poster for 酒井祐二 展

このイベントは終了しました。

1973年生まれの酒井は1999年武蔵野美術大学日本画学科卒業、伝統的な画材や技法を用いながら、それらにとらわれることなく独自の絵画を生み出している作家です。平成18年度の文化庁新進芸術家国内研修制度研修員に選出されるなどその活動に期待をよせられております。

作品は、物質感を意識し、色よりも地の質感、やわらかさを見せるために布地を使い、結果として明暗の表現、モノトーンの作品となっています。キャンバスに土や段ボール、石などを貼り付けたような作品を過去に制作していましたが、素材そのものの持つ力に頼ることを止め、綿布にアクリル絵の具を用い自分の手で描き、画面をつくりあげていく現在の作風に変化しています。大きなストロークや、流れる風景のようにも見える画面からは、手や、体全体を使って描いている、ダイナミックな「動き」が感じられ、また同時に見られる非常に繊細な作業の痕跡から、大胆さと繊細な印象をあわせもつ作品です。

メディア

スケジュール

2007年02月20日 ~ 2007年03月04日

アーティスト

酒井祐二

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use