鴻池朋子 「私の作品は他者のもの」

高橋コレクション 日比谷

poster for 鴻池朋子 「私の作品は他者のもの」

このイベントは終了しました。

白金に移転した高橋コレクションの、記念すべき第一回は2008年1月19日より鴻池朋子の作品によって幕が上がります。

鴻池曰く、「初めて描いた絵画が人のものになった時のことは忘れられない。それは、かつて自分が作ったものが “自分の”という肩書きが取れ他者の所有となって、初めて、作家の作家たる所以は、過酷な作業時間と共に出来上がった作品というセンチメンタルな背景に裏付けされたモノにあるのではなく、もっと、自分でもはかり知れない何かが自分の中にある、と気付かされた瞬間だったからだ。コレクターというモノを所有する他者がいることによって、私はある閉じられていた世界から解放され、すがすがしい朝の深呼吸をし、大きな発見をしたのである。」という大前提をもとに、鴻池は他者のものになった作品をこの展示期間だけもう一度奪い返そうと、欲望の限りをつくし、まっさらな空間にダイナミックにインスタレーション、いや、鴻池自身を存在させようといたします。皆様、高橋コレクションに満ちるザ・ワールドをどうぞお見逃しのないようご覧ください。

オープニングレセプション: 1月19日(土) 18:00-21:00

メディア

スケジュール

2008年01月19日 ~ 2008年03月01日

アーティスト

鴻池朋子

Facebook

Reviews

Ashley Rawlings tablog review

Gallery Building Opens in Shirokane

Relocating from their ex-warehouse spaces in Kagurazaka to a renovated apartment building in this high-class residential area of Tokyo, the Kodama Gallery, Yamamoto Gendai and Takahashi Collection have now put Shirokane on the art map.

Ashley Rawlings tablog review

白金高輪に新しいギャラリービルがオープン

神楽坂の旧倉庫ビルを後にし、東京の高級住宅地で知られる白金のスペースへ移転した児玉画廊、高橋コレクション、そして山本現代。東京に新しいギャラリーエリアを設立します。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use