福永大介 「neighborhood garden」

小山登美夫ギャラリー

poster for 福永大介 「neighborhood garden」

このイベントは終了しました。

福永大介は1981年東京生まれ。2004年、多摩美術大学美術学部絵画科油絵専攻卒業。現在、神奈川を拠点に制作活動を行っています。2006年のGEISAI#9にて、小山登美夫がスカウトし、今回が初の個展となります。
今回出展される『neighborhood garden』では、古ぼけた家の庭先にやはり様々なものが放置されています。木箱やホース、犬小屋や便器などは有機的なエネルギーを帯び始め、この奇妙な庭の風景に溶け込んでいます。反対に、植えられた植物や池の中の鯉、パンジー、蜂の巣、石などは、人の手を介していないものであるにも関わらず、まるで人間のような意思を持ちながら、息を潜めているように思えます。背後の家の屋根には瓦が鱗のように覆いかぶさり、閉じられたドアと窓の奥を伺い知る事はできません。奇岩の上に置かれたミラーは、どこか別の世界にいる人物を映していますが、恰も1つの宇宙として存在しているこの家の、天眼鏡として機能しているかのようです。
本展では、新作ペインティングとドローイングが出展される予定です。

■ オープニングレセプション
9月2日(土)6:00~8:00pm

メディア

スケジュール

2006年09月02日 ~ 2006年09月22日

アーティスト

福永大介

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use