「魂の布と衣 松本路子が出会った12人の作家達」展

ギャラリー ル・ベイン

このイベントは終了しました。

布の生まれる瞬間に立ち会いたい、ただその思いだけで旅は始まりました。写真家松本路子は数年に渡るモンスーンアジア地帯への旅をそう語ります。インド、タイ、ラオス、インドネシア、沖縄から日本に至る道は海のシルクロードとも呼ばれています。そこで出会った12人の布、衣作家たちは、糸や染料など自然からの生命を得てその素材を慈しむところから、祈るように造形していました。「魂がこめられた、魂に響く布たち」です。今年3月下旬、この旅の物語は『魂の布 モンスーンアジア12人の女性作家たち』(淡交社刊)として出版されます。この展覧会はひとりの写真家が出会った布と衣の世界にふれ、実際に手に取っていただきたいとの思いから企画されたものです。「魂の布と衣」をぜひその誕生の物語とともにお楽しみいただきたく存じます。

展示作品
・12名の作家の肖像写真作品
・布作品(ショール・布・衣・古帛紗など)
・青竹染めの布インスタレーション 秦泉寺由子
作品販売有(一部非売品)、企画展特製古帛紗の販売有

トークショー:
秦泉寺由子×松本路子 5月12日、18:00~20:00
上原美智子×松本路子 5月13日、18:00~20:00
※事前予約制、各回3000円・軽食付き、定員 各回50名(予約順)

申込/問い合わせ
ギャラリール・ベイン 高橋/佐藤
TEL:03-3479-3843、E-mail:gallery@reliance.co.jp

メディア

スケジュール

2007年05月08日 ~ 2007年05月27日 17:00
5月12日、13日は18:00に閉場。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use