杉本博司 「漏光」

ギャラリー小柳

poster for 杉本博司 「漏光」

このイベントは終了しました。

メディア

スケジュール

2007年12月06日 ~ 2008年01月12日
年末年始休業: 12月28日〜1月7日

アーティスト

杉本博司

Facebook

Reviews

Ashley Rawlings tablog review

Hiroshi Sugimoto "Leakage of Light" opens at Gallery Koyanagi

Hiroshi Sugimoto, one of Japan's most internationally recognised photographers, displays works from his "Theater" series in a solo show at Gallery Koyanagi.

Ashley Rawlings tablog review

ギャラリー小柳で開催中の「杉本博司 - 漏光」展のオープニング

日本で最も有名な国際的写真家の内の一人である杉本博司のギャラリーでの個展。"Theater" シリーズからの作品を展示。

yourboringandpatheticart: (2007-12-24 at 23:12)

isnt this just old images re-printed and charging $350,000?
where is the interest in seeing 10 year old images from "closed" editions. seems he just wants money too bad. Cold he not at least gone and photographed 4 more theaters? is that oo much to ask for that kind of cash? or is he just printing $$$$$$$$$$$$
Kind of reminds me of the Dollar lama.

m_m1941: (2008-01-10 at 00:01)

松代守弘の展示日記
http://blog.goo.ne.jp/m_m1941/e/2367c1c251055bcd5cea1b7720ce9452

杉本博司氏は既に評価の定まった大御所作家といえ、今回ギャラリー小柳で展示されているのはいずれも代表作なのだから、まぁよくて当たり前といってしまえばそれまでだ。しかし、個人的にはオリジナル作品の大きさやインスタレーションの仕掛けなどから、杉本氏の視程が「いわゆる写真の領域」を大きく超えていることを「体感」する内容だったと思う。問題は、それが「一回性の再現不能なアウラ」に回収されてしまうものなのか、あるいは「それでもなお複製可能な存在」と見なしうるものなのかだが、自分のような浅学無頼の徒にはわかるはずも無いのだろう(インスタレーションを構成している物質的存在に、その答えは隠されているような気がする)。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use