リチャード アンセル 「クラシックバタフライズ」 展

ギャラリー舫

poster for リチャード アンセル 「クラシックバタフライズ」 展

このイベントは終了しました。

パート1 朝日新聞の航空機たち 1919-1933
2007年10月21日(日)〜27日(土)

戦前に朝日新聞や東西定期航空会が使ったさまざまな連絡機のイラストや、
めずらしい朝日新聞の中島式五型の5面図などをご覧下さい。
パート2 中島の航空機たち 1919-1933
2007年10月28日(日)〜11月3日(土)

戦前に陸海軍や民間で使われたさまざまな中島製航空機のイラストや、
めずらしい中島式四型、五型、六型の5面図、また中島が生産したヨーロッパ生まれの航空機の図面などをご覧下さい。

日本で初めて飛行機が飛んだのは1910年のことです。今回は、その初飛行から1935年までに日本の空を飛行したクラシックバタフライズを描きました。パート1,2と分けて2種類の展示をいたします。展示作品はCGで精密に描いた飛行機で、1:72 - 1:48 スケールのカラー5面図や1:28 側面図、絵葉書、カレンダーなどです。「クラシックバタフライズ」の世界を通して、空にかけた当時の人々の思いや、飛行機の歴史を感じ、そして楽しんでいただければと思います。

メディア

スケジュール

2007年10月21日 ~ 2007年11月03日
会期中無休

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use