があります。本展は土偶や埴輪などの考古遺物から絵画、木彫まで検証し、日本美術の笑いをユニークな視点で探るものです。会場は5つのセクションで構成し、冒頭にはニッコリ微笑んだ紀元前数千年の土偶が展示されます。しかし、この土偶が笑っているのかどうかを確かめる術はありません。古墳時代には、明らかにゲラゲラ笑っている埴輪が現れ、笑いの力で邪気を飛ばすことを造形化していたことがわかります。

意図されて描かれたもの、そしてまた偶然見る側がそう思ってしまうものなど、日本美術には古来より様々な笑い、ユーモア、おかしみの要素が含まれています。本展では縄文から20世紀初頭までの未紹介作品を多く含む約100点で展覧します。建築家・千葉学氏による展示ケースデザイン、そして会場構成で、森美術館の空間は日本美術の新たな魅力を伝える「笑い」に包まれます。

【画像:《土面》(仏並遺跡出土)縄文時代後期  所蔵:大阪府文化財センター 】

メディア

スケジュール

2007年01月27日 ~ 2007年05月06日
3/20(火)、5/1(火)は開館時間を22:00まで延長

Facebook

Reviews

pbyjp: (2007-01-28 at 19:01)

Review of the show in English by Roger McDonald:
http://rogermc.blogs.com/tactical/2007/01/laughter_at_the.html

donald_japantimes: (2007-02-08 at 17:02)

Brilliant choices reveal seldom seen masterpieces
By Michael Dunn
Special to The Japan Times

Despite oft-heard subversive remarks to the contrary, the Japanese have a very highly-developed sense of humor -- it's just different, that's all. While Westerners are baffled by TV comedy shows here, or -- at a higher level -- traditional kyogen stage performances, Japanese will blink through a Monty Python show wondering why on Earth we find it so funny ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20070208a2.html

kgarten: (2007-03-11 at 13:03)

「笑い」という着眼点がうまくいっています。
若冲、芦雪、応挙など流行りの物もあります。
個人的には埴輪が非常に面白かったです。
併設の展示や、展望台も楽しめます。
http://www1.ttcn.ne.jp/kgarten/

pandalab: (2007-03-30 at 10:03)

歴史や美術的カテゴリーではなく、
「笑い」という観点で集まった作品の数々。
いつもと違った見方ができて楽しいです。
僕は河鍋暁斎「放屁合戦絵巻」に笑ってしまいました。

http://pandalab.blog50.fc2.com/blog-entry-87.html

andreas: (2007-04-02 at 03:04)

Interesting exhibition featuring a number of great artworks (esp. the scrolls are nice), but the order and selection of works is rather confusing. You start with Jomon clay masks, continue with (the exhibition's only) three 20th century paintings, only to go back in time to watch medieval scrolls and other graphic art. Also the "humorous" contemporary video installation in the middle of the exhibition is sort of disturbing (albeit conceptually interesting).
So, an exhibition worth seeing, but with a "flow" that didn't do it for me.

sashanihon: (2007-04-05 at 01:04)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use