所蔵品による 冬展

平塚市美術館

poster for 所蔵品による 冬展

このイベントは終了しました。

日本においては、古来より四季折々の自然美が描かれてきました。とりわけ冬の風景を描いた作品は、画面上では自然の厳しさを表現しながらも、同時にその背景にある人々のいとなみや、春を待つ自然の息吹といった温かみも感じさせるものです。明治以降、ヨーロッパの絵画が本格的に流入してからも、そうした四季のとらえ方は、様々なジャンルの芸術家たちの心性に色濃く残っているように思われます。
 
本展では、当館所蔵の絵画・写真の中から、そうした冬の季節を描いた作品約40点を展示いたします。工藤甲人《蝶の階段》、山本丘人《春近し》など、厳しい冬の中に自然の息づかいが描かれた作品から、濱谷浩「雪国」のシリーズのように、人々の冬の生活を写し撮った作品まで、幅広く冬をテーマとした日本画・洋画・写真の作品をご覧いただきます。

[画像: 工藤甲人「蝶の階段」(1967)]

メディア

スケジュール

2007年11月29日 ~ 2008年01月27日
休館日: 月曜日、年末年始(12月29日から1月3日)。ただし12月24日(月・振)、1月14日(月・祝)は開館、1月15日(火)は休館。

アーティスト

工藤甲人山本丘人濱谷浩

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use