ボロボロドロドロ展 - 帰ってきた日本のサブ・カルチャー

ワタリウム美術館

poster for ボロボロドロドロ展 - 帰ってきた日本のサブ・カルチャー

このイベントは終了しました。

ワタリウム美術館では、ニューヨークのブルックリンで制作活動を続けている二人のアーティスト、河井美咲(1978年、大阪生まれ)とテイラー・マッキメンス(1976年、カルフォルニア生まれ)の展覧会『ボロボロ ドロドロ展 帰ってきた日本のサブ・カルチャー』を開催致します。

しばらく元気のなかった米国アート・シーンですが、バリー・マッギーを筆頭にストリート・サブ・カルチャー系の作家達の活躍が目につき始めています。彼らは「サイケ」や日本の「マンガ」を幼児期に体験してきた世代でした。今回の二人、河井とテイラーはこのバリーたちを見て、さらに次のムーブメントを予感させる動きを見せています。

河井美咲は、京都芸術短期大学を卒業後、トルコ、ネパール、タイヘ旅行、現在はニューヨークを活動の拠点にしている。彼女は、膨大な数のわら半紙のドローイング、布や切り絵を使った立体的なもの、ふわふわの綿や布を素材にした巨大な立体物を作り、「ぼろぼろ」の河井ワールドを展示スペースいっぱいに展開する。このふわふわの素材感は彼女が小さいころ母親に作ってもらった人形の記憶なのか、それともネパールやタイで見た安い民芸品のせいなのか。空間をのびのびと使うインスタレーションは、建築家である父親の影響だろうか。河井の制作のベースであるシンプルな平面のドローイングの線の中にも、立体のフワフワ感がしみ込んで、独特の柔らかさを持っている。

テイラー・マッキメンスは、日本人よりも日本のサブ・カルチャーを知り、それをアートの文脈のなかへ取り込んでいきます。それは彼にとっては、私たち日本人が、40年前ディズニーやポパイを見たとき、新鮮で嬉しい世界をみたのときっと似た感動だったのでしょう。彼の作品は、紙にマーカーで書いたものを切り取って立体的に配置します。一見「ドロドロ」として汚いものかと思って近づくと、その美しい色と仕上げに驚かされます。一見シンプルで手のかかっていないものかと見ると、それは細密画みたいな中年男のすね毛だったり、疑いのない完全な立体に見えるものが、実は折り紙のような反立体のサボテンだったり。テイラーの作品は、いつでもこちらの予想をくつがえしていきます。


■ 日米・ヘタうま&アンダーグランド・サミット展
彼らの選んだ日米のアーチストたちで、2週間ごと数名の作品をカフェとB1ブックショップの壁に展示してゆきます。それぞれ、特につながりがありそうなアーティストを同じグループにしました。これは、今のアート界において日本で起こっている事と、アメリカで起こっている事に強いつながりがあることを観客に感じてもらうためでもあります。

第一期 10/13 - 10/26 「ヘタうま」グループ
第二期 10/27 - 11/09 「ヘンテコポップ&サイケデリック」グループ
第三期 11/10 - 11/23 「パンク&ビジュアルノイズ」グループ

■ ドローイング・パーティ スケジュール
第一回:10/14(SAT.)
第二回:10/28(SAT.)
第三回:11/11(SAT.)
会場=B1ブックショップ
時間=20:00 - 22:00
入場料:各回1.500円(3回通し券:3.500円)ワンドリンク付き
チケット購入・問い合わせ:オン・サンデーズ TEL:03-3470-1424

■ 美咲とテイラーによるスライド・レクチャー
Neo American Underground Artists
ボロボロ ドロドロ展オープニング・トークとして、美咲とテイラーがアメリカで活躍する作家をスライドで紹介します。
2006年10月14日(土)17:00-18:00
会場:ワタリウム美術館
*「ボロボロ ドロドロ展」入場チケットにて御参加頂けます(要予約)。
問合:ワタリウム美術館 Tel:03-3402-3001

メディア

スケジュール

2006年10月14日 ~ 2007年01月28日

Facebook

Reviews

Ashley Rawlings tablog review

Interview with Misaki Kawai

Misaki Kawai is currently showing her work with Taylor McKimens in the "Boroboro Dorodoro" exhibition at the Watari Museum of Contemporary Art.

Ashley Rawlings tablog review

Interview with Taylor McKimens

New York based artist Taylor McKimens creates installations that are like three-dimensional cartoons. As well as showing his two-dimensional works and painting directly onto the wall, he uses paper and cardboard to make three-dimensional alterations to the space, creating new walls, objects and even people.

frf_momo36: (2006-11-23 at 00:11)

展示室に入るとまずは河井咲美ワールド。ぼろぼろ、というかキッチュな感じはするのだけど、こんなふうな作品をどこかでみたなあ。。。ああ、小学校のときに友だちと作った工作に似ているのかも。なんとなく懐かしさを感じた。
エレベーターで上に行けばそこはテイラー・マッキメンスワールドだ。まるでアメリカアニメの世界に入ったみたい。吹き抜けの空間から下の階の河井の作品が飛び出している。日本のサブカルを共通項にしても、二人の世界は同じようでやっぱり違う。
ワタリウムのパスポート制度が好き。

donald_japantimes: (2007-01-25 at 16:01)

Japan Times Art Beat
By Samantha Sinnayah

Though this amusing show stands above the usual work produced by the manga-inspired generation, these young artist's voices still need strengthening ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20070118b1.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use