ジョナサン・プラプチャック 展

小山登美夫ギャラリー

poster for ジョナサン・プラプチャック 展

このイベントは終了しました。

ジョナサン・プラプチャックは1972年、カナダのウィニンペグ生まれ。2001年、カリフォルニア大学(UCLA)修士課程修了。現在、ロサンゼルスを拠点に制作活動を行っています。
本展のタイトル「stilted walking on battered legs」は、気取ったお散歩、でも足はボロボロ、といった意味でしょうか。ただれた溶岩のような丘を孤独に歩むクリーチャーは、「please make someone love me for a time (ほんの少しの間、誰かに僕を愛してほしいんだ)」ともらします。彼らは多くを望まず、ウィットとペーソスがあり、けれどどこか淋しげで、その孤独は癒されそうにありません。そこには、私たち現代人の在り様が反映されているようにも思えます。本展では、新作ペインティング4点と立体3点、ドローイングの他、映像作品も出展されます。

オープニング・レセプション 9月2日(土)6:00~8:00pm

["You Have Groped Your Last Grope Friend", 2006]

メディア

スケジュール

2006年09月02日 ~ 2006年09月22日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use