リュック・タイマンス 「Restoration」

ワコウ・ワークス・オブ・アート

poster for リュック・タイマンス 「Restoration」

このイベントは終了しました。

このたび、2006年5月12日(金)より当画廊におきまして、ベルギー出身の作家、リュック・タイマンスによる展覧会を開催する運びとなりました。2000年以来、実に6年ぶりの3回目の個展となります今回は、「Jesuits(イエズス会)」をテーマに、最新のペインティング作品をご紹介致します。
独特の静謐感を漂わせるリュック・タイマンスの作品は、写真や映画などを元に、時にレンズの存在を感じさせる大胆な構図を用い、おとなしい色使いでシンプル且つダイレクトに表現されています。扱うモチーフは日常
的なものから、歴史的事象や社会的問題まで実に多様でありながら、感情的要素を一切排除したその画面からは、イメージが持つ最も純粋な様相が浮かび上がり、観る者の記憶の奥深くに強く働きかけます。
リュック・タイマンスは、90年代以降新たな方向性を示し動き出した現代美術シーンにおける「絵画」を語る上で欠かすことのできない存在となり、描くという表現の可能性を真摯に探求すると同時に、「絵画」に対して懐疑的に接し続ける姿勢は、繊細さと力強さを兼ね備え、若い世代の作家たちに多くの影響を与え続けています。

オープニングレセプション: 5.12(金) 18:00-20:00

メディア

スケジュール

2006年05月12日 ~ 2006年07月01日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use