日本・韓国 現代漆芸作家による漆芸の現在

東京藝術大学 大学美術館・陳列館

poster for 日本・韓国 現代漆芸作家による漆芸の現在

このイベントは終了しました。

日本と韓国は歴史的に多くの関連を持ち、幾多の名品がお互いの交流の中で生まれてきました。両国の漆芸はそれぞれの国の民族意識の中で独自に発展を遂げ、お互いに影響しあい、新しい感性を生み出してきました。日本と韓国の現代の漆芸作品を同じ空間に展示し、今後の両国の漆芸の姿を模索し、これからの幅広い文化交流を作り、似ているからこそ違う文化の根底についても、お互いに考察する機会とします。漆を通した日本と韓国の交流を、手を携えてここに発信いたします。

■講演会開催
9月30日(土) 東京藝術大学美術学部中央棟第三講義室
9時30分受付/10時開始(12時30分〜14時休憩)〜17時終了予定

日本
「縄文の漆芸に見る現在性」三田村有純 東京藝術大学美術学部教授
「蒔絵の歴史と現在の姿」 小椋 範彦 東京藝術大学美術学部講師
「漆芸の修復について」  加藤 寛  東京文化財研究所修復部長
韓国
「漆芸の歴史的考察」   鄭 解朝  培材大学藝術学部漆芸科教授
「現代漆芸の現況」    鄭 栄煥  大邱大学校造形芸術大学教授
「螺鈿漆器技法」     孫 大賢  ソウル市無形文化財保持者

メディア

スケジュール

2006年09月28日 ~ 2006年10月15日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use