キュレーターズ・チョイス展

東京都写真美術館

poster for キュレーターズ・チョイス展

このイベントは終了しました。

今回の展覧会は東京都写真美術館の学芸員を中心とする専門スタッフが、当館に収蔵されている2万3千点以上の写真、映像作品、図書資料などの中から個人的な視点でチョイスした作品を展示するとういう試みです。
構成的には、“ミュージアム・チョイス”として美術館が選んだ1点を、“ディレクターズ・チョイス”として福原館長が選んだ1点を展示します。また、“キュレーターズ・チョイス”では学芸専門スタッフ14名が選んだ5〜10点の作品を、“ライブラリアンズ・チョイス”では司書3名が選んだ図書資料を図書室に展示します。つまり、「キュレーターズ・チョイス展」という1つの展覧会のなかに20種類の展示があるわけです。
また、保存科学研究員は、ふだん作品の「保存」と「展示」の両立を考え、展示担当者を専門的にサポートします。その立場から選んだ作品がどんなものになるのか、お客様に楽しんでいただきたいと思います。

メディア

スケジュール

2006年06月24日 ~ 2006年07月17日

Facebook

Reviews

Makoto Hashimoto tablog review

キュレーターズ・チョイス展

美術館における展覧会というものは、必ず何らかのかたちで「企画」されたものである。いわゆる企画展はもちろん、常設展でさえ、あるテーマやストーリー、カテゴリ分けなどが設定され、それらに基づいて作品が「選ばれる」。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2021) - About - Contact - Privacy - Terms of Use