poster for ペルジーノ 展

このイベントは終了しました。

本展は、地方色豊かなイタリア文化をひもとくルネサンス展の第二弾です。一昨年のプラートにつづき、今回は緑豊かなウンブリア州の古都ペルージャから、ペルジーノ(ペルージャの人)と呼ばれた画家ピエトロ・ヴァンヌッチ(1450頃-1523)をご紹介します。

詳細な情報に関しては、美術館のホームページをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2007年04月21日 ~ 2007年07月01日

Facebook

Reviews

seasail: (2007-06-07 at 10:06)

画材の変遷が興味深かったです!試行錯誤の跡を辿ることで画材の性質が浮き彫りになってきます。この人の絵はやっぱり板にテンペラが映える気がする。
職人と芸術家。ルネサンスのもたらした世界変革はまるでもとからそうであったかのように、当たり前のように現在の生活に溶け込んでる。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use